ちょ〜気まぐれ日記〜ライトファンのヅカ私的覚書〜

独り言、お茶話、スイーツ話、観劇・鑑賞話、HPの更新情報、私信等々…ちょ〜気まぐれな聖舞が気の向くままに書き綴った駄文

真風涼帆

カフェブレイク星組ナポレオン

忙しい日々のため、先日まとめて6週分観ました。
北翔海莉さん→十輝いりすさん→真風涼帆さん→紅ゆずるさん→壱城あずささん→天寿光希さん

みっちゃん
星組のナポレオンのお稽古に入ったのが12日前とのこと。あら?私12月15日の入りのみっちゃんをギャラリーしていた記憶あるけど。お休みもあったから、それ除いた日数?

譜面が、たくさんでおどろいたが、1日で覚えたとか。素晴らしい!星組さんに出演したかったので、参加できて嬉しい。

まさこさん
ニ幕の台本があがったのが、6日前くらいで、初日あけて二週間くらいは、毎日変更があった。
ナポレオンの兄弟が八人兄弟で、この公演には7人とか。

みっちゃんとは、皇室風の呼び方を宙組のころからしていて、お互いを「まさこさま」「みちこさま」と呼びあっているのがカフェブレで観られて、ときめかせていただきました。

まかじぇ
ミュラの資料を読み、はじめは悩んだよう。
揉み上げをつけて、パーマをかけて、よくお似合い。
ミュラは、本当によくもてたらしい。
色々話していたのに、ヤバイ、思い出せないです。
あとで、ゆっくり、見直します。

さゆみさん
さゆみさんは、大劇と東宝での戴冠式のあとの歌の時の気持ちの違いを、語られていて色々考えて作ってるんだな〜と。

マルモンとグランマルモンは、じゅんこさんがさゆみさんに合わせていくとお話されたとか。

なぜか、如月さんの名前も飛び出す。

如月さんは、本当にジョセフイーヌが嫌いで目をみひらいて、怒っている。
いつもは仲良しのねねちゃんと、なんとなく楽屋でびみょーとか。この話は、いちじょうちゃんがしたのか、さゆみさんだったか、わからなくなりました。

しーらんに、いつも俺ていってるけど、やめたほうがいいってw

しーらん
ブリエンヌのお役がとても好きらしい。
ナポレオンとブリエンヌの関係が、柚希礼音さんと壱城あずさの関係とリンクしているように感じるとか。
イタリア遠征の時は、いつもなら、一番に男らしいが今回は秘書ということも、考えながらあの場面はやっているとか。

そして、ロミジュリの時の出演でもあった「しーらんの、ブルっときちゃうよ」
1ブル→柚希礼音さんの暗転芝居。
暗転で、壁をバン!てしている。壁になりたいとか。
2ブル→ひろ香くんのロシア遠征の時の死際芝居。白鳥ゆりやちゃんとの間に子供もうまれたのにと、ロケットの肖像画をみて芝居してるところ。
前回のときも、如月さんと白鳥さんな名前をだしてとても感謝されたらしい。

今回も、きっとヒーロー喜んでるよ!
あやさんは、本当にいい人!

で、みっきいにタークの話をふるところも 。
ピースくん、なかなか大きく成長したことを、ここで知りました。
みっきいとこのタークは、4キロのスマートな猫と本人がいってましたが、ん?3.9キロじゃなかったの?
痩せたといっていたような?

みっきい
ナポレオン2世のお衣装を意識した出で立ち。
またお顔が小さくなったみたいです。うらやましい…。
イケコに滑舌が悪いと観客に、伝わらないとかなり、練習したようです。
また、出てきたと思われるとダメで、あ!何話すんだろと興味もたれないと成り立たないと。

あと、ナポレオン2世が、あのあと一年後に結核で亡くなるとか。すごい美形で、ナポレオンに似ていて、でも身長が、高くてモテたとか。wikiると、それすぐ出てくる話ですから、ファンはみんな知ってますが。

前回司会の中井さんが口を挟めないほど、自分でぐいぐい喋っていたのが、今回はちゃんと訊かれたことを、ゆっくり丁寧に答えていた感じで。この方が落ち着いてみられます。

次回作かもめは、挑戦することになると今から思っていると。
そーですよねぇ〜
どう演じるのか、難しそうですもんね…。
私は、あれが普通の人間の世界だと思いますけどね。ただ、そんなことに皆気持ち持っていってないだけなんじゃないかと…。
日々が、忙しいから。

と、ざっくりと覚書。

次回は、星組の若い生徒さん方。
その次は、華形ひかるさん。

カフェブレイクは、ファンのツボも、よくわかってらっしゃるようで、楽しめます

ナボレオン観劇覚書1

image



寒いですねセンター試験の日って、いじめかっ!てくらい寒い雪の日になりますね。受験生がんばれっ!

