ちょ〜気まぐれ日記〜ライトファンのヅカ私的覚書〜

独り言、お茶話、スイーツ話、観劇・鑑賞話、HPの更新情報、私信等々…ちょ〜気まぐれな聖舞が気の向くままに書き綴った駄文

壮一帆

心中 恋の大和路…覚書

image


さすがに、何度も再演されているはずです。

一幕は、笑いあり、絶妙なかけあいありで、飽きることなく楽しめました。月城さんの歌、いいですねぇ〜
二幕は、ゆうちゃんさんのぞうりの鼻緒を、あゆちゃんが、すげはじめたところから、涙が止まらないくらい泣きました。面格子の隙間から手をのばす、えりたん…。
大和路…最後の雪山…白い世界に二人で落ちいく様の哀れな美しさ。

まっつの熱唱がまた素晴らしい
カテコ三回とも、雪山へ落ちていく二人をやってくれました。初日ながら、舞台挨拶はなし。

楽日は、あるのかしら?舞台挨拶。


飛脚の踊りとか、目を、みはった。
言葉も、イントネーションとか、難しそう。
遊女、花魁ことばも、大坂だから「仁」みたいな話し方ではなく、綺麗な感じ。禿もいて可愛い。かもん太夫は、せしちゃん。かなとくんが、このかもんを好きなんだよね。
でっち達は、面白いし。ほたてまんの番頭さんとか、驚いた。

タカラジェンヌって、何でも出来るんだなぁ〜お稽古してるにしても、さすがだわ。


歌ウマさんが、あちこちで歌い、さらさちゃんとひなちゃん、舞園さんと、天舞音さん…そして、今回の最下の有沙瞳ちゃんが、一瞬舞台上に一人になり、歌っているところがあり、すぐえりあゆが出てくるけど、儚く美しく可愛い歌声がよかったです

えりあゆの綺麗さ…。あゆちゃん、また痩せた?美しくてびっくり!
雪組は、日本物が得意っていわれてたけど、えりたんトップで若き日、心中、前田慶次と、見事に日本物が続きますね。

えりたん、似合うし、上手いもんね

絶対観るべき作品です。

ちぎたさんが、壮絶美女すぎて!

99周年最後のムラの公演は、雪組の「Shall we ダンス?」「CONGRATULATIONS宝塚!!」で、それの制作発表記者会見の映像を観ました。

小柳センセーが演出。楽しくなりそうですね♪
えりたん、素晴らしく格好いい!ひゃあ☆
あゆたんかわゆ!そして、そして…ちぎちゃんが、女役、あの映画の監督周防氏の奥様草刈民代さんのやったお役。
ひゃあぁぁぁあぁぁぁあぁぁ…超絶びっじーん!!!
男役さんのやる女役って、ほんと格好いいわ
舞台は、日本じゃなくて、イギリスっぽいけど、そのあたりはぼやっとさせた、そんな感じ?みたいなところらしい。えりたんが、役所さんの役で、あゆちゃんはその奥様。
竹中直人さんのお役とか、どなたがやるのかなぁ〜?

これは、久々に超楽しみになってきました!


ちぎたさん、二番手に定着してもう何年?キムちゃんの御披露目から今の立ち位置。
お歌に難ありだったけど、ここのところ歌、かなり上達されたと思います。

そりゃ、観てきただけでなにもしたことないけど、宙組の頃、一番好きな生徒さんでした。
なんといっても、気楽な一般ファンだったから。
存在からして、かわいい人だしね(*^-^*)

ベルばら観劇以降は、某ブログさんでお姿確認するだけですが。

ほんと!超絶美女っぷり、楽しみです!格好いいえりたんと、キレのあるダンス、魅了されると思います!

ちぎた超絶の件がなくても、観劇は行くつもりでしたが、回数が増えるかな。
どうやって、時間つくるかだけどね。

現実甘くないから(;´д`)

ショーは、藤井センセーだから楽しそう!宝塚大劇場での99周年ラストの作品にして、100周年幕開けの東京宝塚劇場作品となる感じの、おめでたい感じがします。続きを読む

雪組次期トップコンビ発表!えりたんとあゆっち

おぉっ!?雪組次期トップコンビが、発表になりました。

壮一帆と、愛加あゆだそうです。

えりたんは、花組から雪組に組替え。前、雪組だったしね。(花→雪→花→雪)

