ちょ〜気まぐれ日記〜ライトファンのヅカ私的覚書〜

独り言、お茶話、スイーツ話、観劇・鑑賞話、HPの更新情報、私信等々…ちょ〜気まぐれな聖舞が気の向くままに書き綴った駄文

蒼乃夕妃

月全ツ「我が愛は山の彼方に」「ダンスロマネスク」観劇

159045c5.jpg


22日に、中京大学文化市民会館オーロラホールにて観てきました。

月は今、全国ツアー公演とバウホールに分かれて公演中です。

1970年のツレちゃん様初演以来、何度か再演された演目。

高句麗と女真国の戦いでの悲恋話。(植田紳爾氏)

今観ると、古くさいです。60才より高い年齢層にはウケるでしょうね。

これだけ韓流ドラマみてしまった今となっては、色々とつっこみどころがw

話の展開とか、衣装とか色々有り得ない。

別の架空の国の話として観た方がしっくりするような感じでした。

説明台詞で、展開をしるのは嫌いですが、今回はチャムガに心惹かれる万姫の心の変化する過程がみたかったかも。そのきっかけみたいなのがあると、わかりやすいかな…。

万姫が秀民とチャムガのどちらにも心が揺れている様は、2幕のダンスナンバーで表現されてましたか。

キリヤンやまさおくん、まりもちゃん…みな歌がうまいし、きかせました。主題歌とか確かにいいですもんね。泣かせましたしね。見事なたちまわりでしたし。

全ッって、オケピないから録音したのを流しているわけで、以前から他組の群衆のシーンの迫力ある歌とか、流れているわりに舞台上は力抜いてるな〜と感じてたけど。
今回は、どの程度生声なんでしょうね。

まさおチャムガは、久々清廉な役きたって感じで水色のお衣装が顔うつりよかったです。

憧花さんが、若い役でした。

もりえちゃんとかがキリヤンの朴秀民の部下玄喜役、リュウ様がチャムガの部下エルムチ。
もりえちゃん、すごく痩せた気がしました。
リュウ様好きな私は、渋いリュウ様観て喜んでいました。

幕開けすぐの舞踊的なピンクや白やキラキラ満載なのは、最近では珍しい。雪のソルフェ以来かも。


ショーの方は、大劇での「アルジェの男」の時のショーの全ツ版でした。
私、アルジェは、一回しか観てなかったから、ショーで覚えていたのは、みりおちゃん主の月色男子と、カジモドと、カモメの総踊りくらいでσ(^_^;


今回、みりおちゃんがバウ主演なので、新しくまさおくん主の月下美男となり大人でワイルド感の場面となっていました。

そして、カジモドは客席にキリヤンのカジモドが現れ、ちょっかい出す兵士が、マギーからリュウ様に変わり、これがウハウハ観た場面でした。
村とかでは、最後キリヤンに羽が生えて宙吊りっぽくなって泣けたんですが、全ッはその辺りは設備の問題などあり、宙吊りにはならなかったです。

で、私忘れていたのですが、全ツ観て思い出した場面、もりえちゃんのドラキュラっぽい衣装のところ。そうだ、こんなの観たっけなと。まさおくん達が、雨宿りに見知らぬ館に迷いこんで、もりえちゃんによって、踊り続けるっていう。あれ?ここハッピーエンドな終わり方だったのね。私、ここバッドエンドだった記憶が。ま、一回しか観てなかったから、記憶違いかな。

デュエットは新しいのになっていたらしいてす。

客席降りが幕開けすぐあったし、それからもたびたびあったような。

しかしパレードでの、客席降りには驚きましたよ!こんなところで、降りてくるなんて…びっくりでした。

役変わりで目立つポジションにいたのか、美翔さんとトシちゃんでした。

月の全ツは、あさちゃんの時、ことごとく観る機会を外してたワタクシ。

ご当地ネタは、一幕の憧花さんともりえちゃんの場面でありました。名古屋弁で、「だがや」とか「でら」とかね。

ご当地ジェンヌ紹介もありました。
組長リュウ様の舞台挨拶の時にね。
キリヤンの挨拶が、なんかよかったな(*^_^*)

カテコは二回だったかな。

14時開演を久々に友人と観ました。最近は、ずっとお一人様状態の観劇ですけどねw

同時退団発表…

先日のキリヤンの退団発表に続いて、娘1のまりもちゃんの退団発表が出ました。

同時退団だろうなと予想していたので、やはりな〜と。

で、トップコンビと一緒に退団する生徒さんが誰とか何人とかは、近いファンにしかわからないですが、次の大劇場公演のお稽古集合日はまだ先なので、それはおいといて。

気になるのは、やはり次期トップと娘トップですよね。
すんなりなら、現男2のまさおくんだけど。

まさか、他組からの落下傘とか?


