ちょ〜気まぐれ日記〜ライトファンのヅカ私的覚書〜

独り言、お茶話、スイーツ話、観劇・鑑賞話、HPの更新情報、私信等々…ちょ〜気まぐれな聖舞が気の向くままに書き綴った駄文

蓮水ゆうや

中日劇場宙組ロバート・キャパ魂の記録/シトラスの風

image


image


image
続きを読む

the WILD Meets the WILD バウちーかいダブル主演をダブル観劇

わりと本気(マジ)で西部劇(ウエスタン)だか・・・ら、副題は、略して「W・M・W」らしい(´ー`)ノ


開演アナウンス、ちーかい二人でユニゾンしてたw

特にかいちゃんは、元気いっぱいで吹いた。

幕間でも、ちーかいアナウンスが流れ、かいちゃん「ゴールドラッシュだっ!」と叫んで、ますます笑いをとっていた。

二幕開演の時は、ちーちゃんがなにやら憂いた発言。

もう、これだけで、面白かったですっ!

ちーちゃんは、渋くてスラッとしてカッコいい。
かいちゃんは、どこか面白くて、カッコいい。そしてあのガンベルト?が、めっちゃ似合ってる♪

やっぱり二人とも、身長高くて、ジェンヌさんだぁ〜
当たり前か(〃ω〃)

ドンパチやるとは、なかなか見たことないことしてました。あれ、消防署に許可もらってあるらしいですね。


歌はなかなか、いい曲でした。

あっきーが、唯一実在の人物らしく、新聞記者。ストーリーテラー的立ち位置ながら、ちーかいと絡んでいました。明るいキャラ。91期は、お芝居うまいね。

有望株の、春瀬央季くん。かいちゃんの仲間。結構目立っていました。もっといい役は、星吹くんだけど。

りくくんの、市長が悪いお役。
ちーちゃんと、〇〇になるわけね。
かいちゃんとは、従兄弟。

りくくんのパパは、神父。元鉱夫なんだけど。牧師じゃなくて、神父…。

保安官も、神父も案外簡単に、なれてしまうの?この時代は。



最後、ちーかいが別れの時、ちーちゃんから、かいちゃんへ、りんごを投げ渡すところ。

ぼとんと落ちてバウンドして、客席の笑いを、さらいました。
もー本気で、二人笑ってたでしょ!

同じ場面、二回目では、二人の間に少し距離があり、見事キャッチ☆

なんだ、成功か。つまんない…。だってちーかいの可愛いとこ好きなんですもん。

フィナーレもあって、男役のダンスの真ん中にかいちゃん。次、娘役さんに囲まれてちーちゃん。

デュエダンは、ちーちゃんは、まりあちゃんと。
かいちゃんは、たらちゃんと。

舞台挨拶のあと、客席にWMWのフリを一緒にすることにしたとのこと。

ご指南頂き、客席も参加。
「ザワイルド ミーツザワイルド」と、指でWMWのあと、はバキューンと銃声が。
一回目は、誰が撃たれたか分からなかったですが、二回目の時は、ハッチさんが撃たれ役で、ちゃんと受けてましたよ。
どうも、毎回誰か、撃たれる演技をするようです。

そういえば、11時の時は、大ちゃんとせしちゃんが、ご観劇でした。

次の、バウ公演は、雪組の「春雷」で、それの二番手役が大ちゃんなのでしょうか。そしてヒロインが、せしちゃん!主演は、翔くん。

ちーかいダブル主演、おめでとうございます。

かいちゃんの会のスタッフさんに、声かけそうになるのをぐっとこらえました。

私は、ちーかい好き。特にかいちゃん好き。

会には入らなくても、お茶会いってみたい…。


DSC_0467-1


ca29fc5c.jpg


バウホールの、緞帳が新調されたのですが、この公演から、私達も、見せていただいています。


綺麗です♪

カミノモトさん…です。

逆転裁判3アフタートークショー 2カップルトークショー(らしいw)

10日16時開演の公演の終演後。

ともちん、ちーちゃん、れーれ、ゆうりちゃん
司会カチャ

二組のカップル登場なので、自分たちで「2カッブルトークショー」としたらしい。

ほとんど覚えていないので、実際と違っているかも(´-ω-`)
一部、ネタバレの危険もあるため、まだ観劇されていない方は、引き返して下さいね。ネタバレでも構わない方はどうぞお進み下さい。

【相手役さんに対する第一印象】
ともちんからみた、れーれの印象
「オフの双子のれいちゃんとらんちゃん、見分けがつかなかった。宙組に配属されてからは、爆弾娘…何が飛び出してくるかわからないくらいパワフル。宙組の美脚の持ち主。私は男役なので、そんなふうにみてしまう」

ちーちゃんとかカチャがいったのか→「それ、問題発言でしょ!」

れーれからみた、ともさんの印象
「(前半省略というか忘れた)
ともさんの、足が…宙ファンタジスタの時のわっかのドレス着た時の美脚です」
ここで、なぜかめったにない女役の時が一番?といっていたような?