来年二月の、中日公演がプレお披露目。
演目は、な、な、なんと!
「若き日の唄は忘れじ」と「シャイニング・リズム」だそうです。

蝉しぐれ…あれ、泣ける演目ですよ。懐かしい。シメさんとあやかちゃん。中日のプレお披露目でマリコさんとあやかちゃんでした。

えりたん、あゆっちおめでとうございます(*^_^*)

そだ!姉妹で、娘1じゃないですか!星の娘1のねねちゃんはあゆっちのお姉さん(*^ー゚)

自分のことじゃないけと、嬉しいです。

えりたん、よかったです(≧∇≦*)

花組「復活」「カノン」が、今年の観劇初め

ebef35c7.jpg


多くのヅカファンの皆様が、元日から村の初日を2日から東宝の初日を観劇されていましたが、私にはそんな自由はないので、観劇はじめは、1月12日でした。

一応当日B席狙いでしたが(^_^;)もしかしたらサバキでいいお席も出ていたかもしれないですが、節約したかったので…。
ですが、難波でちょっと野暮用に時間がかかってしまい、いつもより30分村に到着するのが遅れたので、当然狙い目は売り切れていました。なので、二階の上手3列目のA席の当日券にしました。

木曜の11時公演。
以前、マミさんがTVで話していたのですが。
木曜日は、劇場全体が重い。前日の水曜が休みなのでか…と。
観客のノリも悪いんですよね。

やはり、木曜の空気は重かったです。観客の入りも二階はすかすかでしたし。

そんな中でも、舞台は素晴らしかったです。

トルストイの「復活」、ロシア文学というだけで、難解な感じがしてしまうワタクシ。いつも、ズシッときますものね。

でも、今回はかなりわかりやすくヅカ的に演出されていたようです。
だからって、軽くはないですが。

ネフリュードフ蘭寿氏、カチューシャを救うためにすべてを投げ出す勢いでした。
歌声が悲しくて…。

カチューシャらんはなちゃん、なかなか難しい役でしたが、不憫すぎる。そして、悲しい。ヅカの娘役ではなかなかない役柄。

えりたんは、ネフリュードフの友人のシェンボック。ネフたんの親友でチャラ男で、でもいい人。今回で退団する姫花ちゃんと恋人同士。
私、ひめかちゃん好きで好きで、花組公演の楽しみは、ひめかちゃん探しだったので、すごく悲しい。

ま、そんな二人は、銀橋にも出てくるし、歌うし。

みわっちとじゅりあたんは、政治犯みたいな役で、カチューシャとみわっちシモンソンは…。ネタばれになるから、やめておきます(^.^)b

シモンソン、耐えなきゃなりませんよね。

あと、まーくんやだいもん、みつるもそれぞれ、よく目立ってました。ま、そういう役だし立場だしってこともあるけど、役をよくとらえた感じ。

最後は、ネフたんの前向きな決意の現れた微笑んでるの?と思うような表情に救われた気がしました。

蘭寿氏、素敵です。
なんか、優しさがふわぁ〜と出てくるのがたまりません。主題歌が、きれいだし。

演出は、石田先生でしたか。

ショーの「カノン」は、私的に好きなショーでした。
三木先生、作・演出。
観客少ないので手拍子とか小さかったけど。

カノンカノンカノン!ていう歌詞がぐるぐるしていました。

一番素敵で、みとれたのは、デュエットダンスの時、らんらんコンビの他に、えりたんとみりおんもデュエットダンス。それの見せ方、構図って表現でいいのかしら、とにかくかっこよくて。

この見せ方は、うまい!

久々に、 リピしたくなったワタクシでした。

でも、もう、そんな時間作れないから諦めましたけど。

蘭寿氏、やはりいいですよ。美しくカッコ良く。

そして、私はバウホールへ移動…。
e9dc3ca5.jpg

b27215e5.jpg

0ea31d47.jpg

8bfd22e7.jpg

fe3f5a3e.jpg

56064b58.jpg


花組『ファントム』まゆさんお披露目公演観てきました。

日曜日の11時開演のを観て来ました。

チケットは、母の入院手術の予定が決まるよりかなり前に入手していました。

今日は、息子が様子を見に行ってくれることになっていたので、なんとか予定とおり。

まゆさんのお披露目公演。
ゆうひさん、すみかちゃん、スッシーさん、越乃リュウさま、もりえさん、あと数名(未確認です)のジェンヌさんが、観劇に来ていました。グラサンでわからなかったけど、あの人気になる。あとかざりじんさんぽいお顔も見たような気がしたりしなかったりw