と、いろいろ思い巡らしてしまいます。

個人的には、花のえりたんとかゆみこさんと同じ道になりそうなので、なんとか1にしてあげたいですが。

チケットが売れてなんぼの世界らしいから、甘いことはいってられない歌劇団なのかしら。

そういう私は、来年は今年以上に劇場へは行かなくなる予感です。

あの、わけわからんTPPとやらに日本が参加した日にゃ、もう日本人ほとんどが底辺の生活になりそうだし。

夫の入院費や、あるものの手付け金とか支払ってもう、叩いても埃しか出ませんw

お金がないってことです(;_;)/~~~

月組アルジェの男とダンスロマネスク観劇覚書



2f8de5c7.jpg

33e14a22.jpg

8659d3c5.jpg


af3c6051.jpg

76a4cb73.jpg



観劇したのは5日だったから、もう半月前w

画像、ひどいよ(;_;)

実は、夫がモバタカのA席ペアチケットに当選しまして、有難くもそれで観劇してきました。私は当選したことないんですけどね(;_;)

観劇チケットとか映画の鑑賞券プレゼントって、必ずペアチケットで日時が指定されているものですが、モバタカのは自分の行きたい日のチケットに出来るし、二人で同じ日に観劇しなくてもいいらしくて。だから当選者本人の夫と私は別々の日に観劇することが出来、無料!私はお席を二階の一列目上手にしました。数年前まで、S席だったお席。

別々の日に観劇出来て本当に有り難かったです。



続きを読む

10観劇13 月組『スカーレット・ピンパーネル』みりおショーヴラン、まさおアルマンを観た

f7753ad3.jpg
10観劇12」←まさおショーヴラン、みりおアルマンバージョンの覚書は、こちらからどうぞ。
今回は、みりお(明日海りお)ショーヴラン、まさお(龍真咲)アルマンバージョンを観劇しました。ストーリー等は、重複するので省きます。

さて、この日は、立ち見も出るほど…。GW中でしたしね。隠れみりおファンの私は、黒いみりおくんを観るのが楽しみでした。

月組のスカピン、大劇場での新トップコンビ霧矢大夢、蒼乃夕妃のお披露目公演ですが、ファンの興味は、龍真咲と明日海りおのショーヴランにも熱い視線が注がれております。

なんせ、初演のチエちゃんが素晴らしかったから…。それもまだ、記憶に新しいわけだし、どうしても比べられてしまう。その上、Wキャストですからねぇ〜^ロ^;

で、私の中で歌は、みりおくんよりまさおくんの方が上手いという認識だったのだけれど…。
びっくりしましたっ!みりおくん、迫力ある歌いっぷり。
素晴らしいじゃないですか、頑張ってるぅ〜(o>ω ほぼ、オペラグラスは、みりおショーヴラン専用(´艸`)

ちょっとした、しぐさや表情まで、黒いみりおくん堪能〜!

お衣裳似合ってるし。何着ても素敵だけれど。

で、みりおショーヴランは、顎におヒゲがっ!
髭部ですか!けど、嫌な感じはしないんです。いい感じに、馴染んでる。

で、まさおアルマンは、まぁ美しい。ちょっと低めで艶のある声。

お芝居的には、はじめっから目が離せないけれど。
キリヤンが、すごく丁寧に一つ一つの台詞を言ってるな〜と感じました。惜しかったのは、最後の決め台詞をかんでしまったことかな。
そういえば、前回も、一ヶ所かんでいたかも。主役の台詞は膨大ですもんね。

全体的に何をやっても上手いお方ですが…そういえば、『マジシャンの憂鬱』の時、台詞やたらかんでいた記憶がよみがえって…。
いらん記憶です。

この日の洗濯女の反乱は、縄跳びのところ、ロープがキリヤンの顔にあたり、跳ぶことができず、そのあたりはうまく流す巧さ。

例のショーヴランにパーシーがお衣裳を貸す話の場面。
ゴールデン尽くしのゴールデンな衣裳で、「どう?ゴールデンウィークにゴールデンドレス」というアドリブ。
観客ウケました。そのあとのショーヴランとマルグリットの「あの男のどこに惚れたんだ」「予測のつかないところかしら」も、今回も大ウケ。

