ちょ〜気まぐれ日記〜ライトファンのヅカ私的覚書〜

独り言、お茶話、スイーツ話、観劇・鑑賞話、HPの更新情報、私信等々…ちょ〜気まぐれな聖舞が気の向くままに書き綴った駄文

紫藤りゅう

燃ゆる風 軍師竹中半兵衛を観ました

七海ひろきさんの、バウホール単独主演。

作・演出 鈴木圭

主なキャスト
竹中半兵衛→七海ひろき
その妻いね→真彩希帆
木下藤吉郎秀吉→悠真倫
おね→万里柚美
黒田官兵衛→天寿光希
その妻光→紫月音寧
息子松寿丸→天彩峰里
織田信長→麻央侑希
濃姫→音波みのり
三郎太→天華えま

ザックリと大河ドラマを観ている人なら、なんなく理解できますし、戦国武将の名前を知っているくらいでほぼ大丈夫な感じです。

細々と描かれているわけではなく、親子愛、夫婦愛などが、観る人の涙を誘います。乱世ゆえの哀しみですかね〜三郎太とおひながまさにそれの象徴かな〜(オリキャラらしい)

おすすめは、竹中半兵衛といねの愛、黒田官兵衛と妻そして織田信長に人質にとられた息子松寿丸との親子愛、濃姫といねの関わりなど。あ、少年半兵衛と濃姫の出会いが一番重要かな。その半兵衛の妻がいねだというめぐり合わせ。ネタバレはしないです。

きほちゃんの歌、みねりちゃんの歌は、素晴らしいです。
今回は、役付きの方々は歌い継ぎなどもあります。皆さん歌は安定感しています。

はるこちゃんの凛とした感じはさすがです。
まおくんの、信長も似合ってますね。

官兵衛…天寿さんのお芝居のうまさ!
そして相変わらずお綺麗です。
幽閉から救出されてからのやつれ果てた感と、不精髭すら美しいのはなぜ?
幽閉のせいで、足を悪くするはずだけれど、そんなシーンはありませんでしたね。


かいちゃんは、格好良いです。
病に侵されながらも、先を見通す切れ者。
吐血する場面も、美しくみえます。
いねの素性を、知ったのはいつだったんでしょうか。
舞台挨拶で、客席に「愛してます」
と、シレッといえるところは、ファンの方々大好きなところなんだろうなと思いました〜私も聞いてて笑顔になれました。

まりんさんの藤吉郎が、お笑い担当です。

まりんさんといえば、髭部。だけど、今回、ヒゲなかったような…。まりんさんにはひげ!要ります!

輝咲玲央さんの柴田勝家の髭が秀逸で、まりんさんのご助言などあったのか気になるところです。

下級生さんが皆がんばって各場面で大忙しな感じですが、上級生もわからないようにバイトしているのは、少人数の公演だからこそ。

それにしても、椿の花の赤い着物のオカッパの方々、イケメン朝水くんが目につきます。あ、椿の精じゃないか…。椿の精の場面もあるけれど、「戦火」ってプログラムに書いてあるから、戦いの炎?あ、あれが「燃ゆる風」なのか!?


歌もなかなか耳に残るメロディーで、ふいに思いだしそう。

きっと、浮かれた性格の人が突然歌いだして笑いを誘うのでは???

それにしても、観やすい段上がりのセンター良席何枚ももっていたのに、何故か泣く泣く手放したこの状況が悲しすぎました。

ふと、いねの素性を知ると、信忠役の紫藤りゅうくんは、どんな思いで演じているのかとても興味がでてきますね〜
ネタバレはしない…です。

ひろきお兄様のブリドリ面白すぎます!

かいちゃんのブリドリ、どの回も面白くて〜
沢山、星組の生徒さんがかわるがわる毎回ゲスト出演していて、魅力炸裂しています。


それの撮影場所を訪れるファンもそこそこいますしね。

しーらんとの回もきゃーってなりましたが、四回目の蓮さんの薄いピンクのワンピース姿があまりにも、細くて、驚きました。
あの瓶底メガネも蓮さんらしい。

あのワンピース、ふうちゃんのものらしいです〜

スーツ姿のひろきお兄様と蓮さんめさめさ格好良い〜

エールの残照の一場面も、きゃってなりました。
ほのかちゃんの、天然ぶりさすがです。
最後に、さゆみさんまで、ご登場で〜

五回目は、今放送中ですが。
ババ抜きで、一位勝ち抜きかいちゃん、最後までJOKER持ってたみっきー。

バレンタインのチョコテーマの自作台本によるミニドラマ。
朝水くんにしても、しどーくんにしても、かなえちゃんにしても、それぞれよくできててよかったです。しどーくんのび太だしw