ほほほ♪眼福゚+。(*′∇`)。+゚

ゆうひさんの観劇にはわりと遭遇するような…。花組の頃何回かお見かけしました。いつも控え目に伏し目がち。すみかちゃんは堂々としていました。

まゆさんのファントムエリックは、やさしくていい人だった。クリスティーヌ蘭花に顔を見せたら…ってところの泣き叫ぶ場面、すごかったです。
ヅカのファントムは、狂気じみた蛮行には走らないし(あ〜走ってるのかな…そう見えない)、クリスティーヌも清らかなやさしい娘で。エリックの 父で元支配人えりたんとの抱擁は泣 かせたし。

以前のヅカの『ファントム』に加え、映画の『オペラ座の怪人』や、四季の『オペラ座の怪人』が、頭の中でごちゃごちゃに記憶されていて…。
まゆさん始め、えりたん、みわっち、カルロッタいちかたん皆歌うまい。そしてらんはなちゃん、こんなに歌上手かったかしら…。

まなとくんや、だいもんは今回は、団員だったけど、まなとくんは、若き日のエリック父役が、また素敵。
みつるは、カルロッタの夫。

例のシャンデリア落とし、四季ほどじゃないけどなかなか見せたかも。

紗幕についていた光る蝋燭は炎っぽかったです。

今回は、複雑な役変わりがあるので、何回か観ないといけない気はするのですが…。ランランコンビと、えりたんは変わらないみたいだけれど。

あまりにも暑いから、ムラまで行って帰ってくるのは重労働かも^ロ^;


そうそう、マイクが生きるのがちょっと早い時があって、「これで最後です」「ありがとう」みたいな裏会話が聞こえていましたw
まゆさん、ちゃんとお礼いってるのがいいな〜!


16889cca.jpg

編集中

f7a1a1f3.jpg

2e8e2084.jpg

ff81a3d7.jpg


41237b24.jpg

a4b20d1e.jpg

b4ad3b6c.jpg


a109bec4.jpg

a3f25c79.jpg

1e006484.jpg


802dc9ba.jpg




先日、花組『愛のプレリュード』『ル・パラディ』を観劇するためムラまで行ってきました。真飛聖(眉月 凰、真飛 聖 、真野 すがた、祐澄 しゅん、天宮 菜生、天咲 千華、鳳龍 アヤ、朝陽 みらい2011年4月24日花組 東京宝塚劇場公演千秋楽付で退団)のサヨナラ公演になります。

久しぶりに覚書しようかと思うのですが、またしても後程追記するしかないという情けなさです。

花組『麗しのサブリナ』『EXCITER!!』を観てきました。

bbbca374.jpg

1b7eac37.jpg

74afac5b.jpg

観客の入りが、よくないときいていましたが…。

私が行ったのは、会員割引のある平日15時公演だったからか、一階はA席両サイドが空席だったくらいでした。二階席はそんなに入ってなかったと思いますが。

幕間の抽選会もドリームビンゴもハズレました。

サブリナは、笑えたし…エキサイターも昨年の続編みたいなMr.YUの場面などあり楽しめました。

最近、覚書が出来なくなってますが、なんとかそのうち…^ロ^;

もう、入り待ち出待ちは体力も時間もないのでしなくなりました。

でも、ムラではジェンヌさん結構普通に歩いていたりするので、そんな時はラッキー☆と内心思うことで、満足してます。

行きの阪急電車に男役さんが二人別々に乗車してました。一人はウトウトしていたし、もう一人は、駅の改札出たところのエスカレーター踏み外して、転びそうになるところを、ビシッ!と手で身体ささえて何事もなかった感じで歩いていきました。ジェンヌさん、階段慣れてそうなのに…カワイイ(*^_^*)


