ちょ〜気まぐれ日記〜ライトファンのヅカ私的覚書〜

独り言、お茶話、スイーツ話、観劇・鑑賞話、HPの更新情報、私信等々…ちょ〜気まぐれな聖舞が気の向くままに書き綴った駄文

京都での質素倹約な飲食。

695b260b.JPG

京都で、食べたもの、飲んだもの。

豆餅。(480円)今度は、大福を食べたいものですよ。

ウエルカムドリンク。アイスレモンティー。(サービス)

 

 

 

4cbb0bee.JPG六盛のお弁当。(1365円)お手軽に有名ところのお味が楽しめました。美味しかったデス

 

 

 

7fc71149.JPGよーじやカフェの抹茶カプチーノ。(680円)

 

 

 

おばんざいセット。32578b64.JPGe4ea3ca3.JPG(850円)アールグレイ。(550円)

 

 

 

8cc9fd11.JPG

おばんざいセットを食べたお店。お味噌汁がめちゃいいお味でした。好きなおかずを3品選んだので、美味しくて幸せでした

アールグレイは、ポットで出てくるので、たっぷりカップ2杯は飲めました。

c297889f.jpg

ホテルの朝食バイキング。(宿泊料金とのパック料金)おかゆが、おなかに優しくてよかったです。

 

 

 

88d25ff7.JPG馬鈴のわらび餅。(800円)絶品

 

 

 

de3b8489.JPG

下鴨茶寮のお弁当。(1365円)帰りののぞみに乗車中に食べました。

夕食は、町屋レストランで、食べようという話でしたが…何故か、おばんざいセットで軽く済ませてしまいました。

人力車にお金を使ったから、夕食は押さえたという感じでしょうか。別にそこまで考えていたとは思えませんけどね成り行きってやつですよ

かなり質素にまとまっていると思いますよ。

湯豆腐や京懐石を、食べていたらすごいことになっていたでしょうけど。一人だとこんなにお安く済んでしまうんですね。家族で旅行に行くと、いつも飲食費に泣いているので…。

たったの一泊二日の京都の旅なのに…どうしてこんなにネタがあったんでしょうかね?ほんとは、まだネタありそうなんですが、この辺りで終わっておきます。読んで頂いた方々、お付き合い有難うございました。

最後に、恒例ご当地〇ティネタだけUP予定です

 

 


あ、平安神宮とお土産ネタがまだのような…^^;

清水寺界隈 甘味処☆

8c1ef990.JPG

まぁ…なんというか他国籍状態の清水界隈。

目に飛び込んで来た漢字のTシャツが、気になって撮ってみました。甲子園ファン?

 

 

 

 

ae9346b1.JPG相方が、白玉だんごの暖簾をみるや「白玉食べたいっ!」と横で叫んでいたので…ま、それもありかな?と思い「馬鈴」さんへ。

 

 

 

 

39c20161.JPG私が、食べたのは京本わらび餅。

相方が食べたのは白玉だんご入りおしるこ…だったっけ?

 

白い器に絵が描いてあるんですぉ。和三盆と本わらび。ほぉ贅沢です。わらび餅、すっごく美味しかったです。これだけで、800円だったかな?

8dabe1cb.jpg相方の食べたのは、ここのおすすめメニューだそうです。かわいい

たぶん、美味しかったんじゃないかな。私は、食べてないから判らないけれど。(これだけ携帯の画像です)

 

 

 

 

実は私…この界隈で、一年前から是非行ってみたい甘味処があったんです。地図に載っていたのでなんとか行きたいなと思っていました。そこは、かなりのこだわりを持っているご主人とかで、食べ方も決まっているらしく、子供連れではキツイから今回行ければラッキーだなと思っていたんですが、次回へ持ち越しとなりました。

ということで、また行かなくては…。でもしばらくは色々忙しい。


清水寺へ行って来ました。

7c874a45.JPG

修学旅行以来でしたが…。

あれ?記憶違い?相方も同じこといってたけど…音羽の滝を先にみて、それから清水の舞台(本堂の舞台)だったはず?まったくの逆だった…デス。ま、いいか。

まず、仁王門、そして三重塔。

485a21e7.JPGb95bbfdf.JPG

 

 

 

 

 

 

地主神社。えんむすびの神様。

奥の院あたりからの本堂の舞台。

22ce34ed.JPG41df39e6.JPG

 

 

 

 

 

 

音羽の滝。学業成就、縁結び、延命長寿のどれか飲もうという気も起きませんでした。だってずごく並んでたからぁ〜ここで飲むために自分の器代200円也。昔、修学旅行のとき、飲んだはず。ここの写真、家にある…。

そして、本堂の木組みの様子が下からみるとこんな感じでした。彼岸花が咲いていましたよ。

d248093b.JPG23ee29c8.JPG

 

 

 

 

胎内めぐりはしませんでした。

それにしても、ここも結構歩きますよ。

画像は、すべてクリックすると大きくなります。

三年坂(産寧坂)の風景

73114868.JPGまず…三年坂(産寧坂)を降りていくと…舞妓さんに出会いました。あ…でもこの女の子達は、きっと舞妓コスプレの子達よね。

近くに舞妓変身スタジオ…っていうのがあったし。午前中だし、はんなり感が…。(って本物だったらどうする?)

