ちょ〜気まぐれ日記〜ライトファンのヅカ私的覚書〜

独り言、お茶話、スイーツ話、観劇・鑑賞話、HPの更新情報、私信等々…ちょ〜気まぐれな聖舞が気の向くままに書き綴った駄文

柚希礼音

黒豹のごとく Dear DIAMOND!!

6日が初日でした。

退団と重ねてみてしまうので、泣いてしまう。


柴田先生の新作と、大介ショー

どちらも、さよならを意識しています。

アルカサルで、ダブル主演を果たしたれなちゃん、ゆっこちゃんが、よい立ち位置になり、その分しーらんやみっきーの立ち位置が下げられたような形。

それに、今回で退団の生徒さんが真ん中近くにはいるため、しーらんは、上手から三人目か四人目位置。みっきーは、下手ぎりぎり銀橋のるか?ってところです。
そして、バウ主演の二人がいよいよ真ん中近くに入ったわけで。

宝塚の路線、非路線というのは無情。

今日も、自分自身が舞台に立っているよろこびを感じて負けないでくださいね。

お二人とも。


追記。

しーらんは、まだ銀橋でのちえさんとのお芝居とかあり、出番多いかな?

みっきーは、気の毒すぎます…。
台詞もあるし、ソロパートもあるけど…。

ことちゃんは、路線さんだけれど、そんなに優遇されてるようには感じない。新公また主役だから、問題ないかな。


やはり、ぽこまおをかなり、上げたいのかな〜!身長高いから、舞台ばえはするしね。



続きを読む

演劇人祭の星組さんは…

image


image


image


星組さんたちは、大体正味30分強でした。

総合司会は、檀れいちゃん。

始めの座談会には、宝塚からは植田氏と、元星組トップ鳳蘭さん。
ツレさまのお話は、楽しかったですよ。でもなんで海外公演の話だったんですかね?
ソビエトとかソ連とか、久々に耳にした感。

玉三郎さんと中車さんの朗読劇のあと。

ちえちゃん始め、星組さん登場。
でも、その前に映像で観る宝塚100年の歴史を黒木瞳さんのナレーションで。

それが終わってから、星組さん。

色着物にみどりの袴姿。

柚長が、進行役。
「宝塚歌劇100年の歴史を歌で綴る」的なもの。

はじめに、どんぶらこのうた。

柚長あいさつ。下級生から全員自己紹介。さゆみさんが、体調不良で休演と。

モンパリ。蓮さんが♪うーるわしの思いーでモンパリわーがパリ♪
まいけるが、♪ひととせあまりの〜〜(割愛)〜〜いと嬉しき♪
天寿さん♪めずらしきとつくにの〜〜(割愛)〜〜パリの都♪とソロで歌いつぎ、あとは娘役さんもいっしょに。
モンパリ→パリゼット→花詩集→モンパリ。


越路吹雪さんとかのお名前が出て、「筏流し」
ちえちゃんが、慣れないけどこれうたわなあかんねんと内心思ってるんじゃないかと、ひっそり感じてしまったあの歌。

それから、虞美人草のうた。これ、さわりをまりのさんでしたか?あとはみんなで。

ことちゃんが、ベルばら。白薔薇のひとでしたかね?忘れましたが。♪ブロンドの髪〜ひるがえし〜♪
若草色に白い百合の花のお着物。
やはり、歌ウマイ。




ちえちゃんの、最後のダンス。
これだけで、いった甲斐あったというもの。

今年の式典のうた。♪いまよろこびのとーき♪っていうの。


すみれの花咲くころ。

色とりどりの色着物で、綺麗でした。

蓮さんがソロで、歌い始めたとき、必死さが伝わってきて、ドキドキしました。まいけるは歌うまい。そして天寿さん。いい声。

蓮さんは、青い無地のお着物でしたが、ライトのせいなのか、そういう生地なのかキラキラ光ってみえました。まいけるのは、式典の色着物と同じかな?天寿さんは、紫色に袖などに細かい花模様。あと、金色のポイント入り。でも、タカニューで放送されたのをみたところ、濃い藍色みたいなお色で。ライトがあたってて、紫に見えたのかそれとも、その逆?