が、かいちゃんの学生服姿が思わず、ホンモノの男?と思うくらいのかっこよさで、くぎづけになりました。眼福でした

で、みっきーだけ、白衣姿の養護教諭、いわゆる保健室の先生。
これも、どこまでファンを悩殺するんだろうと思いましたが、「俺は絵が下手だから」に吹き出してしまいましたわ。

すべてのミニドラマにきーちゃんが相手役として出演して、ちゃんと髪型から服まで変えて、役作りもそれぞれしていて、さすがだな〜っておもいましたよ

で、みっきーからのプレゼントのお医者さんごっこセットで、かいちゃんまた悩殺。

で、ババ抜きの罰ゲームは、みっきーがすべていいところもっていく芝居の上手さ。

思わずみんな感動して泣くという…。

かなえちゃんの、みっきーを「生きる禁断のロマンス」と評したのにはウケましたw

かなえちゃん、あなたも相当格好いいですよ!


かいちゃん、星組に組替してから、弟キャラから、お兄様になっちゃったように思います。

宙組の時は、やんちゃな弟っぽかったのは確か。

ホンモノの男性にみえてしまうくらい格好いいです。

トクスぺ【天寿 紫藤 城妃】覚書

以下ネタバレです。
ご自身の判断で先へお進み下さい。


竹    「それ以外でここは是非観てほしい場面はありますか?」
天    「パッショネイト全部見どころなんですけれども、なんだろう?どこ?」
紫    「そりゃもちろん中詰じゃないでしょうか。私結構中詰大好きですよ。」
天    「好きよ!いいよ宣伝して」
紫    「いやいやいや!宣伝じゃないですけれども、中詰は、自分で気に入ってます。」
天    「気に入ってますってどのへんがですか?」
紫    「まず、黒のオルフェの曲使ってるんですよね。」
天    「はいはいはいはいはい」
紫    「私、あの曲ほんとに好きなんで、この曲で踊れちゃう!頑張るみたいな」
天    「あの衣装は?」
紫    「衣装は、天寿さんチームの衣装じゃないんです私達。下級生なんで、フリルは付いてないですけど、自らフリルが付いてるかのように心のフリルをこう!」
天    「いいよ」
紫    「しかもね、私その前が早変わりなんで、音だけきいてるんです。天寿さんの歌詞カッコいいですよね」
天    「♪かーえさない♪」
紫    「♪今夜だけは♪」
天    「なんでゆっちゃったの」
紫    「あは  その歌詞を聴いていたら天寿さんめっちゃカッコいいと思いながら早変わりしてます、大好きですよ」
天    「天寿汗かいちゃったよ。ゆきちゃんのおすすめは?」
城    「私のでもいいですか?」
天    「うんいいよ」
城    「初めて色っぽい場面に出させて頂いて」
紫    「あそこかぁ〜」
城    「少し難しかったですけど」
天    「花びら」
城    「はい!花びら。柚希さんと夢咲さんが真ん中ですごく妖艶な振りをされているところで、花びらとして出させて頂いているの…」
天    「あそこ見たことないいんだよね私。お稽古場の段階でももすごくちえさんねねさんが、ああいう振りをされるのっていつもお二人ともエネルギッシュに踊ってらっしゃるんですけど。すごくねっとりねデュエットされているのたまらんですね。あの場面出れるってことは、幸せよね」
城    「最初はどうしようかと思ったんですけど、色っぽい場面が初めてで、すごくすごく研究して舞台に立ってからも色々感じながらやっております」
天    「はい。私どこだろう」
城    「天寿さんのフィナーレナンバーがカッコいいです」
天    「フィナーレナンバーはそうですね。今優香と組んで踊ってるんですけれども、ああいう男役だけとか娘役センター男役さんお一人とか、そういうフィナーレナンバーが多いんですけれども。男女組んだ状態で何組かペアで大階段始まるってなかなかありそうでないなぁと思って。面白いなと思って振付受けてました。あと、同期の優香と最後の作品で一番最後の場面で踊るのかぁ〜ていうのが、しかも感動的な海の場面のあとに優香と目を合わせなければならないという、個人的にすごく涙溢れてしまうんですけれども、でも私頑張りたいと思います」
竹    「素敵な思い出作りをしてください」
天    「はい、有難うございます」
竹    「大変熱い二本立てですので、今日お話しをお聞きになって今日の話を思い出しながらご覧頂きたいと思います。それでは、お席を交代しましょう」


