ちょ〜気まぐれ日記〜ライトファンのヅカ私的覚書〜

独り言、お茶話、スイーツ話、観劇・鑑賞話、HPの更新情報、私信等々…ちょ〜気まぐれな聖舞が気の向くままに書き綴った駄文

宮崎あおい

『少年メリケンサック』をDVD にて鑑賞

29e0d438.gif

060a43ab.jpg

F1絡みの渋滞やら混雑やらが嫌で、自宅にこもるしかない状況だったし、子供の調子も悪かったので…息子に観る?と渡された(買ったそうです)DVDを観ることになりました。

今年、見逃した映画だな〜あおいちゃん出てるやつだとか思いながら観たら…。キョーレツで、でも笑えて…パンクはさっぱり分からないけれど、得体の知れないエネルギーを感じました。

TELYA役の田辺誠一、笑えたわぁ〜!あのアンドロメダなんとかって歌!
少年アラモードは、銀杏BOYZがやってるし。すごかった。
あおいちゃん演じるカンナちゃんの彼氏マサルの無臭な歌(行かないで〜を連呼するのやさくらを連呼する歌)も、耳から離れない…(笑)
少年メリケンサックの歌詞とか…。あれを報道番組で生放送〜w

監督・脚本:宮藤官九郎

出演:宮崎あおい、木村祐一、勝地涼、田口トモロヲ、三宅弘城、ピエール瀧、峯田和伸、田辺誠一、犬塚弘、哀川翔、烏丸せつこ、中村敦夫、佐藤智仁、波岡一喜、石田法嗣、ユースケ・サンタマリア、佐藤浩一

『陰日向に咲く』『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』をシネコンで。

1d73c1dc.jpg
劇団ひとり原作の『陰日向に咲く』

宮崎あおいちゃんが話していたのは、鳥取弁でしたっけ!?何度かウルッとさせられました。岡田准一くん演じるギャンブル好きの青年とジュピターさんのつながりが泣けたし…。

塚本高史くんと平山あやちゃんの話…。ドロ子が頑張ってました!


『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』
すごいとしかいいようのないジョニー・デップ。チャリチョコやジャック・スパロウとは全く違う…。

ミュージカル仕立てなので悪魔の所業が、見やすく感じられました。ストーリーは、よみ易く、思った通りの展開でした。

判事のエ〇ッぷりが情けなかったです…。
当分、ミートパイは怖いかも。


4f921c19.jpg

そういえば…そうかな。

 

 

 

 

 

キーワード検索を見てたら…「掘北真希 出演予定ドラマ 桜蘭高校ホスト部」というのがありました。

そうなの?ホスト部の「はるひ」役を真希ちゃんが?その辺りのことは、謎だけど…「花ざかりの君たちへ」の「瑞希」役をするから…それで、男装の漫画原作ってとこで、間違えたとか?そういえば…くりくりな目といい色白の肌といい…はるひでもぴったりな気がしてきました

ドラマ「生徒諸君!」前回くらいから真希ちゃん演じる木村じゅりあの境遇は苦しすぎます…。
 
ところで、宮崎あおいちゃんが、今日電撃入籍っていうのも驚きました!
数年前、NHKのドラマ「ちょっと待って 神様」が印象的でした。(昨年くらいにBS2でも放送されてた)
 
まぁ…ブログ更新してる自分が不思議ですけどね。
 
もう、やめる…とまで考えていたので…

『初雪の恋〜ウ゛ァージン・スノー』を観てきました!

deb09728.jpg

レイトショーだったから、カップルがウヨウヨかと思ったら…私入れて、4人!少なっ!

 まっ、恋愛モノ苦手だけど人目がないので気楽に観られました^^; あの『王の男』のイ・ジュンギと宮崎あおいちゃんが、京都とソウルを舞台にして、ひたむきな愛のストーリーを演じる…ときいたので、とりあえず観てしまいました。

確かに、イ・ジュンギは綺麗ですよ。あおいちゃんは、小さくて細くて可愛い☆

まぁ…イ・ジュンギ演じるミンが、あおいちゃん演じる七恵からもらった○○○を、なりゆきとはいえ、祖母にあげてしまったから、話がややこしくなったんじゃ?