帰りは娘役さん二人が、ソリオに消えていきました。色白ですらりとしていて、目立つんですよね。
続きを読む

10観劇10 花組『虞美人』を観劇しました。

5954ea9f.jpg



afc8cf10.jpg

fea7a8ef.jpg

81da9b6f.jpg




1571165e.jpg

d676f7d2.jpg




180bb001.jpg

5c875812.jpg




ミュージカル『虞美人―新たなる伝説―』〜長与善郎作「項羽と劉邦」より〜

原作:長与善郎
脚本・演出:木村信司
作曲・編曲:長谷川雅大、手島恭子

<キャスト>項羽(楚の武将):真飛聖、虞美人(項羽の寵姫):桜乃彩音、劉邦(項羽の好敵手、漢王):壮一帆、韓信(武将):愛音羽麗、王媼(居酒屋の主人、衛布の間諜):梨花ますみ、范増(項羽の軍師):夏美よう、張良(劉邦の軍師):未涼亜希、紅林(楚の将軍・宗義に仕える稚児):桜一花、衛布(殷通の臣下、のちに項羽の臣下):華形ひかる、季布(楚の武将):真野すがた、呂(劉邦の正妻):花野じゅりあ、子期(虞美人の兄):朝夏まなと、桃娘(殷通の娘):望海風斗、戚(村娘、のちに劉邦の側室):白華れみ/ほか

<ストーリー>漢王朝を築いた劉邦が、寝室で最期の時を迎えようとしているところからはじまります。そしてかつて義兄弟であり、覇権を争った項羽と、その寵姫虞美人が浮かび上がり…。虞美人草の咲く丘で項羽と虞美人が永遠の愛を誓い…。
紀元前3世紀、秦の始皇帝の死後、熾烈な覇権争いをした楚の武将・項羽と漢の劉邦、また、項羽の寵姫・虞美人との悲恋の物語…。

詳しくは、公式サイトなどでご確認下さい。
まとめる気力なしです^ロ^;続きを読む

09観劇43花組『相棒』観劇

20e180a4.jpg

ドラマは、あまりにも有名で、私もかなり観ていると思います。

それを、舞台化ってことですが、面白かったですわ!
まとぶんの開演のアナウンスから右京さん入ってましたから!

これが、今年最後の観劇でした。

上演は、年をまたいでやってますから、興味ある方は観られるといいですよ。

以下、追記分です。

原作・制作協力:テレビ朝日 東映
原案:輿水泰弘
脚本・演出:石田昌也


〈キャスト〉杉下右京(警視庁特命係係長・警部):真飛聖、パリス・エヴァンス(有名な作曲家・ピアニスト):桜乃彩音、神戸尊(警視庁特命係・警部補):壮一帆、内村完爾(警視庁刑事部部長・警視長):星原美沙緒、小野田公顕(警視庁官房室長・警視監):夏美よう、三浦信輔(警視庁刑事部捜査一課・巡査部長):眉月凰、女教祖:絵莉千晶、ノーマン・エヴァンス(パリスの夫、マネージャー):愛音羽麗、角田六郎(警視庁組織犯罪対策部組織犯罪対策5課課長・警視):未涼亜希、宮部たまき(右京の元妻・小料理屋の女将):桜一花、米沢守(警視庁刑事部鑑識課員・巡査部長):華形ひかる、伊丹憲一(警視庁刑事部捜査一課・巡査部長):真野すがた、稲田麦子(交通課女性警官):初姫さあや、暴漢:扇めぐむ、芹沢慶一(警視庁刑事部捜査一課・巡査):夕霧らい、アンコ(交通課女性警官)華耀きらり、キナコ(交通課女性警官):天宮菜生、モチコ(交通課女性警官):芽吹幸奈、キャロル(調律師、ノーマンの愛人とのうわさ、実は…):天咲千華/ほか


〈ストーリー〉東大法学部卒のキヤリア警察官だった杉下右京は、今や“人材の墓場”と呼ばれる特命係へ追いやられている。そして、相棒だった亀山の後任になったのは、特命係が有益な部署であるかどうか見極めるように上層部からの命を受けた神戸尊だった。

年末、世界的に有名な作曲家でピアニストのパリス・エヴァンスが夫と共に来日した。パリスは、警視庁も協賛する日米映画の音楽監督として、主演女優の代理で一日警察署長をすることになり、また幼い頃心臓移植手術を受け、健康になった過去があることからチャリティーコンサートも予定されていた。
ところが、パリスは、酒好きのヘビースモーカーで、一日署長の仕事も途中で投げ出してしまった。
また、パリスの夫ノーマンは、調律師のキャロルに言い寄っていた。
右京と尊は、官房室長の命で、パリスを護衛することに…。
それに、新興宗教が絡んできたりして…。

途中、実はパリスと右京が過去にロンドンで、出会っていたことなどもでてきます。パリスは芸名であり、本名リンゼイ・モローだったころに出会っていて、お互いそのことに気付いていたり…。