続きを読む

トクスぺ【天寿 紫藤 城妃】覚書

以下ネタバレです。
ご自身の判断で先へお進み下さい。


紫    「人によっては轟さんにマッサージしてもらってましたね。」
天    「紅さんでしたね。紅さん轟さんにマッサージされている姿を見て、おぉーっ!と、あれはなかなか見れない光景だったね。ゼッケンを付けて何かをするっていうのが。小池先生は、毎回オーディションなんですが、ゼッケンは付けないので、ゼッケン付けるところが、グスさんならではのことだと感じました。」
竹    「じゃあ色々と収穫の多い作品だったのですね。そして、パッショネイトなかなかすごいですね!観ているほうも疲れるくらい」
天     「疲れますね。でも最近感じるのは、秋のパッショネイトなっちゃったと思わない?」
紫     「真夏のパッショネイトの時は、すごいことが起きてましたよね。」
天     「あのね大変だったの。真夏のパッショネイトは。もう真夏には、真っ黒に黒塗りしてパッショネイト!ってやることの素晴らしさを毎日ヒシヒシと感じながら。でもみんな自分の体力との戦いでしたね大劇場は。」
紫     「やっぱり、黒塗りっていいですね」
天     「私、初めてだったのよ〜」
紫     「あぁー!」
天     「初めて?」
城     「お芝居ではあるんですけど。」
天     「何でやったの?」
城     「南太平洋の時に全身黒に塗っておりました。ショーは、ノバボサが初舞台だったので」
天     「しどぅーは、ノバボサ出てたもんね」
紫     「はい出てました」
天     「今回ノバボサとは違うんだよね黒塗りは」
紫     「なるほど、そういう意味でいくと、私は今回初めての黒塗りで。ノバボサも黒塗りですけど、今回は違うんですよ」
天     「そうなんですよ。今回は土着的で。ノバボサの時は、赤褐色の赤をすごく入れてるんですけど。だから、オレンジっぽい黒さと常夏って感じがでるんですけど。今回は」
紫     「もうほんとに黒にしてください!って先生にいわれたんですよね」
天     「そう」
紫     「もうノバボサとかの黒じゃダメですていわれて、ほんとに黒くして下さいっていわれぇ」
天     「最初の舞台稽古の段階では、みんなどこを目指していいかわかんなくて。ただ黒っていわれてもどの黒目指そうかと。黒いっぱいあるんですよ。で、大劇場の舞台稽古の時は、それぞれが黒く…あ、妃海は、黒すぎたんだけど。妃海は本当に、チョコボールみたいになっちゃって、先生から『妃海は黒すぎです』ってことはいわれていました。夏樹れいさんの色がいいからと、みんなで休憩時間に夏樹のとなりにいって、自分は何が足りないぁとか。で、東京へ来たら、東京に来たでね、照明が違うんですよ!そうなると、同じ黒でも白いっていわれるんですよ。なので東京来てから、みんな更に土着的なんだよね」
紫     「本当に真っ黒で。でもあの黒を身体に塗りたくったら、もう情熱以外の何も湧かないですよね」
天     「やっぱりテンション上がる?」
城     「上がります!」
天     「いいよ、娘役さんの黒大好きよ」
城     「プロローグで皆さん黒で出てくるのなんかこう〜きたぁーって感じがします。」