ちえちゃんは、白っぽい生地に花模様。

このあと、幕間。

記憶曖昧なので、間違っているかも。

 
11月末、BSにて放送されます。続きを読む

ナポレオン観劇覚書8

最近は、プロローグ部分の歌がぐーるぐるぐーるぐるしています。

さて、村の覚書。いまさらなんですけどね。

まだ書いてないことが沢山あるんですが。
今回で、終わりにしようと思っています。

通し役のみの人もいれば、何役もこなしている人もいまして。

ぱんちゃん(大輝さん)は、ある日のフィナーレ大階段の男役N文字のところで、被っているナポレオン帽子を、間違えたらしい。

某茶で、スターさんが話していた。

某さん:どうしてまちがえたの?
ぱんちゃん:だって同じような帽子三個も持ってるんだもん!(実際は、4個)

なるほど。似てるもんね。

一番目立つのは、画家ダビット?だけどね。
歌も、面白いし。レティツィア美穂さんが登場したら、観察しまくってるし。

まおくん。

ロベスピエールは失脚した。と、牢獄のねねはることに、告げにきた兵士。

ミュシュカダン?もしていたはず。

そして、ロシア皇帝。
タレーランの進言に、まんまとのせられる育ちのよさ。
ジョセフィーヌをマルメゾンに、訪ねた時の物腰のやわらかさと、上品さ。
大方は、そんな感じだったけど、楽日ガン見していたら、一瞬、ジョセフィーヌに手を握らたことを嫌がるような素振りと表情をみせました。あの、「考慮いたしましょう」のあとね!

ロベスピエールは、輝咲さん。日のあたでも♪ブラジルのよーにぃ♪て歌ってましたけど、今度も歌える人だから安心。
せっきーは、役所の人だっけ?

あんるちゃん、ふうちゃん、わかばちゃんのナポレオンの妹達。
ジョセフィーヌに対する慇懃さが、面白かったです。
カロリーヌわかばと、ミュラまかぜが結婚した話題の時、「手紙を書く」というミュラのことばをきき、カロリーヌにジョセフィーヌがいった「手紙を書いて差し上げて、私とちがって」に対して、わかばちゃんの「はい、おねえさま」が、慇懃さがすこしずつ取れていったように感じていました。

テレーズころさん、歌はさすが。
安定のあの時代の貴婦人。
お胸の谷間が、かなり描いて陰影だしていたようにみえました。細いからね。


あやさんの、一人軍服違うのもよかったです。雪合戦の時の、さゆみさん、あやさんの幼さが可愛かったですし。

さゆみさんが、最後に敵を、入れてしまうのも、若い頃からの性格なのだな〜と。

レカミエ夫人?わんこちゃんは、真珠好きな人らしい。
マルメゾンに、イポリットを連れてきたのは、毒があったのかぁ〜!
空気よめない人なのかお?と思ってました。(タカニユの91期ステージサイドトークをみた)

スタール夫人て、組長さんなんだけど、このスタール夫人てすごくあちこちに顔がきく人だったらしいね。ナポレオンも侮れない人だったらしいし。

じゅんこさんの、♪もしもあなたが〜陛下にあったならわかりあえたでしょう♪
は、もう涙なくしてみられない。

村の2世天寿さんは、ここ可愛らしく泣いてて胸が締め付けられたものです。

フーシェみきちぐさん、格好いいよねぇ〜
さやかさんは、うまいしね。

ヒロさんは、バラスのサインのとこ、カッコいい。そして、ルイーズパパ!皇帝軍服お似合い。

最後に忘れてはならないのは、ウジェーヌことちゃんが、パパのサーベルかえしてぇ〜とのりこんで、♪もしもあなたが〜♪を、歌い、そこにママンねね登場。ナポ礼音くん、羽根ペン飛ばして机に、みごと差し立てるところ。
ここは、ファンのお楽しみ場面。一度とんでもなく外れて、床に落ちたことがあり、さゆみちゃんアドリブで拾って、それ手に持ったまま演技。ちょっと笑えた。

楽日は、みごと机に羽根ペン立てて、拍手だったと、思います。





東京は、ロミジュリに続いての、チケ難。
申込み分の、お断りがとにかく多い。

皆さん、頑張って非会員分を友人知人にお願いして買ってもらったにもかかわらずのお断り。
なかなか、宝塚の会の常識というものの、理解はしてもらえず、ご苦労されています。