マルグリットが、コメディフランセーズで、「ひとかけらの勇気」を歌う場面、グラパンに扮したパーシーキリヤンの表情は、いつも見逃せないです。

フィナーレは、みりおショーヴランで、グリーンのお衣裳で。

ロケットの初舞台生も前回よりは揃って。転びそうなことはなかった。

男役の剣舞は、パーシーっぽい青のお衣裳。


キリヤンは、紫が似合います。デュエットも、まりもちゃんとお揃いで。

そういえば、パーシーのお衣裳も、紫が使ってあったりしてました。あのシマウマのも、シマ模様が紫だったし、その時のかぶりものも、紫と白の羽根飾りがついてました。

(2010年5月1日土曜日11時開演を宝塚大劇場、1階S席にて観劇)

そういえば、まさおショーヴラン、初日前に喉をつぶしたらしいですね。ファンの方のUPしたものによると。
可哀相に…。でも後半の終わり頃の公演では、声が復活したとか。
その時に、観劇したかったです。

今は、またみりおショーヴラン。観たいけれど、時間に余裕がないです。
夫は、今週観劇ですけどね。

343a214d.jpg

続きを読む

10観劇12 月組『スカーレット・ピンパーネル』を観劇。まさおショーヴラン・みりおアルマン

a1155e3b.jpg

39bf5cf6.jpg

44fb3f33.jpg

霧矢大夢・蒼乃夕妃トップコンビの大劇場お披露目公演です。このスカピンは、2008年に星組(安蘭けい、遠野あすか、柚希礼音)で上演され、人気の高かった作品で、私も酷暑の中リピートした記憶が。帰りが軽やかでしたっけ。
それを、新生月組のお披露目にもってきたんですね。今回は、ショーヴランとアルマンを龍真咲、明日海りおのダブルキャストでやるので…どちらも最低1回ずつは観なくちゃ!です。

cd3fa993.jpg

65756a7f.jpg

5c7b55f3.jpg



e15b6b7b.jpg

64b2ecef.jpg
例のコスプレできるサロン・デ・タカラヅカに、スカピン衣裳3種導入されました。


3eede6c1.jpg

514596fa.jpg

b8f78e5b.jpg

956cc026.jpg

そして、今回の公演で初舞台となる96期生の緑の袴での口上と合唱、ロケットダンスもあります。
本日の、舞台口上はこのお三方。

続きを読む

10観劇4月組『紫子』『Heat on Beat!』を観劇した

7879c102.jpg


※「10観劇4」は、「2010年の観劇4回目」の略です。

本日、観てきました。

キリヤン、素晴らしく光ってました!

私は、みりおくん中心に見てましたけど。みりおくん、武者姿もりりしい(´ψψ`)

で、昨年末にアサコさんといっしょに、あひさんやあいちゃんやしずくちゃん…と退団してるし、組子半分はバウ公演出演になってたりして…下級生がわからない、娘役さんがわからないって感じでした。一人だけ気になっている人はいるけど…。

大劇場では回ってこない役が下級生に振られて、それはそれでよい経験になるだろうし、新しいスターさん発掘にもつながる機会ではあるのですが。

fa35928e.jpg



ミュージカル・ロマン『紫子―とりかえばや異聞―』

原作:木原敏江
脚本:柴田侑宏
演出:大野拓史
<キャスト>紫子(碧生の双子の妹)/佐伯碧生(佐伯氏領主):霧矢大夢、舞鶴姫(毛利氏の姫):蒼乃夕妃、たず(碧生の乳母、三太夫の妻):邦なつき、笹島(舞鶴姫の乳母):花瀬みずか、梅沢三太夫(佐伯家家老):一色瑠加、丹波(忍び):桐生園加、風吹(忍び):青樹泉、天野外記(佐伯家家老):星条海斗、金井定嗣(佐伯家の近習頭):明日海りお、お香(忍び):咲希あかね、宮乃(定嗣の妹):舞乃ゆか/ほか

