ちょ〜気まぐれ日記〜ライトファンのヅカ私的覚書〜

独り言、お茶話、スイーツ話、観劇・鑑賞話、HPの更新情報、私信等々…ちょ〜気まぐれな聖舞が気の向くままに書き綴った駄文

悠未ひろ

逆転裁判3アフタートークショー 2カップルトークショー(らしいw)

10日16時開演の公演の終演後。

ともちん、ちーちゃん、れーれ、ゆうりちゃん
司会カチャ

二組のカップル登場なので、自分たちで「2カッブルトークショー」としたらしい。

ほとんど覚えていないので、実際と違っているかも(´-ω-`)
一部、ネタバレの危険もあるため、まだ観劇されていない方は、引き返して下さいね。ネタバレでも構わない方はどうぞお進み下さい。

【相手役さんに対する第一印象】
ともちんからみた、れーれの印象
「オフの双子のれいちゃんとらんちゃん、見分けがつかなかった。宙組に配属されてからは、爆弾娘…何が飛び出してくるかわからないくらいパワフル。宙組の美脚の持ち主。私は男役なので、そんなふうにみてしまう」

ちーちゃんとかカチャがいったのか→「それ、問題発言でしょ!」

れーれからみた、ともさんの印象
「(前半省略というか忘れた)
ともさんの、足が…宙ファンタジスタの時のわっかのドレス着た時の美脚です」
ここで、なぜかめったにない女役の時が一番?といっていたような?

ちーちゃんからみた、ゆうりちゃんの印象
「ふりかえれば美人みたいな、普段のゆうりちゃんはおとなしいのかなと思っていた。
最近色々な役ユリアンとかやって、カラを破りつつあるようで、ゆうりちゃんのイメージが変わってきた。面白いところもある。ショーの時、ゆうりちゃんこんな表情できるのかと」

ゆうりちゃんからみたちーちゃんの印象
「薔薇に降る雨が初舞台生だったのですが。ちーさんの帽子被っている時…帽子からはみ出る…帽子のすきまからの目線がカッコイイと。帽子好きなので。ご一緒させて頂き有難うございます(←ここ、うろ覚え)」

続きを読む

宙組出演「華麗なる七人のアニキ」嵐にしやがれ

アニキゲスト宙組
凰稀かなめ、悠未ひろ、緒月遠麻、朝夏まなと、蓮水ゆうや、凪七瑠海、七海ひろき

かなめさんは、上下白。その他の皆さんは、黒っぽいので揃えた感じ。


追記。

あぁーすっごく楽しかったですっ!

やっぱり、芸能人の方と並んでも、人じゃないレベルの格好良さ♪

これで、またファン増えるかしら?

コラボレビューは、日テレがしつらえた大階段上で。(フレイヤの星と、タカラヅカフォーエバァー)
嵐の皆さん、さすが!短時間でちゃんとあそこまで振り覚えて踊ってる…。

夢のコラボでした。

普段のメイクで…コラボレビューっていうのも新鮮でした。
パレードの階段降りもありました。

一つ、驚いたこと。
かなめさんのお身体に手を触れる振りに、びっくり!だから、嵐のえっとどなたでしたっけ?録画したの観ないとわからないけど、男子がっ!?って思ったのは、私だけではないはず…。

秘密の掟解禁。

【宙組の掟】

★暗黙のルールは?

☆食べ物には、名前を書く。

★休日のファッションは?

☆胸元のあいた服を着ない。
スカートは持っていない。
デコルテを見せると男らしくみえない。首に何か巻いたりする。街なかにも、ファンの方がいらっしゃるので、夢を壊さないため。


★職業柄あるある

ニノが、「俺」っていっちゃうといったら…かいくんが、「わし」っていっちゃうと答えて。

かいくん、「わし」に笑いました。かいくんは、以前のグラフに「オタクではないです」とありましたけど、銀英伝の説明をタカニューでした時に、懐かしい何かを私は感じてしまいましたw
「夏目友人帳」とかお好きみたいでしたし。

☆座ると男。気を抜くと男っぽい座り方をしてしまう。格好良すぎるわ…。


★一番の力持ちは?