現実の話は、置いておいて。

ナポレオン、いい感じに観られるようになりました。
それぞれ、見処ありますし。
楽曲が、頭の中をぐるぐるしています。

ファン目線だと、それぞれにツボがあり、他の生徒さん推しの方の話は、なかなか興味深い。
どうしても、自分の贔屓さま専用オペラになってしまうから、全体や、脇の小芝居を知らなかったり。

また、贔屓様に認識されるお席だと、オペラでガン見してないと、なんだかビミョーになるし。お席は、近い方が見易いけど。

2階席から観ると、めちゃ綺麗な舞台を、見られます。総合芸術的愉しみ方。
ちえちゃんの、登場シーンや、最後の場面の雲海のようなドライアイスと照明の中、背中を向けているところなんて、もう別世界です。

ナポレオン2世にグランマルモンが、亡き父ナポレオンを語るという形の、今回の演出。
初見は、一幕が、追いたてられるようなスピードで、息切れしたものの、回数を重ねるたびに、おもしろく感じられるようになりました。

進化し続けています。

台詞の一つ一つ、表情なども、違うし。じゅんこさんと天寿さんなどは、自分達と、そして周りで、展開されるお芝居の時間が違うことを、かなり意識して、喋り方を日増しに分かりやすく、表現されてきています。

同じ舞台に入り込んで展開を、見つめるお役なので。過去話の展開と、同化してしまうと、観ている方はわからなくなりますもんね。初見の方は特に。
たまに、ナポレオン2世が過去の人達に混じって同じフリもありますが、あれはグランマルモンの語る話を楽しんで入り込んでいるって演出なんでしょうね。

最近の宝塚、歌が残念なひと、いなくなりました。精進されているのですね。

ちえちゃんは、もともとお上手でしたが、ねねちゃん、昨年のジュリエットくらいから、飛躍的にうまくなりました。声量も、すごい。さゆみちゃんも、ゆりかちゃんもね。
皆さん、きかせる歌なんです。

そして、どこかしら皆がソロパートがあり、この人、ウタウマさんだったのか!と驚いたり。
逆に、歌は苦手なひとのソロバートは、なかった気もします。

ダンスのフリでは、気に入った場面もあります。舞台上手側軍人ダンス、下手側きらびやかなご婦人祭りの時。フリが好きかも。

そして、お衣装豪華

ねねちゃん達、社交界の方々の胸元から切り替えの入ったドレス、素敵です。コルセット時代のウエストの細さを強調したのも、宝塚の定番かもしれないけれど。
2階席から見た、ねねちゃんの胸元の谷間すごい釘付け。

じゅんこさんと天寿さんくらいですよね?着た切り一張羅は。

まあ、仕方ないですよ。あのグランマルモンの語りは、2〜3日くらいかけて話しているらしいです。

軍人だから、いつも軍服だし。

ま、いわゆる、軍服祭りの作品でもあります。

イポリット役の時のれなちゃんの軍服は、目立ちますよ。そして、最後の悪い顔が、ツボ!

フィナーレは、さゆみちゃんソロから。次に、ロケット。センターことちゃん。なんか、イ
ーグルの翼つけてます。色っぽい流し目ウインクです。ロケットたのしー
しかし、お衣装初見では、ビミョーに感じました。今は見慣れましたが。
ゴールドセイントか?←聖闘士星矢ってアニメ知ってる人いますかぁ?

そのあとの、さゆみちゃんとゆりかちゃん。
このときのライトがあたった時の二人の手の動きが好きです。
そのあと、娘役さん達と踊り、いよいよ男役群舞。大階段に、N の人文字。
みなで、うつくしく見えるN字の並びを試行錯誤しながら、作り上げたとか。
いいですね!

