ちょ〜気まぐれ日記〜ライトファンのヅカ私的覚書〜

独り言、お茶話、スイーツ話、観劇・鑑賞話、HPの更新情報、私信等々…ちょ〜気まぐれな聖舞が気の向くままに書き綴った駄文

朝海ひかる

雨の日にDVD鑑賞

73017284.jpg
2006年の雪組大劇場公演、これは、ムラで当時観劇しました。

私って、ソフト買っても観る時間なくて、そのままになっていることが多いんです。

コムちゃんの退団公演。
お芝居は、景子先生、ショーは、オギー先生の演出。

お芝居観てて泣いていたら…来客。

なんかお祝いのお返しの品をご本人が届けに来てくれました。どうも、スミマセン^ロ^;
すっぴんの上に、泣きあとつけてて…。不意打ちは、どうにも対処できません。

んー、うちはまだブルーレイじゃないのですが。
ぃぇね?TVがレグザの42インチなんですけど…なんかイマイチ画質よくない。普通に、放送されてる番組観ている方が画質がきれい。やはり、ブルーレイディスクの方が、いいんだろうなと。

ま、しかしこのDVDのソフト、10500円したのよね、当時。買って放置してしまう私が悪いんだけど。
続きを読む

久々に昔のDVD鑑賞

2005年の、全ツのDVDを観てみた。(四年以上前に買っていたもの)

もちろん、この全ツ公演は観劇したけれど…。

今にして思えば…おぉっ!むちゃ贅沢なキャスティングじゃないかっ!?

五年前の全ツとはいえ、いい役ついてるな〜

わ!真波たん、コマちゃん、せしるたん!

コムちゃんや水さんのほかに、キムちゃん、かなめさん…て豪華やん!(全ツなのに)
あれ?ハマコさんもいた。

私は、当時何を観ていたのだろう^ロ^;
あの時はさ、初演の時のかなめさんやゆりちゃん、ノンちゃんが、頭の中ぐるぐるしてたもんね。この役、紫ともが昔やってたなとか^ロ^;

銀髪が素晴らしく似合うコムちゃんと、水さんの絡みとかにうっとりした記憶はあるんだけれど。

ま、昼間が過酷だったので、子供が寝たあと、昔のDVD観る気になったわけ。

たまには、こういうのも色々発見出来てよいものだわ(´艸`)


ひとつ、ずしんと重い台詞があった。父を亡くした私だからこそ、それを感じたんだろうね。

台詞ひとつも、疎かに聞き流せないものなんだな…(今頃だけれど)754f1785.jpg

今度のエリザベート役

今年は、朝海ひかると瀬奈じゅんが、エリザベート役らしいです。

ふむふむ…。

じゃ、祐一郎さん(トート)とアサコさん(エリザベート)で、観たいと思う私です。

チケット、お高いんでしょうね^ロ^;

お金ない時だけに、キツいです。

東京で、三ヶ月間上演するらしいですが…大阪、名古屋、福岡はいつ頃になるのでしょうね。来年?

10観劇7 『MATERIAL』(「雨柳堂夢咄」より)を観劇

89654da5.jpg

2a804235.jpg


21409e3d.jpg

f25cf418.jpg




『MATERIAL』
原作:波津彬子「雨柳堂夢咄」(朝日新聞社刊)
演出:荻田浩一
出演:朝海ひかる、森川次朗、東山竜彦、紀元由有、宮菜穂子、三浦涼介、川原一馬、石井彰、植本潤
演奏:Modea


チケットは、一般発売後にヤ〇オクにて落札。10000円のチケットを25%offで。出品者は、コムちゃんファンの方のようでした。

原作の幽玄の世界の雰囲気をどう観せてもらえるのかが楽しみでした。

ところが…私的に大変ショックで悲しい出来事…父の他界から幾日も過ぎていなかったため…観劇に出かけるなんて、考えられなくなってしまいました。

ただ、家族に背中を押されて…。内容的にも幻想的なものだろうと予測していたため、少しは癒されるかもといった期待もあり。


ダンスアクトってことで…ダンスと歌中心みたいな感じで、また、映像をうまく使っていました。

確か、原作の初めにあった話…。蓮役はコムちゃんではなかったです。

パンフレットが目の前で売り切れてしまいまして…詳しいことがさっぱりなんですけど…。

皆さん、歌上手かったです。幻想的でね。

音楽がまたよくて、舞台上にうまくセットと演奏のModeaさん達が組み込まれた感じでした。

原作にあったような台詞もあり。

私は、泣く場面でもないのに知らぬ間にポロポロ泣いてまして…。舞台観劇しながら父のこと思い出して。まだ、この時期の観劇は早すぎた?静かな作品でよかった…。

カテコ何回かありました。コムちゃんの挨拶もあったはず。最後に舞台で使用したおひなさま持って出てきた記憶はあります。

帰りの特急で、また大泣き。周りからみたら変な人まちがいなしでしたね。

(2010年3月4日金曜日14時開演をシアター・ドラマシティにて観劇)

08観劇21 ミュージカル『エリザベート』名古屋公演を観劇しました

fd7c61cc.jpg
ada24cd4.jpg
ab011141.jpg
東宝版の『エリザベート』は、一路真輝、内野聖陽のを3年前に観劇して以来でした。
一路さんとウッチーは、これがご縁でいまや子供までいたりする…あ?この話は予談でしたわ^ロ^;

トート役もエリザベート役も演じたことのある方は、一路さんだけ☆私、宝塚の雪組初演時の『エリザ』観劇しましたもん☆1996年くらいだったかしら!?一路さんがトートだった。で、エリザベート役の一路さんを観て、一路さんにぴったりな役だな〜と思いました。歌上手いしね☆まぁ、一路さんは娘役でもヅカ時代かなり経験ある方で、違和感ないし。