☆力持ちは、この七名の中ではちーちゃん。それで、同期のまぁくんとリフト披露。
それを、相葉くんと、大野くんでやったのだったかしら?

★思わずヒビるものは?

ここはカットされてました。


☆「虫」…気になりますよね。


アナウンサーかと思ったら、芸人さんだったんですね。
ヅカ以外しらないから、面白い人だと思っていたらw

ナレーションの若本規夫氏が、シャンシャンのことを「シャ〜ンシャン」ていってて吹きましたヾ(^v^)k


追記。
「虫」の件、かなめさんが死ぬほど嫌いな蝉を捕獲するために虫取り網を買って悪戦苦闘の話たか?

新生宙組「銀河英雄伝説@TAKARAZUKA」初日観劇

12628bb8.jp<a href=9e53192e.jpg
g" hspace="5" class="pict" />


8684d739.jpg

998becf7.jpg

ead0776f.jpg

1c750411.jpg

5dfa9ef8.jpg

0b56e244.jpg


一言でいうと、とても楽しかったです。

銀英伝、宝塚にぴったりじゃん!
ラインハルト様、キルヒアイス、ヤン・ウェンリー、オーベンシュタイン、ロイエンタール、ミッターマイヤー…そして、ヒルダに、アンネローゼ様。

私みたいにアニメしか(それも全話みてない)知らなくても、ちゃんと理解できました。
事前にあった、タカニューのちーちゃん、たらちゃん、かいくんの説明もかなりわかりやすかったし。
幕開きすぐから、入り込めました。

新生宙組、トップお披露目の初日って、やはりいいもの見られますね。かなめさん、泣いてましたよ。みりおんも、目真っ赤でしたが。
初日舞台挨拶の他に、カテコ三回でした。二回はスタオベ。背負った羽根は、翼をかたどった外側に黒いのと白いのがわさわさって感じでした。

原作者の田中芳樹氏もご観劇。幕間にあれ?この人って…と思っていたらそうでした。ていねいに何回もお辞儀されてました。
あと、植田紳爾氏もお見かけしました。公一氏や小池氏は、お客入りの時、立ってましたから、観劇してたんじゃないでしょうか。

スッシーさんの挨拶の最後に先日亡くなられた春日野先生の件にふれていました。

今夜は眠いので、ここに後程追記します。続きを読む

中日宙組 仮面のロマネスク アパショナード!!

初日から、水曜ごとにリピしています。

今日は、三回目。

何度観ても、楽しいです。

ヴァルモンゆうひさんが真ん中で、輝いています。ふりのひとつひとつが、もうたまらない( ´艸`)
ちょっとした指先ひとつに、うひゃうひゃとデレてます。

今回は、私はまさこさん固定らしいです。

それにしても、みなさん歌がうまい。ま、多少声量が気になる人もいるけれど、がっくりしないですむというかね。藤咲えりちゃんの歌、うまいです。

すみかちゃんの台詞が、やわらかくなってきたなと、今回感じました。

おやおや?えりちゃんトゥールベル夫人の最後の白いドレスって、観劇するたびに変化している気が…。
初日は、もっと白くて長いレースがついていて、スッシーさんが姫だっこしてハケる時、そのレースを踏んでしまい前に進めなくなっていたのです。二回目は、初日よりは短くなったレースがついていましたが、何事もなく姫だっこでハケていきました。で、今回はレースはなくなっていました。
そんなことは、どうでもいいことですがw

アパショも、何回観ても飽きないです。小林幸子か!と毎回突っ込みながらのあのお衣装。
盛りだくさん!
どの場面も好き。

マサコさんの、猫耳。今回は猫耳じゃなかったです。
一見形は、猫耳に似ていましたが…あれはお団子風にしてセーラームーンみたいにたらしてありました。一房だけグリーンが入ってて。お団子の先が尖った感じに作ってあって猫耳の形に似てましたけど。


今日は、二階席だっのですが、全体が見れるし上から観た時、こうなってたのかと思えると
ころがいくつもありました。

初日は、センターブロックの三列目だったので
近くてオペラ上げることもなくガン見で、二回目は、そこそこ全体が視野に入る一階席で、これまた初日にはわからなかった、ともちんの客席降りの様子もみれて…。



もう一回くらい観に行きたいですが、残念ながら、行けそうにありません。



マサコさんは、中日のあとすぐに組替えで、星組になります。
大ちゃんは、組替えもう少し先でしたっけ?