以下、ネタバレですのでご注意下さい。

<ストーリー>時は、戦国。安芸佐伯家は小国ながら銀山を有する豊かな領地をもち、中立を守ってきたが、織田や毛利に挟まれ、常に領地を脅かされていた。
親の方針で女でありながら男のように育った紫子は、父の急死で病身の母を養うため京の遊女屋で働くことになり、初めての客風吹と出会う。実はこの二人、以前紫子が男装していた時に出会っていたので、はじめ風吹は女と知って驚くが、二人はお互い惹かれあう。そんなところにそれぞれを訪ねる客があらわれる。
紫子の許にやってきた客は、安芸佐伯家家老の梅沢三太夫と金井定嗣だった。そこで紫子が実は、佐伯家の娘で、現領主佐伯碧生と双子の兄妹だったと知る。そして、碧生が病気で床にふしてしまったため、回復するまでの間紫子に碧生の替え玉になってほしいと頼みにやってきたのだった。領主が病に伏していることが隣国に知れたら、戦は避けられないから。
一方、風吹の客人は、忍び仲間の丹波と佐伯家家老の一人天野外記お抱えのくの一お香であった。そして、天野外記の命を言い渡される。「佐伯碧生を暗殺し、それを織田の仕業に見せかけ、佐伯と織田を戦にしむける」と…。

風吹は、以前佐伯に仕えていた家臣の息子右京之介として佐伯の城に出仕し、碧生の替え玉紫子と再会する。風吹は、紫子と瓜二つの碧生に驚くが、紫子は内心喜びつつも、碧生の替え玉に撤するのだった。

愛する紫子が碧生の替え玉と知った風吹は、誰はばかることなく碧生が城で養生するために、「碧生の双子の妹紫子(病身)を城に呼び寄せた」として、碧生が紫子として、紫子が碧生として暮らすことに。そして、外記の命にそむき、紫子側につくことを決意するのだった。

ところが、まもなく床上げの紫子(実は碧生)が、急死してしまう。

間近に碧生と毛利氏の姫の婚礼を控えていたため、紫子は女でありながら兄碧生として生きなければならなくなってしまい…。

婚礼の夜、碧生の替え玉として風吹を寝所に送り込む紫子だったが、愛しい人を他の姫の相手に送り込むことは辛いことで、自分が仕向けながら姫に対して嫉妬する気持ちに苦しんでいた。


結局、織田に攻められたり毛利に無理難題をつきつけられたりで、佐伯家は滅びの道をたどることに…。

城に火が放たれ…紫子と風吹は互いの刄に身を委ね…二人で炎に包まれていくのだった。


1987年星組、峰さを理、南風まい、日向薫、紫苑ゆうにて上演されたものの再演です。

原作は、木原先生。もちろん昔読みました。

紫子と碧生の二役を演じるキリヤンさん、颯爽と鮮やか。やはり歌も上手いし。紫子になりきる碧生とか、その逆とか、男まさりな遊女とか…嫉妬心に身をこがす様子の歌やら…。

相手役になったばかりの蒼乃夕妃ちゃんとの最後の場面も哀しくて。

風吹役のもりえさんも好演。二番手の役どころ。

定嗣役のみりおくん。りりしい!こういうのもいいな(´ψψ`)

最期はぐっときましたが…。
周りのファンの方々は、グシュグシュ派手に泣いていたみたいで…。

私はそこまでは泣けないです。(私が弱いのは、子供、老人、動物が絡んだ時だから。悲恋とかでは泣けないのです。)たぶん、ようやくトップになった嬉しさなんかも相乗効果でファンの方々は大泣きだったのかも。
開演してすぐ、紫子が客席に現われたりしてました。
あ〜紫子の愛しい人を舞鶴姫の寝所に送る気持ちはよーくわかるけど…。夫と思って身を任せた男が替え玉だった舞鶴姫の方のショックも、相当なものだったんじゃ…。とか、思ってました。続きを読む

09観劇36星組『コインブラ物語』を観劇

2841fa44.jpg



真風たんみたさに、行ってきました。
お席は、3列目センター。舞台が近くて、びっくり!
シアタードラマシティでは何度か観劇しているけど…ここでこれだけ良いお席は、初めてでした。
ばっちり見えました。
なんか、ジェンヌさんと目が合ってしまう感じで、どぎまぎでした^ロ^;
「♪あぁ〜イネス、あぁ〜イネス♪」という、イシちゃんの歌がずっと頭の中で、グルグルしてます。