宝塚の会の常識は、一般常識からは理解できな いところがありますので。それをわかっている他組のファンのお友達くらいしか、スムーズな理解はされませんね。

人間関係崩してしまう危険がありますよぉ〜みな、苦しんでます。

こんなチケ難なら、必死に申し込まなくても。東京の場合はですが。

村は、買ったほうがいいけど。

ナポレオン観劇覚書2

image


image


ランダムに思い出したらメモることにしました。

正直いうと、初見は感動するまでは行かず、一幕は、怒涛のごとく展開し、二幕でちょっと泣ける?くらいのものでした。

イケコの、演出変更も色々あったようですが、細かいところまで、見ている余裕がなく、贔屓専用オペラ状態では、他に注目している暇はなく。

それでもだんだんと、あちこちに注目できるようになりました。

沢山あるのですが。

ちえちゃんナポレオンが、凋落していく展開で、銀橋で、ブリエンヌしーらんをなじると、今までナポレオンに付き従っていたブリエンヌもとうとう、キレてブン!と頭を振って前髪バサッてするところと、その様子をみて、一瞬そんな様子のブリエンヌにショックを、受けて天を仰いでいるちえちゃん…。

ここ、見るの好き。

戴冠式に出席しなかったナポレオンの母レティツア美穂さんと、矛盾にみちている!と怒っているリュシアン蓮さん。

いつもオペラでガン見。

タレーランみっちゃん、フーシェみきちぐ、メッテルニヒさやかさんの、ナポレオンとどこかの王女の、縁組みをどーのこーのといってるとこ。
あの、杖かステッキみたいなので、突き突きするところ!

イポリットが、ジョセフィーヌにお金のむしんに来るときの、オケピの演奏。エロい!れなちゃんの表情がツボ!やはり路線!シュッとしてるね

ナポレオンが、凋落していく展開は、泣けてしまう。

そして、ナポレオン二世くんとグランマルモンの最後の場面。

身体が震えるくらい悲しみに支配される。

でも、泣けない時もありますよ。舞台はナマモノです。




だんだんと、いい感じに出来上がりつつあるのか、平日でも立ち見でていますよ。



ナボレオン観劇覚書1

image



寒いですねセンター試験の日って、いじめかっ!てくらい寒い雪の日になりますね。受験生がんばれっ!

現実の話は、置いておいて。

ナポレオン、いい感じに観られるようになりました。
それぞれ、見処ありますし。
楽曲が、頭の中をぐるぐるしています。

ファン目線だと、それぞれにツボがあり、他の生徒さん推しの方の話は、なかなか興味深い。
どうしても、自分の贔屓さま専用オペラになってしまうから、全体や、脇の小芝居を知らなかったり。

また、贔屓様に認識されるお席だと、オペラでガン見してないと、なんだかビミョーになるし。お席は、近い方が見易いけど。

2階席から観ると、めちゃ綺麗な舞台を、見られます。総合芸術的愉しみ方。
ちえちゃんの、登場シーンや、最後の場面の雲海のようなドライアイスと照明の中、背中を向けているところなんて、もう別世界です。

ナポレオン2世にグランマルモンが、亡き父ナポレオンを語るという形の、今回の演出。
初見は、一幕が、追いたてられるようなスピードで、息切れしたものの、回数を重ねるたびに、おもしろく感じられるようになりました。

進化し続けています。

台詞の一つ一つ、表情なども、違うし。じゅんこさんと天寿さんなどは、自分達と、そして周りで、展開されるお芝居の時間が違うことを、かなり意識して、喋り方を日増しに分かりやすく、表現されてきています。

同じ舞台に入り込んで展開を、見つめるお役なので。過去話の展開と、同化してしまうと、観ている方はわからなくなりますもんね。初見の方は特に。
たまに、ナポレオン2世が過去の人達に混じって同じフリもありますが、あれはグランマルモンの語る話を楽しんで入り込んでいるって演出なんでしょうね。

最近の宝塚、歌が残念なひと、いなくなりました。精進されているのですね。

ちえちゃんは、もともとお上手でしたが、ねねちゃん、昨年のジュリエットくらいから、飛躍的にうまくなりました。声量も、すごい。さゆみちゃんも、ゆりかちゃんもね。
皆さん、きかせる歌なんです。

