ちょ〜気まぐれ日記〜ライトファンのヅカ私的覚書〜

独り言、お茶話、スイーツ話、観劇・鑑賞話、HPの更新情報、私信等々…ちょ〜気まぐれな聖舞が気の向くままに書き綴った駄文

アニメ

色々と、ツボなアニメ「氷菓」

昨年の春〜秋に2クール放送されていたアニメ。京都アニメーション制作。
原作は、米澤穂信の、古典部シリーズなので、うすっぺらくなく、深い。

原作発刊順ではなく、時系列順にアニメは進んでいきました。時代も、放送時の2012年になり、少々それに合わせて変更されてはいるようでしたが。
原作が、もっと新作が発刊されれば、またアニメ化もありそうな?

実写も、やれそう。
大抵は、がっくりさせられるので、奨励はしないけれど。

主人公の折木奉太郎
、省エネ主義。推理力に長けているが、本人はたまたまだとしか思っていない。

ヒロインは、千反田える。豪農の名家の娘で清楚な美少女だが、興味のあることには「わたし、気になります!」を繰り出し、奉太郎が推理することになる。

福部里志は、奉太郎の親友。データベース。奉太郎に密かに劣等感をもっているのか?


伊原摩耶花は、里志に、想いを寄せている。漫研にも所属。色々足掻いている感じが、私はいとおしい。

で、一番すごい人は、奉太郎のお姉ちゃん!何者なのだ!

私的ツボは、「クドリャフカの順番」の時の、まやかのコスプレを見て、さとしが「フロルベリチェリ・フロル」のコスプレとわかっていたこと。さとし、何者!?
ほんま、データベース!

そこで、私はぐわっしぃ!っと、捕まった。

まさか、ここでそれが出てくる?

フロルベリチェリ・フロルは、モト様の「11人いる!」「続11人いる!」に出てくる、未分化の雌雄両性体のかわいい子のこと。
それつながりだと、最近、スタジオライフの「続11人いる!東の地平 西の永遠」の舞台を観劇してきたところ。

氷菓のアニメや、舞台化で、それに触れられる嬉しさに泣いた。

あれ?だんだん話が、ズレてきたような?続きを読む

シネコンで「けいおん!」観た。

昨日、公開された映画「けいおん!」を観てきました。
24a20524.jpg

ba50a1b4.jpg


卒業前に、軽音部の5人が、イギリスに卒業旅行に行く話(あずにゃんは、高2だけど)で、本編で、あずちゃんに4人がプレゼントした曲がどうやって出来たかってことがわかったというか。
お約束のさわちゃんが遅れて合流もありました。
クラスメートもキャラ立ってて人気があるため、観ていて微笑ましかったです。
オカ研の二人も出てたし。

イギリスの回転寿司は、なかなかすごい店内で、色々笑えました。

それにしても、イマドキの女子高生って卒業旅行に海外行くのは定番なのですか?
大学生なら、驚かないですが…。


あ!唯ちゃん達の両親、初めて登場したのでは?

原作では、ちらっと出てた記憶あるんですけど。

『崖の上のポニョ』を観た

4a44c17b.jpgどこの家庭でも、子供が歌ってるらしいですね。

たしかに…映画館の予告編で聞いてから、あの歌頭から離れなかったですもんね☆

TVで流れ始めたら、もうそこいら中で、口ずさんでたし^ロ^;

子供連れて観てきました。18時からの上映の回だったから、子供少ないかと思ったら…甘かったデス。夏休みの土曜日ですもんね。

むずかってる子が何人もいました…。
あまりに幼い子は眠いのかしらね。
話は、不思議だったけど、楽しく観れていたんじゃないかな〜って感じでした。ポニョ可愛いわ。
五歳児でも理解できるっていうのが、いいですよ〜☆
お年寄りが、元気になって、嬉しかったし。自分の親と重ねてみてしまいました。
しばらくは、映画も子供中心〜☆

アニメ夜話…

『時をかける少女』と、番外編の『精霊の守り人』の回だけ観ました!

忙しくても、外せないもんね〜!

ポチッとお願いします

『神の守り人』来訪編・帰還編を読了ぉ〜☆

読書する時間がほとんどないので…のろのろ読み進めていましたが…『神の守り人』来訪編・帰還編の2冊読み終わりました


『神の守り人』は、外伝の『虚空の旅人』の少し前から始まって、虚空の少し後までの、ロタ王国のお話でした。新ヨゴ皇国やそこの人々も少し出てきますけど。このお話の途中で、ロタ王ヨーサムが、サンガル王国の新王即位の儀に招かれています。チャグムがサンガルで動いている時、バルサ達もこんな大変なめに遭っていたんだなぁ…と。


ロタ王国は、昔、タルハマヤという恐ろしい神を内に宿したサーダ・タルハマヤ(神とひとつになりし者)というシウル族の娘に支配された時代があり、ロタ氏族のキーランがその娘(長い間年をとらなかったらしい)を〇して…ロタ王家を築いた歴史がありました。シウル族は、その後、タルの民(影で生きる)となり…ロタ人から虐げられて生きてきたのですが…。


これ以上は、ネタバレと思われるので止めておきます


バルサがアスラ(タルの民の12歳の美少女)を連れて逃げたあと…自分のような思いをさせたくなくて…アスラを思いやる姿や、タンダがバルサを介抱する様子と二人の空気…なんともいえないいい雰囲気で


シハナという女性がしたたかで、策士で…さてこれからどうつながっていくのやら


タルシュ帝国が、この先出てくるのでしょうね。『蒼路の旅人』『天と地の守り人』三部作、4冊未読のため、わかりませんけど…かなり面白そう




 

『虚空の旅人』のかんそー?