ちーちゃんからみた、ゆうりちゃんの印象
「ふりかえれば美人みたいな、普段のゆうりちゃんはおとなしいのかなと思っていた。
最近色々な役ユリアンとかやって、カラを破りつつあるようで、ゆうりちゃんのイメージが変わってきた。面白いところもある。ショーの時、ゆうりちゃんこんな表情できるのかと」

ゆうりちゃんからみたちーちゃんの印象
「薔薇に降る雨が初舞台生だったのですが。ちーさんの帽子被っている時…帽子からはみ出る…帽子のすきまからの目線がカッコイイと。帽子好きなので。ご一緒させて頂き有難うございます(←ここ、うろ覚え)」

続きを読む

宙組出演「華麗なる七人のアニキ」嵐にしやがれ

アニキゲスト宙組
凰稀かなめ、悠未ひろ、緒月遠麻、朝夏まなと、蓮水ゆうや、凪七瑠海、七海ひろき

かなめさんは、上下白。その他の皆さんは、黒っぽいので揃えた感じ。


追記。

あぁーすっごく楽しかったですっ!

やっぱり、芸能人の方と並んでも、人じゃないレベルの格好良さ♪

これで、またファン増えるかしら?

コラボレビューは、日テレがしつらえた大階段上で。(フレイヤの星と、タカラヅカフォーエバァー)
嵐の皆さん、さすが!短時間でちゃんとあそこまで振り覚えて踊ってる…。

夢のコラボでした。

普段のメイクで…コラボレビューっていうのも新鮮でした。
パレードの階段降りもありました。

一つ、驚いたこと。
かなめさんのお身体に手を触れる振りに、びっくり!だから、嵐のえっとどなたでしたっけ?録画したの観ないとわからないけど、男子がっ!?って思ったのは、私だけではないはず…。

秘密の掟解禁。

【宙組の掟】

★暗黙のルールは?

☆食べ物には、名前を書く。

★休日のファッションは?

☆胸元のあいた服を着ない。
スカートは持っていない。
デコルテを見せると男らしくみえない。首に何か巻いたりする。街なかにも、ファンの方がいらっしゃるので、夢を壊さないため。


★職業柄あるある

ニノが、「俺」っていっちゃうといったら…かいくんが、「わし」っていっちゃうと答えて。

かいくん、「わし」に笑いました。かいくんは、以前のグラフに「オタクではないです」とありましたけど、銀英伝の説明をタカニューでした時に、懐かしい何かを私は感じてしまいましたw
「夏目友人帳」とかお好きみたいでしたし。

☆座ると男。気を抜くと男っぽい座り方をしてしまう。格好良すぎるわ…。


★一番の力持ちは?


☆力持ちは、この七名の中ではちーちゃん。それで、同期のまぁくんとリフト披露。
それを、相葉くんと、大野くんでやったのだったかしら?

★思わずヒビるものは?

ここはカットされてました。


☆「虫」…気になりますよね。


アナウンサーかと思ったら、芸人さんだったんですね。
ヅカ以外しらないから、面白い人だと思っていたらw

ナレーションの若本規夫氏が、シャンシャンのことを「シャ〜ンシャン」ていってて吹きましたヾ(^v^)k


追記。
「虫」の件、かなめさんが死ぬほど嫌いな蝉を捕獲するために虫取り網を買って悪戦苦闘の話たか?

