ちょ〜気まぐれ日記〜ライトファンのヅカ私的覚書〜

独り言、お茶話、スイーツ話、観劇・鑑賞話、HPの更新情報、私信等々…ちょ〜気まぐれな聖舞が気の向くままに書き綴った駄文

2012年観劇覚書

2012年の観劇記録

1月
花組 村大劇 復活/カノン【蘭寿とむ、蘭乃はな、壮一帆】
雪組 バウ  インフィニティ【未涼亜希】
2月
宙組 中日   仮面のロマネスク/アパショナード2(初日)【大空祐飛、野々すみ花】
月組 村大劇 エドワード8世/ミスティステーション(初日)【霧矢大夢、蒼乃夕妃、龍真咲、明日海りお】
宙組 中日 仮面のロマネスク/アパショナード2【大空祐飛、野々すみ花】
宙組 中日 仮面のロマネスク/アパショナード2【大空祐飛、野々すみ花】
3月
雪組   村大劇 ドン・カルロス/シャイニング・リズム(初日)【音月桂、舞羽美海、早霧せいな】
キャラメルボックス 名鉄ホール トリツカレ男(出演者全員舞台挨拶
スタジオライフ 名鉄ホール OZ (出演者全員舞台挨拶)
星組 バウ 天使のはしご【涼紫央】
星組 バウ 天使のはしご【涼紫央】
星組 バウ 天使のはしご【涼紫央】
4月
宙組 村大劇 華やかなりし日々 /クライマックス【大空祐飛、野々すみ花、凰稀かなめ】
5月
花組 バウ 近松恋の道行【愛音羽麗】
星組 村大劇 ダンサ・セレナータ/セレブリティ【柚希礼音、夢咲ねね】初日
6月
星組 村大劇 ダンサ•セレナータ /セレブリティ【柚希礼音、夢咲ねね】
星組 村大劇 ダンサ・セレナータ/ セレブリティ【柚希礼音、夢咲ねね】
星組 村大劇 ダンサ•セレナータ/セレブリティ【柚希礼音、夢咲ねね】
月組 村大劇 ロミオとジュリエット 龍ロミオ明日海ティボルト【龍真咲 、愛希れいか、明日海りお】
月組 村大劇 ロミオのジュリエット 龍ティボルト明日海ロミオ【龍真咲、愛希れいか、明日海りお】
7月
雪組 梅芸メイン フットルース 【音月桂、舞羽美海、未涼亜希、沙央くらま、蓮城まこと】
雪組 バウ 双曲線上のカルテ 初日【早霧せいな、夢乃聖夏、星乃あんり】
8月
星組 東京宝塚 ダンサ・セレナータ/セレブリティ 【柚希礼音、夢咲ねね、涼紫央、紅ゆずる】
星組 日経ホール トークスペシャルin東京 【壱城あずさ、天寿光希、夢妃杏瑠】
中日劇場 東宝 エリザベート 【春野寿美礼、山口祐一郎、岡田宏暉、寿ひづる、古川雄大、鈴木知憲】
中日劇場 東宝 エリザベート 【瀬奈じゅん、マテ•カマラス、石川禅、杜けあき、平方元基、加藤清史郎】
宙組 村大劇 銀河英雄伝説@TAKARAZUKA 初日 【凰稀かなめ、実咲凛音、悠未ひろ、朝夏まなと、緒月遠麻】

9月
星組 バウホール ジャンルイ・ファージョン王妃の調香師
【紅ゆずる 真風涼帆 早乙女わかば】
星組 全ツ某所 琥珀色の雨にぬれて セレブリティ
【柚希礼音 夢咲ねね 十輝いりす 】
星組 全ツ某所琥珀色の雨にぬれて セレブリティ
【柚希礼音 夢咲ねね 十輝いりす】
星組 全ツ某所琥珀色の雨にぬれて セレブリティ
【柚希礼音 夢咲ねね 十輝いりす】
宙組 村大劇 銀河英雄伝説@TAKARAZUKA
【凰稀かなめ 実咲凛音 悠未ひろ 緒月遠麻 朝夏まなと】
星組 全ツ梅田 琥珀色の雨にぬれて セレブリティ【柚希礼音 夢咲ねね 十輝いりす】
星組 全ツ梅田千秋楽 琥珀色の雨にぬれてセレブリティ 【柚希礼音 夢咲ねね 十輝いりす】