96e35d22.jpg

中日劇場 宙組初日観劇「仮面のロマネスク」「アパショナード!!供

804ecd9f.jpg


「仮面のロマネスク」と「アパショナード!!」の初日を観てきました。

久々に大満足なひとときを過ごすことができました。
カメロマは、雪組高嶺ふぶき、花總まりのは、映像で観ました。
ちょうど、当時の贔屓スターさんが退団してしまったあとで、なんとなくヅカへの想いが失速していた頃だったので。

再演の呼び声高かっただけのことはあります。釘付け状態で見入ってしまいました。

詳しくは後日。でもこれだけは先に書いておきたい。
すっぽんから、幕開きすぐに現れたのは、ヴァルモンゆうひ。

アパショナード、私はあさこさんの時に観劇して、ゆひすみプレお披露目の博多座の時のは映像しかみてないのですが。

いいわ〜!客席降りも三回あり、ギャー!っと歓声があがってました。

今日は、全体的に観たけど、なんとなくマサコさんに惹きつけられていました。

とにかく色々満載でした。

詳しくはこれまた後日。

初日だからだと思うのですけど、柴田先生が劇場入り口入ってすぐの柱の前に立たれておられました。

初日の舞台挨拶は、スッシーさんのあと、ゆうひさん。
そのあとも三回カテコがあり、あとの二回はスタオベでした。
詳しくは、CSでどうぞ。

名古屋キャトル、めちゃくちゃ混雑してレジの行列が長蛇でした。
出待ちも、さすがに初日。すごい人でした。私は、もう体力ないので離脱。
寒すぎだし。

美しき生涯/ルナロッサ観劇(編集中)

cc21c7cc.jpg

d173f09f.jpg

e30d18b1.jpg

42d6e7e9.jpg


34ceb477.jpg

8e6403e7.jpg

83c5acd4.jpg

c5048cc5.jpg


39ae4daf.jpg

520d4e75.jpg


宙組全国ツアー『銀ちゃんの恋』名古屋で観たよン

342735de.jpg
12日の15時30分開演のを観てきました。

結果的につか氏の追悼公演ぽい。
余談ですが…つか氏の娘、みなこちゃんはこの日、宝塚を水さん達と卒業…。日比谷は、すごいことになっていたに違いないです。

お席が、予想通りに美味しかったです。客席降りが多かったので、目の前を二回ユウヒさんが歩いて行かれました…!ぐっじょぶ!と呟いてしまいましたよ。
細い!かっこいい!ヅカメイク濃ゆいw

で、銀恋…ユウヒさんとすみかちゃんは花組の頃、この演目同じ役だったけど。ユウヒさんの銀ちゃん、めちゃくちゃなのに憎めないですよね。小夏のすみかちゃんも演技派だし。ヤス役のみっちゃんの芸達者ぶり!裏切らないこの人は。

ともちんのキザりたい専務、みさとさんの橘…。れーれも可愛くて(*^_^*)

肉の場面の、もやしが口からだらぁ〜にたまらなくウケました。
素直に楽しませてもらった舞台でした。

なんか、スポンサーの息子の台詞、ガンヲタにはツボなのがありましたねぇ。
あ、カサブランカの「君の瞳に乾杯!」に絡んだユウヒさんの台詞とかもありました。
全ツ恒例ご当地ネタは、名古屋だけに手羽先だったかな?京都の撮影所なのにというツッコミあり。