08観劇30宙組新人公演『Paradise Prince 』を観劇(^_-)

462df449.jpg立ち見もでるほど。新人公演は、宝塚大劇場、東京宝塚劇場でそれぞれ1回ずつしか上演されないので、一般人にはチケット入手困難みたいです。家族や親戚縁者、上級生(本役さん)、ファンクラブの会員さん…。

66a09d6c.jpg


作・演出:植田景子
新人公演担当:上田久美子
<キャスト>スチュアート・グリーン・メンフィールド:鳳翔大、キャサリン・ホワイト:愛花ちさき、アンソニー・ブラック:凪七瑠海、ラルフ・ブラウン:蓮水ゆうや、ハワード・ゴールドウィン:春風弥里、ローズマリー・メンフィールド:純矢ちとせ、プルート:月映樹茉、エヴァ・グレイ:花露すみか、シャルル:七海ひろき、ドナルド・ブラウン:麻音颯斗、ヴィクトリア:藤咲えり、ジャック:鳳樹いち、ケヴィン:蒼羽りく、アンジェラ:天咲千華、マーガレット・メンフィールド:すみれ乃麗、サマンサ:花影アリス/ほか

あらすじは、公式サイトか拙い私のブログの観劇のカテゴリの『08観劇26』(あとでリンク貼っておきます)で、ご確認下さい。続きを読む

08観劇潅菫函惱涵陝戮魎僂

aa93152a.jpg星組大劇場公演『スカーレット・ピンパーネル』観劇の後、宝塚バウホールにて上演中だった宙組『殉情』を観てきました。

宝塚バウホール開場30周年バウ・ワークショップの5組目、宙組。

★6月28日〜7月8日は、主演・早霧せいな(観劇済) ★7月17日〜27日は、主演・蓮水ゆうや

今回は、蓮水ゆうや主演のを観ました。(フライヤー向かって左側) Blogの同じカテゴリ「観劇・鑑賞話」から『08観劇』をご覧頂きますと、あらすじなどがあります。まあ、公式サイトの方が間違いはないですが^ロ^;

後半のチームは、他に春琴をすみれ乃麗、マモルを澄輝さやと、ユリコを琴羽桜子、お蘭を藤咲えりが演じました。

今回の自分のお席は、前から6列目でした。

前回、早霧せいな主演で観劇していたので、入り易かったデス。

蓮水ゆうやの佐助も、よかったです。献身的な佐助どんでした。すみれ乃麗は、和音美桜の春琴より、幼さを感じました。初々しい感じ。本当は佐助を好きなのに、そうはできない憐れさが、前半とはまた違う春琴で、私は好きでした

マモルとユリコもよかったし。やはり、スッシーさん(寿つかさ)の利太郎は、笑えました。出てきただけでウケてました。

 観にこられた観客のかなりの割合が、出演者の身内か知人といった感じだったですよ。宝塚は初めてだけど、知人の生徒さんを観に来て、その方々もアホぼんが面白いと話してみえました。

 後半の佐助の行動にやはり涙している方も。パッと舞台が明るくなった時に「もうなんにも見えへん。真っ暗や」(←台詞は覚えてないから、こんなふうな意味あいの台詞ってことで)との佐助の台詞、哀しい…。

 舞台挨拶、確かあと5回がんばります!みたいな感じでした。

そうだ、私の隣に座った四人グループの50代くらいの主婦の方々…言葉が岐〇っぽかったんですが。観劇中、片膝お席に乗せて座っていて…驚きました!自宅でTV観ている感覚だったのかしら。バウ観劇初めてみたいでしたが。世の中いろんな人がいますよね^ロ^; 一人で観劇していると…周りを観察してしまうんですよね。話し相手いないからつい…。

 観劇後、外へ出たら…もう出待ちしてました。会の方々が。 私は、早く帰りたかったので、急いで阪急宝塚駅へ向かいました。

 (2008年7月24日木、14:30開演の部。宝塚バウホールにて観劇)

続きを読む

08観劇っ菫函懴嫐世良〜侍ジェントルマン白洲次郎の挑戦〜』新人公演

fdc6eb32.jpg宙組『黎明の風』の新人公演。

1bf0d936.jpg

新人公演には、本公演の本役の生徒さんが観劇にきますし、出演の下級生の親戚とか縁者の方々も…。

画像は、本物のジェンヌさん。遠目だから、誰が誰だかさっぱりわかりませんけどね。

テレビカメラが、何台も入っていました。

 

c4cda17d.jpg新人公演のプログラム。

感想のようなものは「続き」をクリックで。

続きを読む
聖舞です♪
聖舞が、きまぐれに書き綴ったブログです。
小野不由美さんの作品のファンですが、宝塚歌劇団の観劇も大好きです。
星組の、紅5のファンだったのは過去の話です。そんな時期もあったな〜と懐かしく思う今日この頃。

一応いまも全組観劇してます。



訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
おすすめ★
おすすめ小説
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めCD
Amazonライブリンク
お薦めDVD
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めDVD
  • ライブドアブログ