続きを読む

トクスぺ【天寿 紫藤 城妃】覚書

以下、ネタバレです。
ご自身の判断でお進み下さい。


城    「ほんとに袖で天寿さんにお会いした時とか、もう!もう!すみません。天寿さんがお話になられるところなのに」
天     「いやいいですよ。自分が喋るよりずっとずっといいです。レイモンド、こないだの〈かもめ〉でご一緒した音花さん、今度は、ちゃんとした恋人同士というお役で。ロシアの作品、その前のフランスのナポレオンの後だったので、アメリカンというのが、難しかったです。どう?難しかった?」
紫     「難しかったです」
天     「難しかったよね、日本人だもん。本当に日本人なんですよ。私でもね。どうしても、奥ゆかしい感じがでてしまって。もっと肉食的に私が!私が!って感じで『お肉食べてる感じよ!』っていうのが、すごく難しかったですねぇ〜でちゃんと恋人がいてって役は、スーツ物では初めてなんです。」
紫     「意外ですね」
天     「だよね。すごく嬉しかったんです恋人がいる、スーツが着れる!イェイ!
竹     「友達思いだし」
天     「真風さんゆりかとは、友人関係がすごく多く、友人か敵対してる、昔からどちらかなんですけれども。また、友人ということで、いつもと同じ友人にならないように、そこだけは、気を付けて。アメリカンていうのが、一番難しいですね」
紫     「私は袖で天寿さんレイモンドをみている時に、ほんっとにアメリカンだな!っていつも思うんです。私が素敵と思うんです。」
天      「別にほめてくれなくても」
紫      「いやいや、カーティスとの友情っておっしゃられていたんですけれども、とっても優しいわけじゃないいんですよね。なんかちょっとおまえ大丈夫なの?とか、『酒と女とパーティーの日々よ、さらば』とか、いいつつ実は友人思いであるというか、すっごいでててそれがすごく きゅー!としちゃうんです。」
天      「そうかぁ〜新人公演でカーティスやったからって、そりゃみるね」
紫      「いぇいぇ感じがすごく好きで」
天      「ありがと
竹      「今、新人公演の話がでましたけれども、カーティス役いかがでしたか?」
紫      「ゆきちゃんとそれこそいっしょで、私はこの宝塚男役の人生の中で、初めて今回相手役がいたんです。」
天      「嬉しいよね〜」
紫      「はいすごく!」
天      「わかるわぁ」
紫      「ゆきちゃんとかほかの女の子と、組ませて頂いて」
天      「モテモテの役だもんね」
紫      「はいもう。ゆきちゃんが相手役してくれたんで、ゆきちゃんからいろいろ勉強しました。」
天      「ここ一個したんんですよね」
城      「はい」
紫      「本当は一個上なんですけれども、ここは城妃先輩って感じでおしえて頂いて」
天      「ダメじゃん」
紫      「本番はそうはみえないようにカモフラージュできましたかなと。」
天      「しどぅーも前回、ナポレオン二世で、その前にはマーキューシオを新人公演でやってらっしゃったよね。」
紫      「はい」
天      「で今回自分の役じゃなくって、ゆりかの役をやってるしどぅーを観たとき、すごく成長しているなという嬉しさと。センターパーツ初めてじゃなかった?」
紫      「初めてでした」
天      「でうでした?」
紫      「ちょっと難しかったですけど」
天      「似合ってたよ」
紫      「本当ですか?」
天      「なんかね独特の品の良さ 独特だって  品の良さだよ。しどぅーにしかない品の良さは、前回のナポレオン二世の時も あぁ いいな品があって綺麗だなと思っていたんですけれど。坊ちゃんにみえるんですよね」
紫      「有難うございます」
天      「普段こんななのにね」
紫      「天寿さんには、研4の一年間、天寿さんに沢山のことを教えて頂いたんですけれども、私が今でも絶対これだけは忘れない、舞台に立とうと思うのは。心で感じなさい!といわれたことなんです。」
天      「きゃー!!なんでここでいうのぉ恥ずかしい」
紫      「心で感じる!だな、それって全部に通じるなって思います。例えば、会場の皆さまとキャッチボールして何かをアピールしたりとか、心がないと出来ないじゃないですか。お芝居とか役じゃなくても何か心で感じてそれを表現するって、本当に天寿さんに教わったんです。一生の宝です。有難うございました!」


  

続きを読む

トクスぺ【天寿 紫藤 城妃】覚書

10月1日のトクスぺのメモ起こしです。自分の汚い文字の解読が、進まずいまごろになりました。そのうち放送あるし、無駄なことだなとも思っていたりもしてwところが、そこは気まぐれなわたくし。