10月
雪組 村大劇 「仁-JIN-」「ゴールド・スバーク」初日
【音月桂 舞羽美海 早霧せいな 未涼亜希 北翔海莉】
月組 バウ 「春の雪」【明日海りお 宇月颯 珠城りょう 】
フランス版ロミオ&ジュリエット 梅芸メインホール【シリル・ニコライ ジョイ・エステール】

11月
星組 村大劇「宝塚ジャポニズム 序破急」「めぐりあいは再び2nd」「エトワールドタカラヅカ」初日【柚希礼音 夢咲ねね 紅ゆずる 真風涼帆】
花組 バウ「ヴィクトリアンジャズ」【望海風斗 鳳真由 】
星組 村大劇「序破急」「めぐりあいは再び2nd」「エトワールドタカラヅカ」
星組 村大劇「序破急」「めぐりあいは再び2nd」「エトワールドタカラヅカ」

12月
星組 村大劇「序破急」「めぐりあいは再び2nd」「エトワールドタカラヅカ」貸切、特別イベントあり
星組楽 「序破急」「めぐりあいは再び2nd」「エトワールドタカラヅカ」続きを読む

スカステ貸切の特別イベントは…。

NEC_0734

NEC_0732

NEC_0731

NEC_0733

NEC_0730
続きを読む

星組「宝塚ジャポニズム〜序破急/めぐり会いは再び2nd/エトワール ド タカラヅカ」初日

NEC_0702-1


NEC_0699-1

NEC_0698-1
NEC_0697-1


NEC_0703

NEC_0704-1

続きを読む

仏版R&J(ロミジュリ)観劇

NEC_0669


折角、日本で観ることが出来るのだから…この機会を見逃してはいけないってことで、随分前からチケット買ってありました。今年の二月末に発券して自宅で保管…。

実は、幕開きから10分くらいですが、観ておりません。ま、その事情はのちほど。

星組のロミジュリ、雪組のロミジュリ、昨年の城田優くんや山崎育三郎くんのロミジュリ、月組のロミジュリ、と一応観てきたわけですが…本家のフランス版…色々思うところがありました。

楽曲は、聞き慣れたもので、どの出演者さんも、素晴らしい歌唱力!

思わず、涙ぐんでしまいました。ジュリエットの心情、乳母の歌(あの、ハハハってやつ)や、ジュリエットへの気持ちを歌ったのや、大公の苦悩、キャピュレット卿の娘をおもう父の気持ち、など。
特に、ティボルトの歌に惹きつけられました。

城田くんや昆ちゃん達のは置いといて…ヅカ版との違いがよく理解できたと思ってます。
設定なども、本家にないものがあることがわかりました。
例えば、キャピュレット夫人と甥のティボルトが、深い仲だとか…。それがないので、例の夫人の花キャッチはありません。
仏版は、モンタギュー卿って出てないような…。確かに、ヅカ版でも彼には持ち歌なかったし。夫人の方はあったけど。

死と愛、これは愛は、ヅカ版のみというのは知っていたけど…思った以上に観たことない「死」でした。これほど、絡みついたりしてくるのか…。
そして、ロレンス神父からロミオに宛てた手紙を、自分で破るのか…とか。
そして、「死」は女性体だった…。

「もう一度キスを」この台詞もなかった。
セットが高いから、あれではキスは無理っす。

指輪を乳母に託すこともなく。

ロミオが服毒自殺をして息耐えた時に、仮死状態から目を覚ましたジュリエットが、すぐにロミオが死んでいると理解するのは、驚きました。

ねねちゃんが、「ロミ〜オ ロミ〜オ」と甘えた声で起こそうとして、あらなんだか変?と気づくまでが、また悲しみを誘うのですけど。ナイス!イケコと言いたいです。

で、仏版で一番私が納得したのは…。
マーキューシオをナイフで殺してしまったティボルトを、ロミオが逆上して殺してしまったあと。
亡くなった従兄弟にすがりついて泣くジュリエットを初めてみたのではないかと。
これを観た時、日本での全ティボルトが、救われたっ!と内心叫んでおりました。
ティボルト、やったよ、あなたの好きなジュリエットがすがりついて悲しんでいるよ(; ;)って。


二人の死によって、両家は過ちに気づき争いをやめたわけですが、こういうのは言葉がわからなくても、伝わってくるものですよね。

幕が降りて、拍手の嵐。
もちろん、何度かカテコありました。
その度に、用意されていたアンコール用がいくつも見せていただけました。
最後は、「大阪すばらしい」だったかそれっぽいこと叫んでもらって。
拍手、手拍子やりすぎて、手のひら真っ赤になってしまいましたw
スタオベでした。