『相棒』シーズン6輿水泰弘氏脚本「新・Wの悲喜劇」を下敷きにしているそうです。
振付けには、パパイヤ鈴木さんも参加されているとか。続きを読む

09観劇31花組『外伝ベルばらアンドレ編』『EXCITER!!』2回目観劇

d4b11356.jpg

f6220e81.jpg

b0eb2254.jpg


三枚目の画像は、大劇場側から見た武庫川。

も〜くたくた。
行きは、吹田から渋滞にハマって…。
高速代1000円にするから、車だらけ。ドライブインは、なんじゃこりぁ〜なコミコミ状態。無料になった日には、どんな恐ろしいことになるのやら〜(;^_^A

ヅカも、たぶん立ち見出てたんじゃないかしら?満席だったし…だから観客ウヨウヨ…。新型インフルどこ吹く風?な雰囲気でした。
普段、こない家族連れが結構いたし。ここで、男性用トイレに行列できてたの、初めてみたかもです^ロ^;

私、この演目初日(同じ観劇のカテゴリー「09観劇30」に初日の覚書あり)を観てたし、もうリピートはないなぁ〜と思っていたのですが。だけど、子供に観せてあげたくなって、前日にチケット押さえちゃったわけなんです。
子供も、ヅカ観劇は初めてではないけど…。私みたいに頻繁ではないし。
たまには、キラキラしたもの観せてあげたいなと。

けど、夫が頼りにならず、一人で子供をみていたものだから(まぁ特別な事情があって大変なのね、うちの子)…これといって迷惑かけたりしたわけではないけど…しばらくこういうのに連れていくのはやめようと思いました。
細かい配慮をしたからこそ、迷惑かけずにすんだわけだけど…それってすごくしんどいのです。子供も私も。 

うちの子の場合、ショーは、わけわかんなくても楽しめるけど…お芝居はそうはいかないから。
退屈して、悲壮感漂う目で見つめられて、私たまらなくなって子供連れて、客席の外、ロビーに出ちゃったんですよ。
夫は、先日メンズシートで観劇したのに、今回ものめり込んでるし(それか寝ている)、いまやどちらがヅカファンなのかわからなくなってきました。

20分くらい休憩させてお席に戻ったら、アンドレがブイエ将軍家を尋ねてきてるところでした。マリーズとアンドレの再会のシーンにつながっていくところ。
て、ことは…あぁ…アラン達衛兵隊士とアンドレの男の友情を見逃したってことです。壮さんやまなとくん観たかったな(T_T)

ショーは、オペラグラスで観たり拍手や手拍子して、子供もまあまあ楽しんでいたみたいでしたが。

でも、私は疲れました。

そんな中で、おやっ?と思ったのは、マリーズ、貴族の令嬢としてベルサイユに行くための艶やかなドレス姿、前よりいいんじゃない?気品漂う感じ。前は、イモくさかったのよ。鬘とか髪飾りとか少し変えたのかしら?

あと、フェルゼンの台詞がねぇ〜なんだか違和感。あれだけオスカル詰っておきながら、なんであとで、オスカルの気持ちは気付かないでもなかったとかいうのかしら?
オスカルの気持ちを知らなかったからこそ、詰れたはず。知ってて詰ったなら、フェルゼンひどくないですか?あんなにオスカルは、「誰に詰られるよりおまえに詰られるのが辛い」って嘆いていたのに…。
中日劇場宙組の時は、オスカルの気持ちは、知らなかったっていってなかったかしら?私の記憶間違い?私の記憶なんてアテにならないですけどね。

今宵一夜のシーンが入って、マロングラッセの説明台詞に頼っていないのはいいけど…
みんなが、いい人になってしまって、革命へ流れる民衆の怒りなどが感じ取りにくい気がしました。
ま、ほとんどリピーターだから問題ないのかしらね。
あ!私、今回途中20分観てなかったけど、でも初日ではちゃんと観ていたし。

続きを読む
聖舞です♪
聖舞が、きまぐれに書き綴ったブログです。
小野不由美さんの作品のファンですが、宝塚歌劇団の観劇も好きです。
星組の男役さんのファンですが、ひっそりと応援中です。身の程をわきまえて
自分が楽しめたらそれでよし!と思っています。








訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
おすすめ★
おすすめ小説
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めCD
Amazonライブリンク
お薦めDVD
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めDVD
  • ライブドアブログ