で、初め下手側、前から天寿、汐月、如月の並びで降りてきて、次に、下手側から二列目で、天寿如月の、たて並び。

その後、天寿は下手側最前列。
あの、蹴りいいですよね

それから、上手下手に一旦はけた人が、イーグルジャンプで走り抜け。また、みんな出てきて…。決めポーズして、出てきた方向と逆にはけていく。

で、デュエダン。

ねねちゃんのお衣装が、妖艷。
後ろ向きで出てきて、うしろの長いのを広げる。おや?ダルマか?と思ったら、ちえちゃんと、おそろいな感じのパンツstyleでした。デュ

で、パレード。エトワールみっちゃん。みっちゃんは、素晴らしい!さすがと思った公演でした。

センター降りは、えーと、まこっちゃんたちとか、あやさん天寿さんとか。

ちえちゃんの、大羽根が、金粉まぶしてあるみたいに光っておりました。
さすがに、はじめは、ナイアガラしてなかったけど。
数日して、観に行ったら、ナイアガラやってました。ちえちゃん、カッコいい!
それにしても、皆さん村の公演だけで、何枚チケット買ってらっしゃるの?
と、思うくらいリピ率高いです。

自由な時間があって、劇場が近い人は行ってない人いませんな。

なんか、疎外感あるけど、所詮コミュ障ぎみだし。
続きを読む

日のあたる方への自分のための覚書

梅芸DC13公演が、先日楽を迎えました。

初見、重くて重くて、どうしようと思ったものです。
ラテンフィナーレが、救いにも感じられなかったです。
そして、精神科のお薬が、あんな短時間で効き目があらわれるなんて、ありえへーん!と思いました。
出演者が、どれだけ熱演しても…楽しかった!と答えられないほど。

ところが、二回目から、ゆりかちゃんの長い一人芝居にぐいっと引き込まれて、細かい設定なども理解できて、泣けました。(若い人は、初見から面白い作品だと感じたようですが。)
そして、面白くなってきて。ジキル、ブルーノ
ジョアンの男の友情は、見ていて気持ちがいいし。ふうちゃんが、新薬を服用後の演技なんて、泣かずには観られない。(ただし、服用後の一瞬の貞子状態というか、腕がだらっとして頭下げてたってるところは、変。普通は倒れ込むと思います)

歌が、頭から離れず、ずっとどこかの場面の歌を口ずさむほど。

楽近くには、場面ごとに拍手も手拍子も入り、それぞれのお役の想いも感じられて、楽しんで観劇できるようになりました。

ゆりかちゃんが、台詞飛ばしたなとか、あ、先にその台詞いっちゃってるよといったことも気付くほど、じっくり観ました。

ちえちゃん、まさこさん達が、12日に、ご観劇されて、その前の10日には、じゅんこさん、さゆみさん、しーらん他がご観劇されて、色々アドバイスというか、ダメ出しとかあったのかも。

13日頃から、みな、自然になりました。

キムシンが、いいたかったことは、最後の市民警察病院の中庭っぽいところでの場面でのブルーノの台詞とそれに答えるジキルの台詞なのではないでしょうか?

ところで、緞帳が降りる時、ラテンのノリのフリでわいわいやってる時、ブルーノが、「オラオラオラオラ!」いってたことがあって、驚きました!ま、私が観た中で、そんなことがあったのは、1回だけなんですけどね。

おぉ…オラオラ目指してる?天寿さまは

そして、天寿さま、マーキューシオの赤髪(赤茶髪)は、もちろん素敵でしたが…私は金茶の方が、お似合いだと思います

『日のあたる方へ』は、二回観ると面白さがわかる

初見は、ひたすら重くて…話もひねりすぎてよくわからないかもしれません。

でも、二回目に、話が理解できると、これが面白くなってくるのです!
ゆりかちゃんの、長い一人芝居も…みっきぃやれなちゃんとの男の友情も、みていて引き込まれます。笑いどころもちゃんとあります。
男の友情場面にも、さやかさんの場面にも、ペドロの場面にも。みっきぃの「帰れっ!」の迫力とか。
何より、ゆりかちゃんのイデーの人格もおおっですよ!