そして、どこかしら皆がソロパートがあり、この人、ウタウマさんだったのか!と驚いたり。
逆に、歌は苦手なひとのソロバートは、なかった気もします。

ダンスのフリでは、気に入った場面もあります。舞台上手側軍人ダンス、下手側きらびやかなご婦人祭りの時。フリが好きかも。

そして、お衣装豪華

ねねちゃん達、社交界の方々の胸元から切り替えの入ったドレス、素敵です。コルセット時代のウエストの細さを強調したのも、宝塚の定番かもしれないけれど。
2階席から見た、ねねちゃんの胸元の谷間すごい釘付け。

じゅんこさんと天寿さんくらいですよね?着た切り一張羅は。

まあ、仕方ないですよ。あのグランマルモンの語りは、2〜3日くらいかけて話しているらしいです。

軍人だから、いつも軍服だし。

ま、いわゆる、軍服祭りの作品でもあります。

イポリット役の時のれなちゃんの軍服は、目立ちますよ。そして、最後の悪い顔が、ツボ!

フィナーレは、さゆみちゃんソロから。次に、ロケット。センターことちゃん。なんか、イ
ーグルの翼つけてます。色っぽい流し目ウインクです。ロケットたのしー
しかし、お衣装初見では、ビミョーに感じました。今は見慣れましたが。
ゴールドセイントか?←聖闘士星矢ってアニメ知ってる人いますかぁ?

そのあとの、さゆみちゃんとゆりかちゃん。
このときのライトがあたった時の二人の手の動きが好きです。
そのあと、娘役さん達と踊り、いよいよ男役群舞。大階段に、N の人文字。
みなで、うつくしく見えるN字の並びを試行錯誤しながら、作り上げたとか。
いいですね!

で、初め下手側、前から天寿、汐月、如月の並びで降りてきて、次に、下手側から二列目で、天寿如月の、たて並び。

その後、天寿は下手側最前列。
あの、蹴りいいですよね

それから、上手下手に一旦はけた人が、イーグルジャンプで走り抜け。また、みんな出てきて…。決めポーズして、出てきた方向と逆にはけていく。

で、デュエダン。

ねねちゃんのお衣装が、妖艷。
後ろ向きで出てきて、うしろの長いのを広げる。おや?ダルマか?と思ったら、ちえちゃんと、おそろいな感じのパンツstyleでした。デュ

で、パレード。エトワールみっちゃん。みっちゃんは、素晴らしい!さすがと思った公演でした。

センター降りは、えーと、まこっちゃんたちとか、あやさん天寿さんとか。

ちえちゃんの、大羽根が、金粉まぶしてあるみたいに光っておりました。
さすがに、はじめは、ナイアガラしてなかったけど。
数日して、観に行ったら、ナイアガラやってました。ちえちゃん、カッコいい!
それにしても、皆さん村の公演だけで、何枚チケット買ってらっしゃるの?
と、思うくらいリピ率高いです。

自由な時間があって、劇場が近い人は行ってない人いませんな。

なんか、疎外感あるけど、所詮コミュ障ぎみだし。
続きを読む

星組ロミジュリのナウオン

ファーストランを先程観ました。

ちえちゃんの、バースデー6月11日の収録。

出演は、ちえねねさゆみしーらんみっきぃゆりか。

知らない人には、何かの呪文のようですがw

ま、皆さん楽しそうに語っていてよかったわ。

パリスの変化系鬘は、二個目の?三個目の映像?←みっきぃの方のね。ナウオンの映像で見た鬘の方が、いいんじゃないかしら。あの、ちくわよりは。
しーらんのパリスは、あれでいいもんね☆完璧!