間違っているところも多々ありますが、それでもネタバレにはなりますので、放送を心待ちにしていらっしゃる方は、この先へは、読み進まないようにお願いします。

例の音楽と共に、お三方登場。
天寿さん上手通路、紫藤さん城妃さん下手通路から舞台上へ。

竹下典子さん司会。以下敬称略

天寿「 宝塚友の会の皆様、本日はようこそお越しくださいました。星組の天寿光希です。
         きょうは、紫藤りゅう、城妃美怜といっしょにお話していきたいと思います。
         皆さん最後までよろしくお願いします。」
紫藤「先程天寿さんよりご紹介つかまつりました紫藤りゅうです。皆さまお越しいただき有難うございます。
         みなさんと一緒に楽しい時間が過ごせたらと思います。よろしくお願いします。」
城妃「星組の城妃美怜です。素敵な上級生のお二方と皆さまと楽しく過ごしたいと思います。」
竹下「今日から10月です。あわせたよううなお衣装で」
天    「うん、特にあわせたわけではないです。一応色だけは言ってました。10月というのは特に意識していません
        でした。私黒、私(しどぅー)紺、私(ゆき)ベージュということは前もって話していました。」
竹    「秋は意識しなかったと」
天    「秋は〜10月というのはどこかで意識してましたね!」
紫    「ちょっとゆきちゃんは、ファーを取り入れて」
天    「寒くない?」
竹    「柄素敵ですね」
城    「新人公演でシャンパンのお風呂に入ってるってきいていたのでロスグロのイメージで」
天    「なになに?私を挟んでそういうことになっていたの?」
紫    「1920年代のニューヨークってことで」
城    「ロストグローリーのイメージで」
竹    「さて、今回の星組は久しぶりの二本立てです。」
天    「ショーをやるのはいつぶり?」
紫    「ショーをやるのはそんなに久しぶりではない?」
城    「セレブリティで」
天    「三本立ては、二年前よ」
紫    「二本立てをやるのはセレブリティ以来」
天    「どうですか?」
紫    「お芝居とショーとなると、前ものとあとものでは作品自体違うので、」
天    「そうだね」
紫    「メリハリが自分の中できいてるなと思います。」
天    「かっこいいねぇ〜
紫    「すみません」
天    「メリハリがきいてますか」
紫    「メリハリがきいてる感じですね。」
天    「なるほどぉ〜ゆきちゃんは?」
城    「はい。やはりショーとしてがっつり一本やれるのが久しぶりなので、それがものすごく全場入らせて頂けて
        始まったらおわるみたいな。有難いことで幸せを感じてます。」
天    「なるほど。私もちっちゃい時は、あ!ちっちゃい時だって 下級生の時は、ショー大好きだったんです。
        お芝居は、与えられた役で芸名の自分ではないし、役として要求される。だけどショーっていうのは、
        芸名の天寿光希ってものを皆さんに、この場面はこういう天寿光希ですっていうのがアプローチできるので
        すごく自由。振付は先生の構成をちゃんときいたうえで、お衣装を着けて舞台に立つとういか、直接本名の
        自分じゃないんですけど、自分自身がお客さんと言葉のキャッチボールをしているようなそんな感じに
        なるんですよね。だから毎日、お芝居の時自分がやっと会話しているけど、ショーは自分自身が、おぎゃあと
        生まれた自分自身との心のみたいなのが、お客さんとすごく会話している感じがたまらなく好きですね」
紫    「カッコいい!」
天    「有難うございます」


            

続きを読む

トークスペシャル in 東京 【天寿 紫藤 城妃】

image


image


image


image


image


1日に行われました、トクスペですが。

主に、しどぅーくんと、ゆきちゃんによる天寿さん上げの内容だった記憶です。

メモを頼りに以前のような記事が書けないわけではないですが…。


そのうち、スカステで放送されますので、それをご覧頂ければと思います。続きを読む
聖舞です♪
聖舞が、きまぐれに書き綴ったブログです。
小野不由美さんの作品のファンですが、宝塚歌劇団の観劇も大好きです。
星組の、紅5のファンだったのは過去の話です。そんな時期もあったな〜と懐かしく思う今日この頃。

一応いまも全組観劇してます。



訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
おすすめ★
おすすめ小説
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めCD
Amazonライブリンク
お薦めDVD
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めDVD
  • ライブドアブログ