ところで、はんなり…って?(映画の影響かな…例の阿部サダヲ氏の)

 

 

08a22c83.JPGこの坂で、転ぶと三年以内に死ぬって言い伝えがあるそうです。でも、瓢箪をお守りにすると大丈夫らしいですよ。ま、ためしたことないからわかりませんが、転ばない方がいいことは確かですよね(昔、修学旅行の時、担任の先生がうんちく好きで、この話も聞いた覚えがありますお

この坂の左側に、瓢箪屋さんがありました。

右側に複合施設「産寧坂 青龍苑」があり、ここにあのカワユス足袋くつ下が売っている「くろちく」がありました。ここには「よーじや」もありましたけど。

 

 

534212eb.JPGこの「七味屋本輔」の右の坂が三年坂。

ここのお店で、私は七味とうがらし(けやきの瓢箪に入った)を買いました。

等身大サファイヤ見たさに。

1551d32a.jpgb93503ce.jpg

 

 

 

 

 

 

 

京都駅、劇場ゾーン(京都劇場2F)にある「KYOTO手塚治虫ワールド」では、等身大のサファイヤ、B.J、アトム、レオに会えます☆

サファイヤと並んで記念撮影した画像を見ると、私と身長同じでした。ってことは、サファイヤの身長は…153〜154cmくらい!?幼少の頃大好きだったから、あの頃こんなことが出来たら、さぞや嬉しかっただろうと思ってみたり。

グッズは、宝塚の手塚治虫記念館と同じでした。(愛地球博のささしま会場でも同じグッズがありましたけど)京都限定っぽいのは、アトムが新選組コスのビーズ根付けとか、舞妓ピノコの根付けとかかな〜。
0c4d4988.jpg5728d837.jpg


90877332.jpg2119493e.jpg
画像は、携帯のだから…イマイチですけど。デジカメでも撮影したけれど…面倒なので差し替えはしません(私の携帯…もう一年半機種変してないので写り悪いですが)

銀閣寺を観てきました。

95f335d0.JPG

私ってば、銀閣寺(慈照寺)に行くのは初めてでした。修学旅行では、金閣寺は行ったけど、銀閣寺は連れて行ってもらえませんでした。

侘び寂びがいいと思える年齢になってきたんでしょうねキラキラしてるより落ち着いてて好みです。

室町時代八代将軍足利義政が、祖父義満の金閣寺にならって山荘を建てようとして…完成したのは、義政の死後だったらしいです。

d5cc26c9.JPG白砂の造形美、向月台と、銀沙灘…。

画像クリックすると大きくなります。真ん中あたりの砂の山っぽいのが向月台で、手前の砂のアートが銀沙灘。向月台は、180cmくらいの高さらしいです。

 

6dfcab85.JPG

石段を我慢強く登って見えるのがこの姿…。ふぅ〜疲れた。昔の人って、かなり体力ありましたよね。

下る時の、きつかったこと。若い男性がふみはずしてましたよ。

私が運動不足って説もありますね。

このあと、梅茶を購入しました。美味しかったから、すぐ買ってしまいましたよ。他の人は、試飲していくだけなのにね。金粉が綺麗

銀閣寺をバックに、記念撮影をしようとしていた女子中学生風のグループ。あまり親しいメンバーじゃないらしく…びみょーな空気が痛かったですよ。なんとなくわかるけど。きっと名簿順で決まった班なんでしょう。いつの時代も、変わりませんね。私ったら、何観察してるんでしょうね

京都 哲学の道の風景

bc6c2c56.JPG

銀閣寺をまだ、ブログネタにしていないのに…先に哲学の道をネタにします。だって、気になるんですよね。

銀閣寺を一通り観て回って…哲学の道に入りました。あれ?想像より狭いんですね。こじんまりした道沿いに静かな住宅地と、こだわりのお店が混在している…そんなところ。

画家さんが絵を描いているのに出くわすかもって情報誌には書いてあったけど、ホントにみえました。ほぉ〜なんだかいい感じ

448ad961.JPG相方が見つけたのは、彼岸花。赤は、定番。白もたまにありますが…黄色初めてみましたよぉ。

さて、お腹もすいたので…いよいよ、六盛のお弁当をベンチに腰掛けて…。

 