終演後、中二階で出演者のあいさつがあり、すごい人だかりでした。

久しぶり楽しかったな〜と思えたわたくし。

人って、こういう楽しみは必要ですよ。




続きを読む

雪組初日「JIN-仁-」「ゴールドスパーク」観劇[1]

雪組の初日は、すごい人でした。立ち見出てました。

「JIN」は、いつものお芝居より長く1時間45分。さいとーちゃんです。話はすごい早い展開なのですが、ちゃんとまとまっていたと思う。そしてキャラの持ち味がちゃんと出ていて、よかったです。けいちゃんみみちゃんはもとより、ちぎたさんの龍馬はよかったです。けい、まっつ、みっちゃん(専科)の同期、ちぎた、ともみん、こまの同期、ながさんとはっちさん同期という、あっちもこっちも夢の競演のようでw退団する杏奈ちゃんらの見せ場もあり。
白浪五人衆とか、笑った。
紙ヒコーキを客席に飛ばすところ、あれ、生徒さんのコメントとサインが書いてあるらしいです。自分のところに運よくきたら、もらって帰れるチャンス!(Twitter情報)

ショーの方は、いつもより短い45分。中村暁氏。とにかく、ずっと見逃せない。どこもかしこも見せ場!
客席降りも有り、目の前に大ちゃんがきてた!ほっそいし綺麗。
少しまえに、きゃびぃがいて、小柄だぁ〜顔小さい。

楽しかったけど、周り泣いてました。

私は、ショーの幕開きで、けいさんみた時泣けた。

あと、杏奈ちゃん(仁)の、夕霧(花魁)の最期の場面、「おさらばえ」に涙…。
うわーん(ノД`)
あとで、続き書きますw

ちょっと、現実忙しいからσ(^_^;
NEC_0628

星全ツ「琥珀色の雨にぬれて/Celebrity」前楽と楽観劇ざっくり覚書

結局、星全ツは、あちこち行ったので5回観ました。普通のファンの方は、もっと観ています。
私などは、まだまだw

梅田での前楽、楽の日、台風が接近してひどい目にあったのは言うまでもありません(+。+)アチャー。

でも、まあ…いいこともあるにはあったから、いいかと、思ってます。

「琥珀色の雨にぬれて」は、柴田先生作、演出は正塚先生。

前回みてから、約半月…。ちえクロードが、店(フルール)のお客に絡まれていた、ねねシャロンを助けたあとのこと。
「素敵な公爵」っていって、ちえちゃんの頬にちうする場面…。あそこ、周りの人たちの拍手って二回入っていたはずなんだけど…前回観た時はね。
拍手一回になってました。
前楽と楽、両方ともそうでした。どこあたりの公演で変更したのかしら?
ねねちゃんが、お礼いったところで一回拍手、ちうしたあとで、ちえちゃんがちうにびっくりしてあとずさるような振りが、入ったところで「おぉ…」って、その様子に笑いながら拍手が二回目入るって感じが、後の一回だけになっていました。

あ、その方がちえちゃんの気持ちも周りの人たちの気持ちもはっきりとしてきますかね?

このお話。
主要キャラよりむしろ、ジゴロの面々の方がおいしいと思います。
男役の魅力のみせどころです。
ジゴロは、観るたびにみなさん、格好良くなっていきましたが…。
特に、みっきい、まおくん、ことちゃんは良かったです。
みっきいは、わんこちゃんと踊る場面もあったし、フォンテンブローの森で、クロードがシャロンやその取り巻きと出会った時も、ねねちゃんとタンゴ踊りながら上手に、はけていったりとか、仕種がいちいち格好いいし、色気がね、あるの。

ことちゃんの悪い表情なんかたまらん。

まおくんは、自分の恋人に振り回されてるっぽいけど、なんか寂しさとかが漂ってて…。

シャロンのパトロンのぽこちゃん伯爵も、よくなっていった。

ちえちゃんと、どいちゃんの会話が梅田ではウケてて…観客はよく笑ってました。
ラジオから、タンゴとか…ね。

そして、何年か前に観た時の私なら、フランソワーズに感情移入していたと思うのですが、ねねシャロンの気持ちがよくわかって、辛いよねぇ…と。

歌も、好きで、かなり頭に残ってました。
マジョレ湖のシーンなんて、映画みたいでした。

「Celebrity」(作、演出は、稲葉氏)

大阪では、やはり大阪ネタのアドリブ。なんていったかは、もう忘れましたけど、帰ってきましたぁーとかいってたような?