舞踏会のとこ、初演の時、サザエさんみたいにあっちこっちへ走って!とイケコにいわれてたのか…。なるほど、確かにサザエさんかもね。

さゆみちゃんの初演でマキュやった時、モンタギュー夫人に、マキュは悪い子やからと甘えさせて貰えなかったので、今回ベンで、甘えさてくれると思ったら、マキュよりつめたくされているとかwロミオママは、ロミオ溺愛。

どいちゃん、Aパターンでは、愛だけれど、Bパターンで、赤チーム。ちえさんに驚かれるくらい、空気動かしているらしい。
あの、編み込み入った髪型、めっちゃ恐い人に見えて、ガン見してしまったもの。目立ちますよ。

映像で、見たなっちゃんの表情に、ドキッとしたわ。
赤チームね。

パリスだけみても、役替わりでビミョーなところが、違っているのだから、あちこち見たら、あそこもここも違ってるんだろうと思います。
私は、そこまで見定められるのかしら?
無理っぽいか…。



ロミジュリの感想、初演以来書けていません。思うところがあり、Bパターンは控えていました。

Bパターン観て、初演の壁越えたなと思いました。
日に日によくなっていくようです。

でも、〇を節目に、私は距離をおくかもしれないし、そうならないかもしれないし。今、心が行ったり来たりしていまして(´・c_・`)
夏頃のチケットは。取れているなら、もったいないから行くけれど、無理はしないほうがいいのかなと思ったり。



星組ロミジュリ初日 三年ぶりの星組再演

梅芸で、星組のロミジュリ初日を観劇してから、三年になるらしい。
その間、雪組、月組での再演を挟んで…星組での再演となりました。
ちえねね他、星組さんは自分達で、初演の壁を、越えなければならないわけです。

キャストについては、以前触れたので、ざっくりした感想だけ、覚え書きしておきます。

ちえねねのロミジュリ、しっとりした大人の部分と、はしゃぐような可愛らしさがありました。

ちえちゃんの歌はいつも安心して聞けるけど、今回ねねちゃんが以前より安定していました。
なにより、ビジュアルが美しい。ここ二年くらいで、以前より痩せて、新しい桃色の肩の出たお衣装が、似合いすぎるくらい。髪型も、素敵。

同じ楽曲で、展開は同じですが、あちこち、ビミョーに違っていたり、新しいものを取り入れたり、客席降りがあったりして、え?っと驚くこともありました。

青チーム赤チームも、あちこち気になる気になる!
目についたのは、しゅうくん。髪型がよく似合う。蓮さんは、以前のちゃら男から、どっしりした感じに変貌。髪も濃い茶かな?娘役さんも贔屓組のため、把握はできるものの、とくにりこちゃんが目についたかな。ふうちゃんなども、つい見てしまいました。

で、ティボルトのさゆみちゃん、キレぎみの演技上手い人だけと、歌もかなり上手くなったと思う。ティボルトにいつもひきこまれる私です。

マーキューシオ殺したあとに、赤チームの中で何やら祝杯めいたことしてるとことか、逆上したロミオに刺されて絶命するとこは、上手い。さゆみちゃん、死んじゃうお役多かったし。ベンヴォーリオの時は、みっきぃマーキューシオと青チームをひっぱる立ち位置。赤の中心から青のロミオの親友。気持ちの切り替えが、大変そう。

マーキューシオのしーらんも、よかったと思います。髪の色は、金と黒で。
役替わりのパリスは、どんな感じになるのか、楽しみ。
ことちゃんのベンヴォーリオは、違和感なく、堂々と演じていて、歌もうまくて。髪は、白に近かったかな?
まだまだ新公組なのに、よくやったと思います。
初演の愛役が、とてもよくて、やはり愛役はことちゃんのが、一番好きなので、役替わりも楽しみです。
この日は、どいちゃんが愛でした。フィナーレの男役ダンスの場面、かっこいい!
愛から、男役への変貌具合が、たまりません。

そして、死のまかぜさん。
ニヤリとしてみたり、冷ややかに見つめたり…不気味さを醸し出す様が、はまり役なんですけど。もう、この人のトートを、見せて!っと…。
役替わりで、ティボルトですが、どんな危ない奴になるのか、楽しみ楽しみ♪

そして、天寿パリス。気取り屋のすまし顔のパリスから、ますますお間抜けぶりが自然にみえた感じ。大人になったパリスっぽくもありました。型が前髪がちょっとふわふわっとして、左右にロール三本、なにやらキラキラしたものも付いた感じ。ツイッターでは、ちくわと表現されていましたw
マーキューシオは、赤毛でくると思われてます。楽しみにしてますよ。きっと色気も放つと思うのです

そして!乳母ですよ!さやかさんの乳母。期待通り、これはもう乳母以外の何者でもない。歌もうまいし、ロミオとの結婚に賛成していたのに、パリス伯爵との結婚をすすめる、わけわかんない乳母の変化が、今回は、なるほどそれなら、わかるわと思えました。

どのシーンも楽曲も好きですが、特にホロリとさせられるのは、キャピュレット卿のヒロさんのソロの場面と、ロミオとジュリエットの死で、両家の争いの愚かさに気づくところ。


あ、まさこさんの大公、似合ってました!