『コインブラ物語』
作:小林公平
監修・演出:酒井澄夫

小林公平氏が、四年前にポルトガルを旅行した際に古くから伝わる「
イネスの悲劇」に感動し脚本を書かれたとか。
実際は、1340年頃に隣国カステーリャの有力貴族の娘コンスタンサがドン・ペドロ王子のもとに嫁いできた時、コンスタンサの侍女としてついてきたイネスをペドロが見初めたところから始まるそうですが(歌劇10月号より)、時代を大航海時代に移し、コンスタンサが嫁ぐ前にすでにペドロとイネスが出会っていた設定にして、より宝塚らしく作られたそうです。

<キャスト>ペドロ(ポルトガル国の王子):轟悠、ビメンタ(カストロ国近衛隊長):涼紫央、イネス/ミランダ(ポルトガル王妃の侍女、のちにコンスタンサの侍女、オリバーレスの娘/盗賊団頭目アントニオの妹):蒼乃夕妃、カステラ(ポルトガル王妃、ペドロの母):万里柚美、ドン・アルフォンソ(ポルトガル国王、ペドロの父):にしき愛、オリバーレス(国一の貿易商、イネスの父):美稀千種、マルティネス(カストロ国王、コンスタンサの父):美城れん、テレサ(カストロ国王妃、コンスタンサの母):花愛瑞穂、フランシス船長(オリバーレスの貿易に関わる船長、コスタの育ての親):天緒圭花、コスタ(水夫頭、イザベラの恋人):夢乃聖夏、アントニオ(盗賊団「黒い風」の頭目、ミランダの兄):紅ゆずる、フェルナンド(アントニオの手下、ミランダの恋人):美弥るりか、コンサタンサ(カストロ国の姫、ビメンタの恋人):優香りこ、ロドリゲス(王アルフォンゾの側近):真風涼帆/ほか

<ストーリー>アルフォンゾ国王の即位20周年の式典の日、ペドロ王子は、美しい娘イネスと出会った。イネスの館を訪ね、そこにある愛の泉の水で口を清め接吻した二人は結ばれるという言い伝えに従う…。
そんな頃、アルフォンゾ王は、隣国カストロの姫コンスタンサとペドロ王子を政略結婚させ、国の安定をはかろうと本人の意志を無視しその縁談を決めてしまう。
そして、婚礼。その日、コンスタンサとペドロはある話をする。ペドロがイネスを想うようにコンスタンサもずっと以前から、自分の護衛をするビメンタ近衛隊長と想いを寄せあっていたと。そして、四人は当分は形だけはいまのまま暮らすことに。
ところが、王は、ペドロとコンスタンサが結婚以来ずっと寝室を別にしていたことをきき、ペドロの気持ちをコンスタンサに向けさせるため邪魔なイネスを暗殺することをロドリゲスに命じる。

そんな頃、黒い風という盗賊団が、イネスが住むオリバーレスの館を襲う計画を立てていた。その下調べに、手下のフェルナンドは、恋人で頭目の妹であるミランダとともにその館にいき、召使を拘束する。だが、イネスは、父が不在の時は修道院に身を寄せることになっていていなかった。イネスの衣服を着たミランダを見た召使は、あまりにイネスに似ていたため驚くのだった。愛の泉の話をきき、ミランダはフェルナンドを泉に誘うが、結局ミランダだけがその泉のある庭へ。イネスを暗殺に来たロドリゲス達は、ミランダをイネスと間違え殺してしまう。ミランダの死をフェルナンドは頭目のアントニオに伝えに…。
召使達は、ミランダをイネスとして葬り、イネスを救おうと考え…。
イネスが、盗賊団に殺されたと知ったペドロは、盗賊団を根絶やしに…。
 って感じで展開して行きます。続きを読む
聖舞です♪
聖舞が、きまぐれに書き綴ったブログです。
小野不由美さんの作品のファンですが、宝塚歌劇団の観劇も大好きです。
星組の、紅5のファンだったのは過去の話です。そんな時期もあったな〜と懐かしく思う今日この頃。

一応いまも全組観劇してます。



訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
おすすめ★
おすすめ小説
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めCD
Amazonライブリンク
お薦めDVD
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めDVD
  • ライブドアブログ