大人数のナンバーも、すごくパワフルだし。りこちゃんのカゲソロもいいですよ。
ヒロさんの長いこと首をイデーに絞められるシーンもすごいなぁと思うし。
レイラくんのダニエルもジキルのことを考えるいい使用人。
悪人であるはずの、市長と市民警察署長の関係も、お互いを大切に思っているのだなと思うし。
マリアのふうちゃんも、ジュリアのはるこちゃんもいいし。

ラテンのフィナーレは、「ブーラジルの、ようにぃ〜♪」と、頭をぐるぐるしますし。ゆりかちゃんとふうちゃんのデュエダンも、そそとして可愛らしいです

まあ、二回観れば楽しさがわかるというのは、作品としては、ちょっとどうかとも思いますが、普通は一回で、面白さが伝わらないと意味ないけど。話が難解なので。

ヅカファンは、何回も観るものなの。

二回目に、これ、面白いやんと思えるはずなので、なんとか最低二回観てください。

そこのヅカファン様。

ゆりかちゃんのジキルとハイド(イデー)

image


『日のあたる方へ 〜私という名の他者〜』

ゆりかちゃんが、愛するマリアのための新薬の臨床実験を自室で行うシーン、とても長い場面の一人芝居。台詞も多く、演じわけもしなくてはならず、思わず、緊張しながら見てしまいました。薬を服用したあとの時を遡っていく様、そして彼のトラウマに到達し…。

表情の変化がすごい。
思わず泣けました。

そして、公開でジキルからイデーに変貌する場面は、釘付け。

歌ものびやかで、本当に真ん中に立つ人だなと思いました。

フィナーレは、重いお芝居のあと、思いっきりのラテン。
わりと、すぐゆりかちゃんと、ふうちゃんのデュエダンになりました。

物足りなかったのは、男役群舞かなかったこと。
これがないと、美味しいところが堪能不足。

東京では、男役群舞つけてほしいです。


追記。
男役の見せ場も娘役見せ場も、少しはあるけど、あとから出てくる、みっきぃ、はるこちゃん、れなちゃんは、なんか物足りなさを感じてしまいます。

ゆりかちゃんの場面は、あるんだけれど。

東京公演のお稽古はないらしいから、追加や変更もないってこと?

東京の舞台稽古で、多少の変更はあるかもだけれど。

カフェブレイク ゆりかちゃんの回

まかぜん、痩せた?

ますますすっきりとした美貌になっていて、見つめてしまいました。

お衣装は、キラキラした黒のジャケット。
ロミジュリの「死」を意識したようです。

ロミジュリの、世界の中で生きられることが嬉しかったのが、ティボルトだそうです。

死は、右に出るものはおりません!

ティボルトも、よかったですし。

ゆっくりめに、丁寧に話すので、わかりやすいです。

前回の、天寿さんからの質問。
どうして、そんなにお化粧が早いのですか?コツを、おしえてください。

まかぜん→天寿さんが、遅いんです。

バッサリ!

あらら…。

ま、上級生にコツなんて教えられないし。
いいじゃないですか。早い人がいて、遅い人がいて。
そういうものですって!

24日、ロミジュリBパターン見納め。あ、私は観劇行けないけど。

ロミジュリ、Bパターンが好きすぎて…。

先日、発売になったばかりのBパターン舞台写真まとめ買いしてきました!
もちろん、Aパターンも、買いましたよ(*´∇`*)

でも、本日Bパターンの最終日です。
ま、東京はあるから、まだ正確には、終わったわけじゃないけどね。

さゆみちゃんのベン、いいわぁ〜!歌すっごく上手くなったし。ロミジュリで、笑いをとるなんて、すご技まで、ついている。

みっきーマキュ、あの赤髪と黒のツーブロ、ちょっと赤の方は金メッシュ入って、黒いところは刈り上げてライン入ってるし。

思いきったものです。女捨てたのか。マキュって、みっきーの性格からはかけ離れたキャラだけれど、目が離せないくらいマキュを、生きている!ぃゃ…死んじゃうけど。

ちえロミオと、さゆみベン、みっきーマキュのきゃっきゃっした絡みが、もう可愛くて、可愛くて…ツボなんですけど。

さゆみみっきーの二人の絡みも、紅メンバーの仲良しっぷりを見ているかのよう。イチャイチャ♪

マキュ死んじゃうところなんか、蓮さんに抱き抱えられて、あそこはロミジュリの展開上としても、ファンの萌えポイントとしても、見逃せません。

しーらんの、バリスが、また楽しそうで、自然でいいのですよ。
あの髪も、よくお似合い。Aパターンのマキュも金と黒のツーブロで、とても美しいのです。

まかぜさんのティボ、歌も上手くなって、よく似合ってらっしゃる。
Aの死は、絶品ものですが。音もなくけれど、すごい不気味さの漂う死。
まかぜさんは、どちらもいいですね。