フィナーレも付いてて、男役の群舞のコンパクトなのや、デュエットダンス。

階段落ちシーンの階段(池田屋のセット)を使って、パレード。この時、みな役のお衣裳で登場。シャンシャンは、将棋の駒の銀をかたどったものでした。ユウヒさんは、あの派手な銀ちゃんのお衣裳に、白と赤の羽根背負ってました。そうそう、お衣裳のフチに電飾が付いててそれが暗くなると光って笑えました。

カテコは、二回ありまして、一回目ユウヒさんが、挨拶。緞帳が降りる時ユウヒイルミが光ってました!二回目は、全ツ恒例ご当地ジェンヌで、春風弥里さんが名古屋出身と紹介。
あれ?スッシーさんや、みさとさんの挨拶はなかったと記憶しています。

客席降りは、何回もありました。ユウヒさんや、赤ちゃん抱いたののすみちゃん、ギザりたい専務のともちん…あと忘れました^ロ^;

らんとむさん率いるバウ組は、前日の18時開演に、何人か観劇に来ていたとその時観劇した夫がいってました。(大ちゃん、カチャ、ちーちゃんあたりか?)私の時は、まさこさんはじめ4人連なって開演直前に入ってきて拍手が起こっていました。

あと、センター付近に二名きて私の前通っていったのは…もしや、まゆさん!?


ところで、全ツ…。今年は、春の星組、今回の宙組、そして秋も深まった頃花組と続くけど。

花組は、行けそうにないというか、行かないつもりです。行けても梅田以外は無理っぽいし。

これからは、「目標!ヅカ全作最低一回は観劇」は、やめようと思ってます。
そんなわけで、9月は観劇予定はすでに消化しました。10月は、星とか雪とか行きますけどね。

続きを読む

編集中、宙組『トラファルガー』『ファンキー・サンシャイン』観劇。

df38a76d.jpg



9e035664.jpg

abb688ab.jpg

1f679a2c.jpg


82b7fb17.jpg

60e7b259.jpg

042a7ada.jpg



観劇したのは、十日以上前です。
すっかり忘れてますおぉ…

リラ壁、星全ツ、宙大劇場、レベッカと、覚書が溜まってきました^ロ^;

自己満足の世界だから、誰が待っているわけではないけれど…。

観たい演目が、いくつか出てきたんですが…予定の調整ができません。

10観劇8 宙組『シャングリラ―水之城―』を観劇した。かなり前だけど

8460188d.jpg



ミュージカル『シャングリラ―水之城―』

作・演出:小柳奈穂子
作曲・編曲:吉田優子

<キャスト>空(ソラ)【記憶をなくした男】:大空祐飛、美雨(ミウ)【旅芸人一座の踊り子で巫女】:野々すみ花、嵐(ラン)【美雨の想い人で一座の座長の息子、レジスタンス】:蘭寿とむ、海(カイ)【シャングリラの王】:北翔海莉、雲(ユン)【座長の妻で嵐の母】:鈴奈沙也、氷(アイス)【海の側近】:悠未ひろ、風(フォン)【旅芸人一座の座長で嵐の父】:十輝いりす、欣欣(ヤンヤン)【九龍客棧の主人】:天羽珠紀、文雀(ブンジャク)【レジスタンス】:鳳翔大、雹(ヒョウ)【海・氷の部下】:蓮水ゆうや、霧(フォグ)【科学者】:純矢ちとせ、涙(ルイ)【旅芸人一座の座員】:七海ひろき、飛燕(ヒエン)【文雀の仲間、レジスタンス】:愛花ちさき、霙(ミゾレ)【海・氷の部下】:藤咲えり、蒼(ソウ)【旅芸人一座の座員】:蒼羽りく、紅(コウ)【旅芸人一座の座員】:愛月ひかる、少女:夢涼りあん、兄:彩花まり、弟:真みや涼子/ほか


※以下、思いっきりネタばれですので、ご注意下さい。
<ストーリー>近未来の核戦争後の日本。毒の雨の降る世界では、地上の水は汚染され、安全な水は誰もその場所を知ることのない幻の都・シャングリラの王によって支配されていた。