0803792e.JPG予算よりかなりお安いお弁当を選んだ私達でしたが…量的なことを考えるとこれくらいがちょうどいいのです。(このあと、よーじやカフェで、抹茶カプチーノが待っていたし)

手まり寿司弁当、二段重。すっごく上品に仕上がっていて…「ぎゃぁ〜何このウマスな玉子焼き」って感じで感動続きでした。お店に行って、あの手桶弁当も食べてみたかったけど…時間ないので、こんな手段でしたが、なかなかの妙案(食べることに関しては、かなりの低予算で今回の旅は済んでますしね…)

af8056db.JPGその後、よーじやカフェ、よーじや店舗と続き、たまたまあった五建ういろうをげと。相方の話では、美味しいらしい。

 

 

17f42fd7.JPGそれから、熊野若王子神社へ立ち寄り、お参りをして、「すべての苦難をナギ倒す」っていうお守りをげと。災難は、毎日やってくるので、除けているくらいでは間に合わないと思ってナギ倒すお守りが欲しかったんです。

銀閣寺でガツンとやられた足でしたが…舗装してない道って足に負担がかかるものですね。きつかったデス。

京都一泊二日の予定と実際の旅程。

f65d1e5a.JPG ぁはは、私がスケジュール、スイーツの販売の詳細、ホテルの手配、情報収集をしたといっても過言ではないです。新幹線のチケットのみ頼みましたが、時間は私が指定していたし。

考えてみれば、私はいつもそういう役まわりですね^^;向いているのかしらぁ… おかげで、好きなところ回れますよ☆(笑

 

 

55f8d834.JPG相方の希望が「ふたばの大福」が食べたい!だったので、どこでどんな条件で買えるか知る必要がありましたし。実際買ったのは、豆餅でしたが、美味しかったのでよしという事でぇ^^

;日持ちしないので、3個入り480円のを入手したわけですが、コレの発売時間に並ぶために、新幹線を使ったから、付加価値の付いた豆餅になった気がしますお。なかなか倹約は出来ませんね。

 

 

<予定> 一日目

名古屋駅から新幹線にて京都駅へ → 正午に月、水、金、日限定販売の出町ふたばの名代豆餅をげと → デパ地下にて、「六盛」のお弁当をげと  KYOTO手塚治虫ワールドにて等身大のサファイヤの画像をげと  駅近くのホテルにチェックイン  バスの一日乗り放題券を購入 → バスにて銀閣寺へ → 銀閣寺拝観 → 哲学の道散策 → 哲学の道で「六盛」のお弁当をベンチに座って堪能 → よーじやカフェにて、抹茶カプチーノを味わう → 熊野若王子神社にて薙守をげと  時間があれば清水寺へ行く、時間がなければバスで平安神宮へ → 町屋レストランにて夕食 → 時間があればあちこち散策 → ホテル泊

二日目

前日清水へ行けなかった場合は、朝から清水寺へ → 清水寺拝観 → 三年坂にて、七味屋本舗にて七味とうがらしげと → くろちくにて足袋くつ下をげと →バスにて西本願寺へ → 香老舗にてお香をげと → デパ地下にてお土産と老舗のお弁当をげと → 京都駅より新幹線or近鉄にて帰る

実際の<旅程>

一日目

名古屋駅から新幹線にて京都駅へ → 出町ふたば名代豆餅一番にげと → 六盛の「手まり弁当」をげと → KYOTO手塚治虫ワールドにて等身大サファイヤ、B.Jなどの画像をげと → ホテルチェックイン → ホテルにてサービスのウエルカムドリンクを頂く → バスの一日乗車券を購入 → バスにて銀閣寺へ → 銀閣寺拝観 → 哲学の道を歩く、六盛のお弁当をベンチで堪能 → よーじやカフェにて抹茶カプチーノを味わう、よーじやで買い物 → 熊野若王子神社、薙守をげと → バスにて平安神宮へ → 平安神宮参拝 → えびす屋さんの人力車体験・夕暮れ時、著名人の邸宅などがある界隈を回る → バス停近くのお店で、手軽におばんざいセットを食べる → バスにて京都駅まで → ホテルにて寛ぐ → ホテル泊