まおくんの、死は、ちょっと麻子さんのトートみたいな見め目です。
はじめは死、いたんですかって感じでしたが、だんだんと存在が出てきた感じでした。

愛のことちゃんは、やはりしなやかで雰囲気あっていいです。
ベンも、大抜擢で、頑張ってます。まじめな感じのベン。歌も上手いし。

Aで愛のどいちゃん。Bでは、赤チームなんですが、髪編み込みいれてて、すっごい存在感。
絶対目で追ってしまいます。

フラメンコ場面、見るたびに変更があって、あら?っと思いましたが、最近安定してきたみたいです。
空気を変えずに、上手くいれてきたと思ってます。はじめは、どうにかしてよと、思うくらい空気変わって気持ちがついていけなかったけど。
よかったですよ、今は。

私、相当Bパターン好きですわw

これからたくさん観劇できる、東京のチケット持ってらっしゃる方々が、羨ましいです。

もっと、ムラのチケット買っておけばよかった…


この、星組ロミジュリのディスク化、なんと!AB両パターン、全編収録だそうです。いつもは、役替わり部分だけ、チョロっと入るだけだけれど。そして、ブルレイだそうです!ひゃっほい!高画質ですよ♪

できれば、どちらのパターンもいい感じにこなれてきた頃の公演を、収録して頂きたいですが。

星組ロミジュリのナウオン

ファーストランを先程観ました。

ちえちゃんの、バースデー6月11日の収録。

出演は、ちえねねさゆみしーらんみっきぃゆりか。

知らない人には、何かの呪文のようですがw

ま、皆さん楽しそうに語っていてよかったわ。

パリスの変化系鬘は、二個目の?三個目の映像?←みっきぃの方のね。ナウオンの映像で見た鬘の方が、いいんじゃないかしら。あの、ちくわよりは。
しーらんのパリスは、あれでいいもんね☆完璧!


舞踏会のとこ、初演の時、サザエさんみたいにあっちこっちへ走って!とイケコにいわれてたのか…。なるほど、確かにサザエさんかもね。

さゆみちゃんの初演でマキュやった時、モンタギュー夫人に、マキュは悪い子やからと甘えさせて貰えなかったので、今回ベンで、甘えさてくれると思ったら、マキュよりつめたくされているとかwロミオママは、ロミオ溺愛。

どいちゃん、Aパターンでは、愛だけれど、Bパターンで、赤チーム。ちえさんに驚かれるくらい、空気動かしているらしい。
あの、編み込み入った髪型、めっちゃ恐い人に見えて、ガン見してしまったもの。目立ちますよ。

映像で、見たなっちゃんの表情に、ドキッとしたわ。
赤チームね。

パリスだけみても、役替わりでビミョーなところが、違っているのだから、あちこち見たら、あそこもここも違ってるんだろうと思います。
私は、そこまで見定められるのかしら?
無理っぽいか…。



ロミジュリの感想、初演以来書けていません。思うところがあり、Bパターンは控えていました。

Bパターン観て、初演の壁越えたなと思いました。
日に日によくなっていくようです。

でも、〇を節目に、私は距離をおくかもしれないし、そうならないかもしれないし。今、心が行ったり来たりしていまして(´・c_・`)
夏頃のチケットは。取れているなら、もったいないから行くけれど、無理はしないほうがいいのかなと思ったり。



星組ロミジュリ初日 三年ぶりの星組再演

梅芸で、星組のロミジュリ初日を観劇してから、三年になるらしい。
その間、雪組、月組での再演を挟んで…星組での再演となりました。
ちえねね他、星組さんは自分達で、初演の壁を、越えなければならないわけです。

キャストについては、以前触れたので、ざっくりした感想だけ、覚え書きしておきます。

ちえねねのロミジュリ、しっとりした大人の部分と、はしゃぐような可愛らしさがありました。

ちえちゃんの歌はいつも安心して聞けるけど、今回ねねちゃんが以前より安定していました。
なにより、ビジュアルが美しい。ここ二年くらいで、以前より痩せて、新しい桃色の肩の出たお衣装が、似合いすぎるくらい。髪型も、素敵。

