ちょ〜気まぐれ日記〜ライトファンのヅカ私的覚書〜

独り言、お茶話、スイーツ話、観劇・鑑賞話、HPの更新情報、私信等々…ちょ〜気まぐれな聖舞が気の向くままに書き綴った駄文

春野寿美礼

中日劇場「エリザベート」オサエリザ&山口トート観劇覚書

d79c342c.jpg

1e37bdfd.jpg

4815dfd7.jpg

6ca989fb.jpg


今日が、中日劇場での千秋楽。
私は、21日に行ってきました。

実は、私オサさんが宝塚退団してから生の舞台のオサさんを拝見するのは初めてでした。
村で、オサさんとみどりちゃんが観劇にきてみえた時に、偶然お見かけしたとか、映像ならアレコレみていたのですが。

とにかく歌の上手い男役さんで、さよなら公演アデューマルセイユの時、思わずホロリとした思い出が。

そして、今回のエリザですよ。
ほっそりしていて、綺麗な優しい歌声でした。キーが高いから男役の時のような朗々とした感じとは違うけれど。
トートの山口祐一郎さんは、もちろんトート役を過去にも拝見しましたが…確か、「レベッカ」以来でした。
迫力ある響きわたる素晴らしい歌声…さすがです!
トート閣下は、ほとんど歌いながら出てくるのですが…一度エルマー達の仲間に加わる場面で「話をきかせてもらおう」的な台詞をいうのですが、それがまた格好いい。
フランツ皇帝は、岡田浩暉さん。若い皇帝の時代が特に私には、母ゾフィーに逆らえない葛藤がみてとれました。辛そうだった。

ルドルフは、この時は古川くん。なんて、ほっそりしていて美しいすずやかな顔立ち。エリザに助けを求めて、無理よと見放されるところとか、トート閣下との「闇がひろがる」とか、私は一番好きかもしれないです。

子ルドルフは、いつも可愛いけどこの鈴木くんも可愛いし、澄んだ歌声が響きわたり、母性本能をくすぐります。
あの、本が沢山あるセット。机も椅子も本を積み重ねたような…そこにちょこんと座って…。エリザベート、ゾフィーから子供達取り返したら、それで満足してんじゃないわよと思ってみてました。
参考書買ったら、勉強した気になって納得しちゃうタイプなのね。

続きを読む

エリザ、オサアサ!?

最近、朝晩冷え込みますね。昼間はそうでもないですが。

事実上、隠遁生活をしています。
夫は、療養中だし。

これといった外出もしていないので、全くネタがありません。


夜中に一瞬流れたのですが

次回東宝エリザベートのタイトルロールはオサアサに決定したと。
でも、今それ映像削除されてるんで…そのうちかなと。

オサアサか…。どちらも観たいですよ。今度は、帝劇の他、大阪、名古屋、福岡でも上演するみたいだから、地方でも観られます。
前回のアサコエリザ観てないし。オサさんヅカ版ではトートだったし。

ここのところ、予期せぬ大枚の出費が続いたので、あれもこれもと贅沢は出来ませんが…。これくらいは、観たいものです。

それにしても、これから日本はどうなるのかと不安しかないので、いつまで好きなことを続けられるか、わかりませんね。



追記、あ!映像出てました。

大人な感じのオサエリザだ!

http://www.tohostage.com/elisabeth/


ディープ・ピープル完全版観ましたか!?

11日の26:30…というか12日の2:30から『ディープ・ピープル』の完全版が放送されてました。それ録画してあったので、今日観てみました。

やはり、先日の本放送は物足りなかったですもんね。

マミさんオサさんトウコちゃん、堪能出来たし、何より話が面白かったです。マミさんの舞台に対する真剣さが、潤んだ瞳に滲み出ていたと、私は思いましたよ。


それにしても、お三方のお美しいこと!!!

眼福以外のナニモノでもないっ!

あ、一ヶ所、テロップミスありましたね。

とにかく、完全版観れてしあわせぇヽ(´▽`)/

ディープピープルを観た

梅田芸術劇場メインホールにて、マミさん、オサさん、とうこちゃんのトーク。

男役の細かいこだわり…。
役作りの仕方とか、クサイ台詞をどういうかとか…皆さん色々努力されてるわけね。

関根さん、相変わらずおっもしろい!

一時間くらいやってほしかったです。短すぎ。この面子なのに、もったいない…。

宝塚OG

昨夜、『ミューズの晩餐』にとうこちゃんと、おささんが出演してましたね。

お綺麗ですわ☆

で、今朝『題名のない音楽会』に、とうこちゃん。『ワンダフルタウン』の豪華版番宣みたいな感じ?