二日目

「精霊の守り人」最終回をホテルの部屋で観る → のんびり朝食バイキングを食べる → ホテルチェックアクト → バスの一日乗車券を購入 → バスにて清水寺へ → 清水寺拝観 → 三年坂入り口、七味屋本舗にて、けやきの瓢箪に入った七味とうがらしをげと → 五条坂にあるお店で、わらび餅を堪能(すんごく美味) → 三年坂くろちくにて、足袋くつ下やその他雑貨をげと → タクシーにてホテルへ → 荷物を持ってデパ地下へ → お土産品を根性でげと → 下鴨茶寮のお弁当をげと → 京都駅より新幹線にて名古屋駅へ

京都にいたのは、24時間くらいでした。一保堂茶舗で極上煎茶を買いたかったけど…買えませんでした。残念…。

結局、かなり早く帰り着いてしまいましたよ…。 7876c05b.jpgもう少し時間が欲しかったです。

まぁ…足が限界だったし…今度行く時は、違うコースで、もっと足を鍛えて臨みたいと思います。

画像は、上が夜の京都タワー、中が出町ふたば名代豆餅、下が京都駅前。

京都で人力車体験☆

77129245.jpg京都は、市バスが充実していたので、市バス専用一日乗車券を購入して、銀閣寺から観て回っていたのですが…足を痛めてしまって辛い思いをしながら平安神宮を出て「今からバス乗らなきゃぁ〜」と考えていたら、「えびす屋」の俥夫のお兄さんに声をかけられて…ふらぁ〜と気持ちが人力車に乗せてもらう方へ傾きました

30分コース二人で、8000円。てことは、割り勘で一人4000円。意気投合して即決!ただ…気がかりなことが一つ。私、重いですよぉ〜大丈夫ですかぁ

 

db1754f1.JPGでも、お兄さんは見た目元気でした。トークは面白いし楽しかったぁ〜

 

 

1b2ff48a.jpg3ec4fed8.JPG

 

 

 

 

 

 

コース説明してもらったけど…よくは覚えていません。南禅寺前は通りました(画像4枚目←夕暮れでこんな感じにしか撮れなかった)

武〇邸とか、元首相の細〇邸とか某証券会社の野〇邸とか…しっとりした夕暮れを走ってもらいました。穴場コースって感じがよかったです。ちゃんと画像も撮ってくれるし…。

そして…私はとっても卑怯な画像を載せます。俥夫のお兄さん(中〇さん)、顔載せてしまって自分達は、思いっきり臥せてますごめんなさい。マニアックな騒がしいオバサン二人組…でした。(そっかぁ…あそこへ行く人は銀閣寺コースの観光客の中では、100人に一人だったのですね。情報誌に載ってたんです。「すべての災難をなぎ倒す」ってお守りが。災難除けというより、なぎ倒すってところが気に入ってしまったのですよぉ←某神社のこと)

京都行ったら、すすめぇ

それにしても…私達…4回、ここの俥夫さんに声かけられました。よほど足が痛そうに見えたのか、ノリがよさそうに見えたのか…。

因みに、この人力車は、190万円くらい(はっきり覚えてないけど180万っていってたかな…?)で、全国で一軒しかこれを作っていないそうです。

相方が、アンケート出すそうですよ…。一体何書いてんだろ…

転びはしなかったけど…

a834b8e6.jpg清水寺に行ったのですが…帰り、清水坂を下り「七味屋本舗」でけやきの瓢箪に入った七味とうがらしをげとして…すぐ横の三年坂(産寧坂)を見落とし、まんまと五条坂を下ってしまいました。

ま、なんとか気付いたわけで^^;判りづらい!

三年坂で転ぶと、3年以内に死ぬといわれる、ある意味恐い坂…。転びはしなかったけれど…もう足が限界になってました。

前日、銀閣寺の石段でガツンとやられ、その後の哲学の道が想像以上に足に負担になってしまい、そして本日の清水寺の石段と下り坂で駄目押し…。

三年坂の「くろちく」の足袋くつ下が欲しかったから無理してしまいましたが。あ〜足が痛すぎる…。侮れない…京都。

画像は、その足袋くつ下。4種類を6足購入〜! サイズが、23〜25cmのしかありませんでした。私は、23だからぴったりなんですけど。

これは、七味とうがらし 64570f61.jpg
聖舞です♪
聖舞が、きまぐれに書き綴ったブログです。
小野不由美さんの作品のファンですが、宝塚歌劇団の観劇も大好きです。
星組の、紅5のファンだったのは過去の話です。そんな時期もあったな〜と懐かしく思う今日この頃。

一応いまも全組観劇してます。



訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
おすすめ★
おすすめ小説
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めCD
Amazonライブリンク
お薦めDVD
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めDVD
  • ライブドアブログ