同じ楽曲で、展開は同じですが、あちこち、ビミョーに違っていたり、新しいものを取り入れたり、客席降りがあったりして、え?っと驚くこともありました。

青チーム赤チームも、あちこち気になる気になる!
目についたのは、しゅうくん。髪型がよく似合う。蓮さんは、以前のちゃら男から、どっしりした感じに変貌。髪も濃い茶かな?娘役さんも贔屓組のため、把握はできるものの、とくにりこちゃんが目についたかな。ふうちゃんなども、つい見てしまいました。

で、ティボルトのさゆみちゃん、キレぎみの演技上手い人だけと、歌もかなり上手くなったと思う。ティボルトにいつもひきこまれる私です。

マーキューシオ殺したあとに、赤チームの中で何やら祝杯めいたことしてるとことか、逆上したロミオに刺されて絶命するとこは、上手い。さゆみちゃん、死んじゃうお役多かったし。ベンヴォーリオの時は、みっきぃマーキューシオと青チームをひっぱる立ち位置。赤の中心から青のロミオの親友。気持ちの切り替えが、大変そう。

マーキューシオのしーらんも、よかったと思います。髪の色は、金と黒で。
役替わりのパリスは、どんな感じになるのか、楽しみ。
ことちゃんのベンヴォーリオは、違和感なく、堂々と演じていて、歌もうまくて。髪は、白に近かったかな?
まだまだ新公組なのに、よくやったと思います。
初演の愛役が、とてもよくて、やはり愛役はことちゃんのが、一番好きなので、役替わりも楽しみです。
この日は、どいちゃんが愛でした。フィナーレの男役ダンスの場面、かっこいい!
愛から、男役への変貌具合が、たまりません。

そして、死のまかぜさん。
ニヤリとしてみたり、冷ややかに見つめたり…不気味さを醸し出す様が、はまり役なんですけど。もう、この人のトートを、見せて!っと…。
役替わりで、ティボルトですが、どんな危ない奴になるのか、楽しみ楽しみ♪

そして、天寿パリス。気取り屋のすまし顔のパリスから、ますますお間抜けぶりが自然にみえた感じ。大人になったパリスっぽくもありました。型が前髪がちょっとふわふわっとして、左右にロール三本、なにやらキラキラしたものも付いた感じ。ツイッターでは、ちくわと表現されていましたw
マーキューシオは、赤毛でくると思われてます。楽しみにしてますよ。きっと色気も放つと思うのです

そして!乳母ですよ!さやかさんの乳母。期待通り、これはもう乳母以外の何者でもない。歌もうまいし、ロミオとの結婚に賛成していたのに、パリス伯爵との結婚をすすめる、わけわかんない乳母の変化が、今回は、なるほどそれなら、わかるわと思えました。

どのシーンも楽曲も好きですが、特にホロリとさせられるのは、キャピュレット卿のヒロさんのソロの場面と、ロミオとジュリエットの死で、両家の争いの愚かさに気づくところ。


あ、まさこさんの大公、似合ってました!

じゅんこさんの台詞のひとつひとつが、心にしみる…。

初演は、星組は二組に分かれての公演だったので、初演のキャストを、スライドした感じなので、柚長やまりのさんのお役が、どうなるのかというのも、気になるところでした。

柚長は、本格的にフラメンコを踊るとのことでしたが、仮面舞踏会の場面で、ふいにでてきて、ちょっと空気変わってしまい、銀橋にでてきた主要キャストで話が進む感じで、フラメンコの女が、景色になってしまって…。

そうね、どいちゃんのバトンさばきはないし。

どうせなら、違う場面で、もう少し、フラメンコと踊る柚長をみせてほしい。

まりのさんは、マントヴァにいたよね?

さて、ロミオと、ジュリエットが死後、スモークの中踊る様は、可愛く愛に満ちて…。チュッとほほにキスするねねジュリエット…。

フィナーレは、さゆみちゃんソロで、そのあとロケットだったかな?
ゴールドの娘役達と踊るちえちゃん。

男役達の格好いいダンス。ひゃーひゃーひゃー!
皆素晴らしい、あ、みっきぃ赤毛!