じゅんこさんの台詞のひとつひとつが、心にしみる…。

初演は、星組は二組に分かれての公演だったので、初演のキャストを、スライドした感じなので、柚長やまりのさんのお役が、どうなるのかというのも、気になるところでした。

柚長は、本格的にフラメンコを踊るとのことでしたが、仮面舞踏会の場面で、ふいにでてきて、ちょっと空気変わってしまい、銀橋にでてきた主要キャストで話が進む感じで、フラメンコの女が、景色になってしまって…。

そうね、どいちゃんのバトンさばきはないし。

どうせなら、違う場面で、もう少し、フラメンコと踊る柚長をみせてほしい。

まりのさんは、マントヴァにいたよね?

さて、ロミオと、ジュリエットが死後、スモークの中踊る様は、可愛く愛に満ちて…。チュッとほほにキスするねねジュリエット…。

フィナーレは、さゆみちゃんソロで、そのあとロケットだったかな?
ゴールドの娘役達と踊るちえちゃん。

男役達の格好いいダンス。ひゃーひゃーひゃー!
皆素晴らしい、あ、みっきぃ赤毛!

それからデュエダン。

ピンクシルバーとちょっぴり赤と、黒っていう感じの配色か?
ねねちゃんが、金髪ショート!これは、毎回鬘変えるかもしれませんね。

エトワールが、まりのさん。



で、しーらんとみっきぃが、二人て階段下り。
マーキューシオと、パリス。

ちえねねは、大羽根

ねねちゃんは。おみあしみえてます。

パレード銀橋、驚いた!まかぜさんのおとなりにパリスみっきぃ!

これは、喜ばなくては!

ジェラール・プレスギュルヴィック氏ご観劇さらていました。いつも愛想のいいお方。

それにしても、イケコ…じゃない…小池せんせ。お痩せになりましたよね!

初日舞台挨拶、カテコ数回。
スタオベだったようです。

で、初演の壁を越えたかというと…個々に観ると素晴らしいのですが…まだ壁は越えてないかもしれないというのが、私の感想です。もちろん、素晴らしかったですが、満足した時の、あの高揚とかが、薄いようです。

あくまで、私の感じたことなので、そのあたりは、ご理解下さい。


1366713229847


DSC_0361


続きを読む

星組「序破急/怪盗楚留香外伝 花盗人/エトタカ」中日劇場初日が楽しすぎた!

DSC_0103


DSC_0105
DSC_0106


やっばり、今の星組大好きだぁ〜(*≧∀≦*)
今まで、台湾行きを渋っていた人も、台湾いっちゃいそうですよwほんとに、楽しかったんです。

もうね、久々に♪ちゃんちゃちゃんちゃらちゃらぁ〜♪と流れた瞬間、そして花弁ヒラヒラみちゃったら、目がうるうるしちゃって、瞬きもせずにガン見しちゃいましたよ。
人数は、40名になって、大劇の時とは違っているけど、なんだか感動!見事な群舞。美しい!
たおやかに見えるけと、ポーズをキープしてプルプルしてるんですね。でも、苦しさを顔には出さない。

声明が、あれこれいわれていたけど、私はすっかり慣れてしまったし、松本先生の弥勒菩薩の動きやポーズや表情が、弥勒菩薩なので、有難すぎて手をあわせて拝んじゃう人の気持ちがわかります。
これはどーしたどーしたことだ!も、前とカゲコメンバーが変わっているからか新鮮。中日の時は、カゲコも録音なの?