で、しーらんのボス、前楽では「何もかも、美しい思い出」とねねちゃんの物まねっぽく入れたところで、笑った…。楽の時は「千秋楽や」みたいなことだったかな(忘れたわ)

アカプルコの歌も、全ツでは長く歌っていたみっきい。あの、白いお衣装で、とよこさんが歌っていたところを担当。きれいな歌声で、消え入りそうに歌ったりで、ドキドキしました。泣いていたの?
エイトサファイアも、ダイヤモンドハンターも、ねねちゃんも…、そして、やたら格好いいダンスも見納め。
わたくし、男役さんのダルマも好きなんです。
群舞ももちろんですけど。
大阪の客席降り、もはやねねちゃんのバキューンには間に合わず…。もういいやん、間に合わんくてw的な空気でした。

前楽、楽のあいさつは、ご当地出身ジェンヌ紹介。
組長も、ちえちゃんも大阪。(ほかにもいたけど)
兵庫県の人は、こういう機会って絶対ないのかしら。本拠地が、兵庫だからね。

でも、ご当地出身と、紹介してもらえる方は恵まれていますよ…。自分の出身地での公演がない方もいらっしゃるわけで。

舞台挨拶は、組長万里柚美さん、そしてちえちゃん。
カテコ何回あったんだったか忘れましたが。
4回くらい?
星組ばんざーいとか、お客様ばんざーいとか?
最後のきめあいさつは、かならず「本当に」と出るちえちゃん。そのたびに、前のお席の男性がバカウケで、大声で笑ってましたわ。これが、ちえちゃんクオリティ☆それでいいのです!

みなさま、お疲れさまでした。

トークスペシャル in 東京#61の覚書について

wwwww

大まかには、あってたけど…結構細かいところは間違ってましたねσ(^_^;

ま、しゃあないですわ。

メモと記憶で起こしたんだから。
だから、修正したりしませんw

そんなことより、少し、気持ちがゆるぎはじめてたのが、踏みとどまれた感じです。

何ひとつ、応援してる気持ちなんか伝わってないじゃん…と思いはじめていたところだったので…。


やはり、いい子達だなw


NEC_0566


銀英伝@TAKARAZUKA 2回目(今日じゃなくて先週)

なんか、日々変化しているという話はきいていたけれど…。

確かに、あのマントプレイとか、ぐるぐる巻きがなくなったし…。

初日観劇した時、見逃していた部分もあったらしく…今回はより理解出来た感じ。そして2幕の展開の早さw


今回は、気になる研1さんを探してみました。民衆とか遺族とか、ロケットの場面のはずだけれど…確定出来ない歯がゆさ。

ま、いいや(^o^;

歌は、かなめさんはじめ、皆が安定していてよい。みりおんの歌は綺麗でした。
この子は、カナリアの時、鬘の色と衣装のピンク色、そして舞台化粧がなんだか似合わないなぁ〜と思っていたけど、今回、綺麗です。

づっくんが、エトワールやってて…ツボ。

そして、大階段降りてきたかなめさんの、ナイアガラが綺麗に決まりました!
初日の時は、みな妙に高揚してそれどころではなかったのでどうだったかわからないですが。



原作ファンの方なのか…舞台に引き込まれているのは、すごくわかるのですが…。

とりあえず、前のめり(前傾姿勢)はやめてね。

まったく後ろの席の人が、見えなくなるから。その点だけ、お願いします。

ホタル嬢が、近くに来たときに、こっそりお願いしてみました。
でも、二幕になったら、またやり始めたので、あきらめました。
今日は、そんな日だと思うことに…。

双璧の舞台写真をげとしてきました(≧∇≦*)

NEC_0548


それにしても…あの照明とかセットとかもろもろ、何ひとつ欠けても、成立しないですよね。

沢山の人達の力が結集して、見事な作品になっているのだな…と今更ながらに思いました。

星全ツ「琥珀色の雨にぬれて」「Celebrity」ざっくり覚書

大人の恋の話だから、一般にはウケはよくないかもしれない。
実際、お子さま連れなんかはお子さまが退屈していたし。ちょっとヅカ観てます的なライトふぁんのおばさまも、「スカピン」や「エリザ」ならよかったのにという会話が…。
けどさ、全ツには、お芝居とショーの二本立てじゃないといけないでしょ。(例外、宙組の銀恋なんかもあったけど…)エリザやスカピンだとショーがない。それにあんな大作、盆は回らないは、セリはないはっていう地方の舞台でどうしろと?セットもあんなの運んで各地まわれへん。