それからデュエダン。

ピンクシルバーとちょっぴり赤と、黒っていう感じの配色か?
ねねちゃんが、金髪ショート!これは、毎回鬘変えるかもしれませんね。

エトワールが、まりのさん。



で、しーらんとみっきぃが、二人て階段下り。
マーキューシオと、パリス。

ちえねねは、大羽根

ねねちゃんは。おみあしみえてます。

パレード銀橋、驚いた!まかぜさんのおとなりにパリスみっきぃ!

これは、喜ばなくては!

ジェラール・プレスギュルヴィック氏ご観劇さらていました。いつも愛想のいいお方。

それにしても、イケコ…じゃない…小池せんせ。お痩せになりましたよね!

初日舞台挨拶、カテコ数回。
スタオベだったようです。

で、初演の壁を越えたかというと…個々に観ると素晴らしいのですが…まだ壁は越えてないかもしれないというのが、私の感想です。もちろん、素晴らしかったですが、満足した時の、あの高揚とかが、薄いようです。

あくまで、私の感じたことなので、そのあたりは、ご理解下さい。


1366713229847


DSC_0361


続きを読む

星組ロミジュリの配役決定!私的だらっだら感想

只今、星組さんは中日・台湾公演と、梅芸・日本青年館公演に別れてお稽古中。

台湾にもっていく演目を先に中日で上演します。もう一つの方は、理事の轟さん主演の「南太平洋」です。

台湾公演が、4月。そのあと雪組ベルばら特出して。

で、それが終わると、大劇場の公演「ロミオとジュリエット」のお稽古に入ります。

2月10日に東京公演が千秋楽でしたが、確かそのあとすぐに、ロミジュリのオーディションがあったそうで。

そして、そのロミジュリの配役が発表になりました。

ロミオ→柚希礼音
ジュリエット→夢咲ねね
ティボルト→紅ゆずる、真風涼帆
モンタギュー卿→美稀千種
モンタギュー夫人→花愛瑞穂
ベンヴォーリオ→礼真琴、紅ゆずる
マーキューシオ→壱城あずさ、天寿光希
キャピュレット卿→一樹千尋
キャピュレット夫人→音花ゆり
乳母→美城れん
パリス伯爵→天寿光希、壱城あずさ
ロレンス神父→英真なおき
ヴェローナ大公→十輝いりす
死→真風涼帆、麻央侑希
愛→鶴美舞夕、礼真琴

これを見てお気づきのように、役替わりがあります。

役替わりA
ティボルト→紅ゆずる
ベンヴォーリオ→礼真琴
マーキューシオ→壱城あずさ
パリス→天寿光希
死→真風涼帆
愛→鶴美舞夕

役替わりB
ティボルト→真風涼帆
ベンヴォーリオ→紅ゆずる
マーキューシオ→天寿光希
パリス→壱城あずさ
死→麻央侑希
愛→礼真琴

前回のロミジュリの時と同じ配役もありつつ、新しいキャスティングで、観に行かねばと思わせますなぁ…(^o^;)

本当にイケコ…小池先生はオーディションで決めた感じです。そりゃ、ある程度の枠の中でだとは思いますが。

参考までに、2010年星組梅芸・博多座のロミジュリの配役を。

ロミオ→柚希礼音
ジュリエット→夢咲ねね
ティボルト→凰稀かなめ
ベンヴォーリオ→涼紫央
マーキューシオ→紅ゆずる
モンタギュー卿→にしき愛
モンタギュー夫人→花愛瑞穂
キャピュレット卿→一樹千尋
キャピュレット夫人→音花ゆり
乳母→白華れみ
パリス→天寿光希
ヴェローナ大公→水輝涼
ロレンス神父→英真なおき
死→真風涼帆
愛→礼真琴


ふむ。こうやって見比べると、退団された方々や組替えの方以外は、初演の役をそのままスライドしていることも、よくわかります。さゆみちゃんはマーキューシオからティボルトとベンヴォーリオになったけど。(番手を考えたらそうだろうね)続きを読む
聖舞です♪
聖舞が、きまぐれに書き綴ったブログです。
小野不由美さんの作品のファンですが、宝塚歌劇団の観劇も大好きです。
星組の、紅5のファンだったのは過去の話です。そんな時期もあったな〜と懐かしく思う今日この頃。

一応いまも全組観劇してます。



訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
おすすめ★
おすすめ小説
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めCD
Amazonライブリンク
お薦めDVD
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めDVD
  • ライブドアブログ