チケット買ってないけど、もしかしたら友人といけるかも…。

今から、宙全ツ公演観劇に行ってきます!

タカラ…くじ…。

36eb8fe8.jpg
今日は、東京宝塚劇場のドリームジャンボの抽選会に、宙組トップコンビ大和悠河、陽月華が、出演してましたねぇ〜!

本日、同じ場所で宙組さん2公演の日。
舞台衣裳で、煌びやかぁ〜☆『薔薇に降る雨』のお衣裳?もしかしたら…『Amour それは…』のデュエット・ダンスのお衣裳かな?

そういえば、昨日は、宝塚大劇場の「百年への道」にお二人とも出演して、今日は、東宝出演…。

目が回りそうに忙しいじゃないですか!

そういえば…二日前にみた夢、タニちゃんとしっかりお手々、にぎにぎしてニコニコだった…私。そして次に見覚えない娘役さんとまた、にぎにぎしたところで、目が覚めました(笑)「あれ?この人知らないなぁ〜」と疑問に思ったら、夢から覚めたみたいでしたけど。そして大きな声で寝言までいったらしい…^ロ^;
「やっぱり、タカラジェンヌさんは綺麗やなぁ〜」と。

と、とにかく…タニウメコンビが、またリアルタイムで見れて幸せでした!

あ、他所様見て知ったのですが。OGのオサさん(春野寿美礼)、ご結婚されるとか!
おめでたいことですよね!

07観劇花組おさサンのさよなら公演『アデュー・マルセイユ』『ラブ・シンフォニー』

0d3a9801.JPG観劇したのは…先週の火曜日だから10月9日の13時公演でした。

おさサンこと春野寿美礼様のさよなら公演ということで…しっかりとそのおさサンの麗しいお姿を脳裏に焼き付けておこうと、気合いれて観劇しました。お席も、見やすい1階S席10列前後の中央付近だったため、銀橋の真ん中の真正面のお姿がバッチリ!おおおお…これはすごい!と初めは、ドキドキでした1階席は、満席でした。2階は見てないからわからないけれど。

そのうち…しんみり泣けてきちゃって…。まさか自分がこんな風に泣けるなんて思ってもみなかったので…びっくりでした。これで、宝塚のおさサンは見納めなのかと思うと…。(私は、東京公演は行けないので。)

69d61250.jpgミュージカル・ピカレスク『アデュー・マルセイユ』−マルセイユより愛を込めてー

作・演出 小池修一郎

(←画像は、フライヤーを携帯で撮影したものです。不適切なら削除します)

1930年初頭、アメリカで禁酒法が実施されていた時代。マルセイユは、マフィアが支配するフランス一の犯罪都市という状態だった。

マルセイユから、アメリカに高級ワインを密輸する計画に加担する男を装うが実は、それを捜査するためにマルセイユに14年ぶりに帰ってきた国際刑事機構の捜査員ジェラール(春野寿美礼)。街の歓楽街を仕切る「夜の帝王」シモン(真飛聖)とは幼馴染み。ジェラールとシモンの母が昔働いていたのは、この街の名物マルセイユのサボンの工場で、そこの娘だったマリアンヌ(桜乃彩音)は、今は婦人参政権運動『アルテミス婦人同盟』のリーダー。

幕が開いて…しばらくは、おさサンは出てきません。大階段をマルセイユ駅前に見立てたセットに姿を現したオサさん。銀橋を歩きながら歌い…。綺麗カッコイイんですが、すごく綺麗…。

シモンとのやり取りや、裏の顔を持つ密輸に関わろうとする面々とのやり取り…マリアンヌとの恋。マリアンヌに昔サボン工場の寮に住んでいた、ジョジョと呼ばれていた少年の話をされて、そのジョジョは自分だとはいえない立場の哀しさとか…。

立ち姿も美しく…もっとみていたいと思っていたら…「アデュー!」と別れの台詞で幕となりました。おさサンの退団と絡ませた別れの挨拶…。

グランド・レビュー『ラブ・シンフォニー』

作・演出 中村一徳

様々なジャンルの音楽の世界の中で、華麗に情熱的に展開されていきました。

おさサンが、蝶のセットに溶け込むかのようなシーンから展開された場面は、見ごたえありました。それと真飛聖の花盗人と精霊達のシーンが、私は好きでした。スペイン風のシーンとか、ロケット、男役の群舞、デュエットダンス…。見所満載。

おさサンは、歌はお上手だし、ダンスも綺麗で、すっきり、ほっそりしたあの立ち姿を見られなくなるのは、とっても寂しいです。これからも、こっそり応援させて頂きます。

ちょっと、痩せた感じが気になりました。すべてを出し切るって感じなんでしょうか。モリモリ食べて、乗り切って頂きたいです。

ちょっと個人的に色々あって…感想にはならなかったですけど、観劇の覚書としてUPしておきます

12de1eba.JPG9310dd93.JPG

 