何度も同じ作品をみてきた人には、見所は沢山ある。ねねちゃんが、シャロンをやれているのが素晴らしい。娘1なりたての頃には、ここまで出来なかったろうし。
だから、私はとても楽しめた。
贔屓のジゴロが色気放出してるし…。後ろの小芝居が見逃せない。
観劇の度に新しい発見があるし。
みっきぃの頬から顎にかけて、わんこが手で撫でるところ…みっきぃの「おぉーーー」が毎回微妙に違う気がする…。今回の一番のツボ。

ショーの方は、かなり簡素化されたセットにはなってしまったけど、大劇の時とは違う生徒さんが、各場面に入っていたり、新しい場面があったり。そうそう、すーさん…すーざん…スーザン?のTVレポーターが、話をわかりやすくさせた感。これは大劇ではなかった。
とよこさんの場面には、どいちゃん、まさこさん、みっきぃなどが起用。みっきぃの歌、よかった!
れみちゃんの場面は、しーらん。男役だから普段出さない高い音で歌ってたし。ま、多少音外しても、がんばってるのがわかるからね。あのしーらんが、れみちゃんのお役やっていることがすでにツボ。
足蹴にしながら、うふって感じがかわい。
さゆみさんの場面も、しーらんだった。ご当地ネタ入れてウケてたし。早変わりが大変そう。

客席降り、ちえちゃんだけのが二回。某所では、観客が鈴なりになり、ねねちゃんのバキューンに間に合わず、途中からおどり始めたこともあり。あの時、「もう、踊らなあかんねん(戻らなあかんねん)」とちえちゃん焦ってた。
某所では、ちえちゃんが客席降りしているのを舞台で踊りながら様子を心配そうに見守る組子の視線…w
黒燕尾と赤ドレスで生徒の客席降りもあり。

ねねちゃんの鬘を変えてるのも見逃さないで。

ちえちゃん、パレードの時のナイアガラ、三回とも見事に決まっていました。私は、続けて三公演観たのですが、その三公演とも。


終演後の笑顔で、観客が楽しめていたのがわかる。

まだ、全ツは終わってないので、各地で皆様楽しんで下さい。


7c5641cd.jpg



追記。本日の神奈川では、とよこさんれみちゃんご観劇だったそうな。
いーないーな。

「ジャン・ルイ・ファージョン 王妃の調香師」観劇の覚書

6ee5830e.jpg


3b19e7a2.jpg

f9b39572.jpg


さゆみちゃん主演のバウホール公演、数日前に行ってきました。

バウのブランケット貸出の隣に、ロクシタン商品展示とお試しコーナーがありました。ローズの香り。
ロクシタン私はプレゼント用に買ったりします。最近自分用に買ったのは、ピロースプレー。
眠れないので、ラベンダーの香りで寝られるかな〜?ってことで…。
そんなので寝られないのは、すぐにわかったけどwこの不眠は、頑固すぎ。
あぁ…まったくエレガンスの欠片もない私の現実(; ;)

さゆみちゃんのサイン入りムエットに、シュッと一吹き。これをロクシタンへ持って行くと、ローズのボディミルクのお試し品がもらえるらしいです。

さて、舞台のお話。

ヅカふぁんが、もっとも得意とする時代、おフランスの革命前後のお話。

ジャンルイは、王妃のお気に入りの調香師。それをさゆみちゃんが、やってました。
アントワネットは、わかばちゃん。
そして、フェルゼンがまかぜん。
ルイ16世が、まいける。
ジャンルイの弟が、れんたくん。

そうそう、ロザリーまで出てきました!
台詞の中に、例の首飾り事件の犯人のジャンヌの名とか出てきたような?あと、ポリニャック夫人もいたし。続きを読む
聖舞です♪
聖舞が、きまぐれに書き綴ったブログです。
小野不由美さんの作品のファンですが、宝塚歌劇団の観劇も好きです。
星組の男役さんのファンですが、ひっそりと応援中です。身の程をわきまえて
自分が楽しめたらそれでよし!と思っています。








訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
おすすめ★
おすすめ小説
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めCD
Amazonライブリンク
お薦めDVD
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めDVD
  • ライブドアブログ