ある日、旅芸人一座の踊り子美雨は、砂漠の中で倒れていた男を助けるが、その男は記憶喪失だった。男は、美雨から「空」と名付けられ一座に加わることになる。助けてもらったお礼に空は、自分が持っていた首飾りを美雨に差し出すのだが、それを見た美雨は驚くのだった。その首飾りは、美雨が想い人・嵐に以前渡したものだったのだ。嵐は、水を独占するシャングリラの王から水を取り戻すために反乱軍に加わり、行方不明になっていたのだった。

一方、シャングリラでは、王・海が、兄の乗った飛行機が砂漠で消息を絶ったとの知らせを受けていた。側近の氷は、部下の雹にシャングリラの痕跡を残さぬように残骸の回収を命じるのだった。
嵐は、シャングリラに監禁され拷問を受けていた。そんな中、嵐は同じく監禁されている科学者の霧に出会う。

旅芸人一座は、シャングリラを目指して…。そんな中、空は記憶を取り戻していくのだか。


えーぶっちゃけ、美雨に付けてもらった「空」という名前は、ユウヒさん演じる記憶喪失の男の本当の名前でした。
なぜそうなったかというと、美雨と空は子供の頃、出会っていたからなんですね。
展開としては、現在のストーリーと過去の出来事が、入れかわりに繰り広げられていきます。はじめは、「?」だったのですが…観ているうちに、あ〜これは過去なんだなと理解できてきます。美雨が空に出会っていたことも、そして、空と海が兄弟だということも。また、この兄弟が、氷や雹、霙と出会った経緯も。
そして…空と海の二人がシャングリラの王であることも。

最後は、いい形で空と美雨は再会します。


フライヤー見た時から、これは好きな作品っぽいなと思っていましたが…期待通りの面白さでした。

斬新なのにジャパネスクなお衣裳も素敵で、ビジュアル的にも申し分なかったです。

ユウヒさんのコスプレは裏切らないですよ!惚れぼれものでした

ののすみちゃんは、フライヤーは、レジスタンスっぽかったけれど…実際はもう少し柔らかさのあるお衣裳でした。凛とした感じがよかったです。

今回宙組は、この『シャングリラ』組と、カチャが主演のバウ『ジュシャント』組なので…そのバウの場合、主演のカチャより上級生のスターさんは、なかなかキャスティングされないだろうし。脇を固めるのはベテラン上級生にしても。たから、このシャングリラの方は、スター揃いで豪華なんですよ。裏切らないカッコイイらんとむさんや、芸達者なみっちゃん、悪役が光るともちん、痩せた感のあるゆうやくんに、最近演技が上手くなってきたかもな大くん。
楽曲も素敵で、物悲しさが漂っていて…。歌は、皆が上手いから、安心して見ていられました。

今度の宙組の大劇場のフライヤーも、コスプレ全開なのでわくわく(≧▼≦)〜♪

カテコは、一回だったでしょうか。ユウヒさんが「ご観劇まことに有難うございました」って感じでした。

(2010年3月12日金曜日14時開演をシアター・ドラマシティで観劇)
続きを読む

09観劇38宙組『カサブランカ』を観た

c8a38356.jpg




9f2e10bf.jpg

718ccd7e.jpg

d72a6a58.jpg



1472cd80.jpg

2786d564.jpg

d520f385.jpg



efa987b8.jpg

f7cd138b.jpg

e4add6c5.jpg


ハンフリー・ボガードとイングリット・バーグマンのあの有名な映画『カサブランカ』の世界初のミュージカル化。新生宙組大空祐飛と野々すみ花のトップお披露目公演です。落下傘ではあるけれど…ユウヒさんがトップになれてよかったなぁ〜と思いましたよ(^_-)続きを読む
聖舞です♪
聖舞が、きまぐれに書き綴ったブログです。
小野不由美さんの作品のファンですが、宝塚歌劇団の観劇も好きです。
星組の男役さんのファンですが、ひっそりと応援中です。身の程をわきまえて
自分が楽しめたらそれでよし!と思っています。








訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
おすすめ★
おすすめ小説
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めCD
Amazonライブリンク
お薦めDVD
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めDVD
  • ライブドアブログ