『守り人』の外伝。

今、『神の守り人』来訪編を読んでますが…。ちょうどアニメの4話も観たところなので…。

『虚空の旅人』は、14歳のチャグム皇太子が出てきます。

この『旅人』では、バルサやタンダやトロガイは出てきません。新ヨゴ皇国のチャグム皇太子がシュガと共に、サンガル王国の新王即位の儀に招かれて…。タルシュ帝国の仕掛けた陰謀に…チャグム達も巻き込まれていくとい展開。

サンガル王国の第二王子タルサンや第三王女サルーナ…ラッシャーのスリナァ、ナユーグル・ライタの目になってしまった幼いエーシャナ、島守りとか。登場人物は多いのかも。即位の儀に招かれた各国の王達なども。

アニメ『精霊の守り人』の方は、原作の展開に肉付けされて…でも、嫌な気はしないので楽しんでいます。チャグムの兄にあたる、第一皇子(『精霊の守り人』の時点での皇太子…これでも十分ネタバレかもね)サグムが、原作ではほとんどチャグムとの関わりがなく…兄弟の情などもない感じだったのに、アニメではそのあたりも描かれていて…ふぅん…と見入ってしまいました。

バルサ…豊満だよね…ぃゃ、そのぉ〜^^;なんでもないですぅ

地震のとき読んでいたのは…

『夢の守り人』でした。

ぃぇ…高速道路走行中の車中でかなりヤバイ状況なのに…読み耽っていました。地震に気が付かなかったんですよね。

今夜、結局…読み終えてしまいました。

これは、ファンタジーなんだけど…ズシリとくるものがあります。

どんなに気持ちが、塞いでいても…些細なことに歓びを感じたりする自分を私も知っていますもん。案外、人ってしぶといのかも。(私がしぶといのかもぉ

バルサとタンダ、トロガイの過去、チャグムの苦悩、一の妃の心…。

『たのまれ屋』のトーヤは、美少女のサヤと夫婦になって店を構えていたり…。そこでトロガイとシュガが密会していたり。

タンダが、かなり頑張ったのかなぁ〜魂も身体も。

『精霊の守り人』の登場人物が、再登場で、なんとなく嬉しくもありました。

感想ではないですけど…一応読んだってことで。

 

アニメの方は、第2話で…追っ手の狩人達との戦いの前まで。凄腕らしい感じがよく出ている狩人達でした。

バルサの声が低く心に沁みる…いいなぁ〜

『精霊の守り人』公式サイト

 

そういえば…読み終わってた


忙しくて…それどころじゃなかったのですが…『闇の守り人』読み終わっていました。いつだったか、数日前か

バルサが、生まれ故郷のカンバル王国に戻って…過去を清算する話というか…結果的に養い親のジクロの魂を救い、カンバル王国を救った話とまとめればいいのかしら?

結構ムサ氏族のカッサくんが活躍してました。

そういえば…アニメでは「バルサ姐さん」とトーヤが呼んでたような…。タンダが顔見せの時。

ところで…夜の読書はかなり堪えます。以前は平気だったのに、疲れること!

 



最近観ているドラマ(火曜)

なんといっても「ヒミツの花園」が一番面白いデス釈由美子は好きなんですよ。「スカイ・ハイ」のイズコのコスプレ似合ってたもん♪(かなり前の話だけど^^;)それに、堺雅人とか…。4兄弟が良い!そして、真矢みきとか。

目が離せない展開になってきました。

その前の時間に放送している「今週妻が浮気します」もまあまあおもしろい。ユースケ・サンタマリアと石田ゆり子。

そして…深夜アニメを録画です。デスノゴースト・ハント東海地方だからね^^; 結局…私には、地味で平凡でささやかな楽しみしかないことがわかったような…。

 

 

 

 

 






最近観ているドラマ(月曜)

今日は、大ショックなことを他所さまで見つけ…思わず自分でも検索してみたら…ガガーンホントだ…しばらく立ち直れないかも

月曜は…子供がアニメとか見ている(?)ので…なんとなくみて…。

ドラマは「月9」だけ。もこみち君の面白い髪型みて珍しがっていたのに…もう見慣れてしまったようです。母の愛は無償よねぇ〜って思います「東京タワー」

香椎由宇の前髪も珍しかったけど…。やはり慣れました。

  そして「十二国記」再放送…。



聖舞です♪
聖舞が、きまぐれに書き綴ったブログです。
小野不由美さんの作品のファンですが、宝塚歌劇団の観劇も好きです。
星組の男役さんのファンですが、ひっそりと応援中です。身の程をわきまえて
自分が楽しめたらそれでよし!と思っています。








訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
おすすめ★
おすすめ小説
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めCD
Amazonライブリンク
お薦めDVD
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めDVD
  • ライブドアブログ