で、その時の東宝の『エリザ』のトート役が内野さんだったんです(ダブルキャストで山口祐一郎)で、すごい声量に驚いちゃったんですよ!周りを固める男性の俳優さん(高嶋政宏がルキーニ役、村井国夫がシシィの父親の公爵役、浦井健治のルドルフ役)も、すばらしくて、宝塚版も好きだけど、これも良いなぁ〜と。
なんか、深みが増してた感じだったんです。

で、今回…。
結局、なんやかやで、宝塚版は月組以外の『エリザ』は観たし(月組の観る機会たまたまなくて)、昨年ウィーン版のすっごい『エリザ』も観たし…。マテさんの歌素晴らしかったです…。セットが斬新だったし。(宝塚は雪、星、宙、花、月と組一巡して、昨年また雪組で上演しました)かなり頭の中ごちゃごちゃになった記憶が残っていまして。細かい違いがよくわからないんですよ。
そりゃ、出演者もセットも演出も違っているんですけど、ミュージカルナンバーは聞きなれているし、展開もわかっているしで…。すんなり入っていってしまうんですよ☆

そう、宝塚は宝塚らしさはありますよね(^_-)
今回のは、それぞれ実力のある人や期待のかかっている人が集まって出来た作品といった感じ。

今回、私が観た時のキャストは…。 
エリザベート:朝海ひかる/トート:山口祐一郎/フランツ・ヨーゼフ:鈴木綜馬/ルイジ・ルキーニ:高嶋政宏/マックス(エリザベートの父):村井国夫/ゾフィー皇太后:寿ひずる/ルドルフ皇太子:伊礼彼方/ルドヴィカ(エリザベートの母):春風ひとみ/マダム・ヴォルフ:伊東弘美/
他にも、素晴らしい出演者の面々…長くなってしまうので、知りたい方は公式サイトなどで確認して下さい。
そうそう!少年ルドルフ役は、田川颯眞くん☆


c2db9b69.jpgこれは、宝塚時代の朝海ひかる。
なんてお美しく、神々しいのだろう゜+。(*′∇`)。+゜
宝塚プチ・ミュージアムで撮影してきたものデス。

続きを読む

中日劇場で『エリザベート』を観てきました☆

89c29347.jpgこのフライヤーは、梅田芸術劇場でGETしたものデスが…まぁ、出演者同じなので。
エリザベート綺麗っすなあ〜カナメさんもコムちやんも!携帯でパチリとしてみました。(フライヤーをね)

トート役は、山口祐一郎、武田真治のダブルキャスト。

あれこれ観すぎて…宝塚の各組で上演したのも、昨年のウィーン版のも、そしてこの東宝のも、頭の中でごちゃごちゃに記憶していたり忘れていたりで…。あはは…。ミュージカルナンバーは聞き慣れていて、エリザベートだな〜とはおもうんだけどね。

後日Blogネタにしますぅ〜☆
とりあえず、よかったよ!とだけ^ロ^;(ねむいから〜)続きを読む

雪組「堕天使の涙 Lucifer」「タランテラ!」を観劇した♪

ba617b9e.jpg雪組の朝海ひかるのさよなら公演「堕天使の涙」「タランテラ!」どうしても観たくて…頑張ってチケット入手しました。(さよならショーとかのある楽前、楽日のチケットなんて私設FCにでも入ってない限り無理なので…

「堕天使の涙」

作・演出 植田景子

今回の「堕天使の涙」、泣かされました…なにか最後に心が温まるような感じ。セットも美しいし。朝海ひかる(コムさん)は、歌は上手いしダンスは素敵、なにより薄い色の髪が似合います昨年全国ツァーの「銀の狼」を観劇した時も、こんなに銀髪の似合うトップさんはこの人しかいない!と思ったのですが…はぁ〜人ではない神々しい感じが出てました。

「銀の狼」の時もコムさんと水夏希(ミズさん)の絡むシーンが一番好きだったのですが…今回はそんなシーンが満載って感じで、おぉ!美しい惚れ惚れぇ〜と食い入るようにみつめましたよ。(やはり耽美好き?別に耽美なシーンは展開されておりませんが)

作品としてもかなり好きな演目でした。

同時退団の舞風りらとの「光のパ・ドゥ・ドゥ」が宝塚らしくてよかったです。天に召されるリリス舞風とルシファー朝海、美しくて〜

最後、「雪のノエル」のシーン…幻想的で美しく切なかったです。コムさんは東京公演で退団するけど…確か楽日は12月24日だったのでは?なんて素敵な設定でしょうかいいなぁ〜この日に観劇できる人…。

「タランテラ!」

作・演出 荻田浩一

タランテラ…蜘蛛だけど…(テーマみたいなものは、関連サイトで検索してみて)華麗で見所満載でした。やはり退団コンビのデュエットダンスが多かった?後半は、退団を感じさせるような演出もあり(コムさんが大階段を背を向けて上っていくとか)ました。衣装も色とりどりで綺麗でしたね。

しかし…すごいですよねぇ…すさまじい運動量ですもん、あのダンスわたしゃ30秒と持たないですよ。太る暇なんてないですねジェンヌさん。

詳細は、こちらへ↓

http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/takarazuka/takarazuka.html




 

聖舞です♪
聖舞が、きまぐれに書き綴ったブログです。
小野不由美さんの作品のファンですが、宝塚歌劇団の観劇も大好きです。
星組の、紅5のファンだったのは過去の話です。そんな時期もあったな〜と懐かしく思う今日この頃。

一応いまも全組観劇してます。



訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
おすすめ★
おすすめ小説
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めCD
Amazonライブリンク
お薦めDVD
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めDVD
  • ライブドアブログ