見知った場所が、かなりでてくるので、そういった楽しみ方もできます。京都は、もちろん、神戸周辺や神戸異人館風見鶏の館とか☆

私的には、涙ひとつこぼれなかったけど…。(うがった大人だからなぁ〜私)ハッピー・エンドでよかったなぁ〜とは思いました。

公式サイトはコチラ


映画「ただ、君を愛してる」を観たぁ…



今日は、ようやくシネコンへ行きました。その時間帯で無理なく観れるのがこの「ただ、君を愛してる」でしたので、恋愛物を一人で観るなんてそんな恥ずかしいことを…とか思いつつも。今日、水曜だからレディース・ディだし

主人公誠人(まこと)は、玉木宏。「のだめ」のオレ様千秋とはまた違って優しい雰囲気でした。そして、大学の入学式の日出会った、宮崎あおい演じる静流(しずる)は、幼い容姿の変わった女の子。誠人の趣味はカメラ、そして病気から自分は薬臭いというコンプレクスをもっていました。静流も、あまり知られていない難病を抱えており、成長を止めていたのですが…。(ネタばれするといけないので…

予想以上によかったかも。

静流が、母や弟が死んだ病気は「恋すると死ぬ病気」といった意味がよくわかりました。静流の個展で、二人で過した頃の写真を観ている誠人といっしょにこちらも泣けますよ。

大学のクラスの人気者だったみゆき(黒木メイサ)も…切ないかもね

泣きたい方はどうぞ(とはいうものの私はウルッとした程度

公式サイト→http://www.aishiteru.jp/index.html

原作は、市川拓司「恋愛寫眞 もうひとつの物語」


 

映画「初恋」を観てきました


ようやく…無理に時間割いて行ってきました。こうでもしないとずっと観れないままだったしね。

あの有名な事件、府中での「三億円強奪事件」の犯人が女子高生だったという設定のストーリー。

1960年代後半…私自身とにかく幼すぎたので…周囲の大人の会話の中に出てきたという記憶がありますが、その後何度か映像化されていたのでそれなりに。

主人公みすず(宮崎あおい)と東大生の岸(小出恵介)の清い恋が切ない…。ジャズ喫茶Bのグループのリーダーの亮(宮崎将)は、みすずの実の兄。(そして実際に宮崎あおいチャンと宮崎将くんは兄妹です) 

この時代…混沌としてたんですね。あ…現在もそうかも

余談ですが…学生運動っていうと「十二国記」では、壁落人が思い出されます。彼も東大生でしたよね〜そして学生運動中に虚海の向こうの世界に…。

話を戻します!実行犯がまさか無免許の女子高生とはだれも思いませんが…主犯の岸は消息不明のままで、みすずは彼をずっと待ち続けているのでしょう。「心の傷に時効はないから」ね。

岸もみすずに捜査が及ばないように…きっと一生彼女の前には現れない気がします。深い切ない愛ですね。

「時をかける少女」の方がまだ待ち人に再会できそうな気がします。

 

この映画は同名の小説の映画化らしいです。なんと主人公と作者が同じ名前…。

 

公式サイト→http://www.hatsu-koi.jp/

 

 

続きを読む

大河ドラマとか宮崎あおいチャンとか

8ba31991.jpg今年の大河ドラマ「功名が辻」、放送当初、視聴率は伸び悩みとかって、どこかで読んだ記憶があるんですけど…私は、一話も欠かすことなく観ています!
千代の子役は、「女王の教室」の馬場ちゃん役だった子(名前わからないので興味ある方は調べて〜)だし、お市の方は、大地真央サマ、濃姫(帰蝶)は、和久井映見サン♪これだけで十分私は観ちゃいましたが…。ドラマの後半になってからは、泣かされることが増えました!一豊と千代の一人娘よね姫が地震で命を落とした回や、秀吉の妹あさひ姫がなくなった回は、泣きましたよぉ!
仲間由紀恵サンは、以前気になった舌ったらずな感じがなくなったように思います。好きな女優サンです。
画像は、海洋堂フィギュアミュージアムで、今年の5月頃買ったものデス。

ところで、次の次の大河の「篤姫」は、「純情きらり」の宮崎あおいチャンだとか。このコのドラマで思い出すのがNHKの「ちょっと待って神様」です。2004年一月頃の放送でした(その後BSで放送)が、不慮の事故で亡くなった泉ピン子さんが扮する主婦があおいちゃんの体に憑依(?)する話でした。面白かったので、忘れられないです。

いまや朝の顔☆映画も主演とかね〜「NANA」はともかく、私は「初恋」が観たいデス♪ようやくこの辺りでの上映が始まっているから〜〜〜
聖舞です♪
聖舞が、きまぐれに書き綴ったブログです。
小野不由美さんの作品のファンですが、宝塚歌劇団の観劇も好きです。
星組の男役さんのファンですが、ひっそりと応援中です。身の程をわきまえて
自分が楽しめたらそれでよし!と思っています。








訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
おすすめ★
おすすめ小説
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めCD
Amazonライブリンク
お薦めDVD
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めDVD
  • ライブドアブログ