 

 

 

役替りステージ・ダイジェスト アンドレ / 春野寿美礼『ベルサイユのばら』/宝塚歌劇 雪組役替りステージ・ダイジェスト アンドレ / 春野寿美礼『ベルサイユのばら』/宝塚歌劇 雪組

全国ツアー公演「うたかたの恋」「エンター・ザ・レビュー」(浜松)を観劇

32183647.JPG

先週、で浜松まで行き、花組全国ツアー公演「うたかたの恋」「エンター・ザ・レビュー」を観てきましたぁ

まず、公演のあるアクトシティ浜松…かなりよかったです。デザイン性も優れていたし…何より舞台が観やすいっ!前の座席との距離もいい感じ余裕がないと…人がお席についてるとき…自分のお席まで行くのが大変なんですよね。(宝塚大劇場は…座席と座席の距離が狭くて…いやになるものぉ!あそこも観やすいんだけどね、あの狭さはちょっとね…この一年くらいの観劇で一番観にくくてうんざりしたのは…実は韓国公演でした。前から数列目のかなり良いお席でしたが…舞台が何もみえない設計でしたもん)

c3952f4a.JPGさて、「うたかたの恋」といえば、宝塚の名作のひとつですが…私は映像等でしか観たことがなかったのでどうしても生の舞台を観たくて。初演は1983年雪組(麻美れい・遥くらら)で、その後星組が1993年に(宝塚大劇場では、怪我をした紫苑ゆうの代役で麻路さきがルドルフ、マリーは白城あやか、東京宝塚大劇場では、紫苑ゆう、白城あやか)近いところでは、1999年に月組・真琴つばさとか…宙組・和央ようかも…。

やはり、オサさん(春野寿美礼)は素敵ぃ皇太子ルドルフが苦悩し、そしてマリーに惹かれる様がよく出てました。なんといってもすごい歌唱力だしね。私、主題歌は覚えてしまってるので、声に出しそうになってしまったわ…やばっ桜乃彩音のマリー・ヴェッツェラ男爵令嬢も清楚で初々しい感じでよかったです。また、劇中劇の「ハムレット」も観れて得した気分。「尼寺へゆくのだぁ〜」(笑)

ルドルフがマリーを抱き上げて…のシーン、昔と少し違うのでは?あそこは確か…マリーを抱き上げて舞台袖まで歩いていくのよね。今回は、マリーを抱き上げて暗転した…でもわかるような気もします。男役トップとはいっても本当は女性だもの…相手役を抱き上げて格好よく歩くってかなりキツイと思います。マリコさん(麻路さき)は、軽々と持ち上げてたけど…シメさん(紫苑ゆう)は、必死の形相してたしね…(つまらないことはよく覚えているのですよ…私

二人が死を選んでから、トップコンビ(ルドルフとマリー)のデュエットダンスが美しく…純愛だぁ〜って感じでウルウルしました。

ルドルフの母で皇后のエリザベートや「ベルばら」でもおなじみのハプスブルグ家や、前回オサさんが大劇場公演で演じたオペラ座の怪人ネタも絡んで…いろいろ想像して楽しめる宝塚ふぁんには嬉しい「うたかたの恋」でした。

原作 クロード・アネ「マイヤーリンク」 脚本・演出 柴田侑宏 演出・植田景子

で、「エンター・ザ・レビュー」ですが…これは、女装…じゃないドレス姿のエトワール…オサさんが妖艶で素敵でしたよぉ…背が高いから何着てもよく似合うわぁ客席に降りて、「じらさないで」と歌う…ひょえぇぇ…ドレス姿なのにドキドキいわゆるショーの方はとにかく楽しめます。フィナーレのあの豪華な羽がひときわ目立っていました。

地方公演ならではの、ご当地ネタもアドリブで入って…浜松が地元じゃない私でも笑えたぁ〜

舞台挨拶も数年前に比べるとすごくしっかりしたなぁ…と偉そうなこと思ってしまいました

作・演出 酒井澄夫

http://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/takarazuka/takarazuka.html



Something cross―春野寿美礼写真集

 

続きを読む
聖舞です♪
聖舞が、きまぐれに書き綴ったブログです。
小野不由美さんの作品のファンですが、宝塚歌劇団の観劇も大好きです。
星組の、紅5のファンだったのは過去の話です。そんな時期もあったな〜と懐かしく思う今日この頃。

一応いまも全組観劇してます。



訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
おすすめ★
おすすめ小説
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めCD
Amazonライブリンク
お薦めDVD
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めDVD
  • ライブドアブログ