荒城の月は、やはりメンバーとかも変わっているし、立ち回りが増えたみたいで、松本先生がなぎなた、ふりまわして、戦うシーンは新しい場面のようでした


めぐあいと差し替えのお芝居の楚留香、短いながら楽しめました。
ルパンとキャッツアイみたい。ちえちゃんの楚留香が、扇パタパタさせて歩くだけでかっこいい!か
コロちゃんはるこちゃんわかばちゃんの三人娘が、ツボ。
ことちゃんは、娘役でも違和感ない。普段声低いけど、そこは若い女の子だもんね。ルーチェが可愛かったし、問題ないと思ったけど、その通りでした。
しーらんも面白い役どころだったけど、しーらんとことちゃんを見ながら、ロミジュリのマーキューシオとベンヴォーリオ、楽しみになってきたな〜と、考えていました。
さゆみちゃんの婚礼衣装が、もー私の好みの世界でした。
ねねちゃんと、ちえちゃんのラブラブはないけど、ちえねねの剣舞に釘付けになりました。ねねちゃんが、剣振り回して空を舞っていて、かっこいい!
うは!好きですわ、こういうの。
めぐあいは、40分だったけど、これは45分らしい。
内容は、伏せておきます。


エトタカもね、また観られたことが嬉しくて♪
そりゃ、大劇の時と同じではないけど、いろいろな変更点を発見する楽しさもあります。
どこも見逃せないけど、牡羊座の僕の大好きなアリエスが、かわいすぎる。双子座でもうしろのしゅうくん達みて、こうきたか!って思ったし。蟹座の歌のところかすきで、また聞けて喜んでた。
獅子座は、もうガオーがたまらんわ。まさこちゃんたちのお口が可愛い。
さそりは、もうさそりにしか見えなかった。ちえちゃん本当によくやっていると思う。
じゅんこさんのアカペラのソロ、さゆみちゃんになってたのでガン見しました。歌詞が日本語。

セ・マニフィークのオラオラねねちゃんは、出てきたときに観客がヒューヒューいってましたな。エトタカの一番好きな場面は、ここ。
みなさん、よくわかっているのです。私もわくわくしてました。オラオラねねちゃん男前☆

フィナーレは、新しい場面で中国語の歌や曲。すみれの花のフレーズもでてきました。
デュエダンも、新しくなり、ちえねね高速リフトが素晴らしかったです。大歓声でした。カゲソロ、ことちゃんだけど…こんなに出番多いのにカゲソロ入れてる時間あるのかしら?
お衣装も、大劇の時は、弥勒菩薩のお衣装と同じ素材のドレスで、ぬろんとした見た目の赤いのだったけど。
今回は、ちえちゃんがシルバー上下にブルーのヒラヒラシャツ、ねねちゃんは、ブルーのドレスにシルバーのようなビジューらしきものがキラキラしたもの。
踊り終わったちえねねの表情がよかったです。

あ、ロケットも気合い入ってました。なんか感動しました。

エトワールは、大劇と同じく、わんこことりこちゃん。

カテコ二回。柚長挨拶。なんだか目が赤かったです。
ちえちゃん挨拶。
楚留香が、観られるのは日本でち中日劇場だけです。

二回目、皆さんの感性や拍手は私達の活力です。

続きを読む

あずさとわんこ2

今回のゲストは、ちえちゃんとちょこちゃん。

ピースくんは、ねねしゃべの時と同じくレンターノが声をやっていた。

ふむふむ…ピースくんの名前、ちえちゃんが社長とかライオンとか考えていたらしい。

ちょこちゃんは、ちえちゃんとラブラブ。お互いがとても大切なんだなぁ〜と思ったわ。

しかし、ちえちゃん、このコーナー始まってちょこちゃんが登場するとすぐ胡座ですやん!

ピースくんが、元気にちょこちゃんに構うので、心配していたみたい。

ピースは、嬉しくて誘ってたんだろうね。

次回は、どこのわんこかなぁ〜?

猫しゃん編もやってくれるといいのにな(*´-`)

スカステ貸切の特別イベントは…。

NEC_0734

NEC_0732

NEC_0731

NEC_0733

NEC_0730
続きを読む
聖舞です♪
聖舞が、きまぐれに書き綴ったブログです。
小野不由美さんの作品のファンですが、宝塚歌劇団の観劇も好きです。
星組の男役さんのファンですが、ひっそりと応援中です。





訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
おすすめ★
おすすめ小説
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めCD
Amazonライブリンク
お薦めDVD
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めDVD
  • ライブドアブログ