ちょ〜気まぐれ日記〜ライトファンのヅカ私的覚書〜

独り言、お茶話、スイーツ話、観劇・鑑賞話、HPの更新情報、私信等々…ちょ〜気まぐれなひじりんが気の向くままに書き綴った駄文

2018年01月

今日は心底打ちのめされた

なんであんなに踏み込んでくるの…。

こちらは良かれと思ったことなのに。

他人の家庭の事情までそんなに、知り尽くしたいのか…。話せば助けてくれるのか?

一生懸命やっているつもりなのに、あそこまで罵倒されるのか…。

そこに追い打ちをかける、難問がまた発覚。

ショックのあまり何もする気がなくなった数時間…。

そして今、それでも私はやるしないと思い、動いている。


31日はスーパーブルーブラッドムーン…らしい

スーパームーンと、ブルームーンと、ブラッドムーンが、同時に見られるのか…。

どこかの誰かが、○○への○○のネタに書きそうな気がするわねw


え?お礼状

驚きました〜

まったく予想外だったので。

でも、直筆サインと、全文直筆メッセージで、嬉しくないはずがないです。
 
有り難いことです。

皆さんに愛されるキャラの方。
でもお芝居もお歌もダンスもなんでもお上手です

これからも頑張っていただきたいです。

思い出のサックス

思い出は美しいままに…。

IMG_20180128_154544

ありあわせ鍋

寒すぎて、食材を買いに行く気力がありませんでした。

なので、ありあわせの食材で、お鍋にしてみました。

いろいろ、「えっ?」と驚くものも入れてしまいましたが…稲庭うどんを最後に〆として入れました。

身体が暖まりお腹も大満足…

捜し物がみつからない…

ある物を毎日探しているのです。
必ず家の中にあるはずなんです。

もう、思い付く場所という場所は、何度も確認してみました。

やはり、見つかりません

それで、結局新しく買ってきたのです。

でもね、いつも買ってきたあとに必ず、嫌がらせのように、探していたソレが視界に入るのです〜

さて、今回はいつ頃出てくるのでしょうか?




こうあってほしい…かな…

自分の応援する贔屓が、専科で活躍するのを見たいか否か…。

そりゃいつまでも舞台で、場を引き締めるような渋いお芝居が観たいと思わなくはないけれど…。

まだまだ綺麗で、いくらでも新しい人生を選べる時期なら卒業を選んでほしい。

専科でも、退団時に大階段おりる方もいるものの…ながーく専科やどこかの組長を行ったり来たりしていた方は、引き際はとても地味です。やりきった感がありご本人は満足されての事とは思うものの…。ファンは、突然のことに驚いたり惜しんだり、そしてもっとあの場面みておけばよかったとの悔いも残るわけで。

長年舞台に立ち定年となって華々しい退団だと色々大変なんだろうなと、何にもしらないけれど、想像してしまいますが…。

贔屓には、惜しまれつつ(←ここ重要)も華やかにそして凛として大階段を下りてほしいので、よい頃合を逃さないでほしい。
そういう他では出来ない独特の思い出を贔屓も持ってほしいのです。

それがいつなのかは、ファンにはわからないけれど。

勝手な希望としては、「寿」ももちろんありだし、そうなら幸せを祈りますが、どこかのオーディションを受けて重要な役を掴み取るとか…。

今の枠から飛び立った自由な贔屓の輝く姿が見てみたい…。

贔屓は、そういうことが出来る人だと思うのです。

音楽学校で後輩の指導にあたるとか、劇団に残ってとか…。そういう道もあるのかもしれないですが。


そういえば、卒業(退団)してから資格を取るために大学等に入学して着々と新しい道を進んでいる方々もいらっしゃいますね。

贔屓なら努力は惜しまない人だと思うので、それもやり遂げそう…。

最近、どういうわけかそんなことを考えてしまう…。なんででしょうね〜?

他意はなく、良い人生を歩んでいってほしいという一念のみです。輝き続けて、そして幸せでいてほしい〜心からの願いです。

もし、お気に触った方がおられたら、雑魚ファンの戯言だと思って、スルーしてくださいw










ブラタモリ 宝塚編

あまりにも見慣れた景色、
どこもかしこもすぐわかる。

わからないとしたら、昔の寺内町だったお寺のあたりか。そこらへんはいったことない。

いままで石碑等々、まったく気にもとめなかったけれど、今度確認してこよう。

花の道、意外なものだった…初めて知って驚いた。

収録は、花の道がハロウィンでラインアップされていた頃だから、昨年の10月の末。

さゆみさんと、あーちゃんが少しだけ出演。
さゆみさんは、以前「いいとも」にちえねねと一緒にテレホンショッキングにて、タモリさんとは共演していたはず。

贔屓様も、舞台姿が少し映ってて嬉しい限りでした

IMG_20180114_105719

IMG_20180114_105747

花組 ポーの一族

Screenshot_20180113-182343



これは、原作ファンは楽しめる作品になっていると思いました。

何もわからない、話題性に乗っかって観劇した人や、普段の宝塚の公演が好きな人には、なんだ?こりゃ?といった意見や感想も聞こえてきますが。

あの独特のモト様ワールド、あの漂う空気感…。エドガーとアランのお耽美な世界だけではなくバンパネラの哀しみが伝わってきます…。
懐かしくも愛しいものに再会した気持ちになり、涙が…。

ビジュアルは、みりおくんも、ゆきちゃんも、カレーくんも、あきら氏も、華優希ちゃんも申し分ないです。

キングポーや老ハンナ…。あーこんな感じだなと。

グレンスミスなどもうまく絡めて、ハイスピードでしたが、うまくまとまっていたと思います。

オズワルドとユーシスのあたりは一瞬でしたが、わたしオズワルド好きだったので、嬉しく思いました。
イケコの思い入れの強いこの作品、舞台化されてよかったです。
プログラムには、モトさまとの出会いなども、紹介されており、これはやはり運命だったんだなと。
ポーのオマージュの「蒼いくちづけ」、ポーを思いながら観劇した記憶があります。

過去の幼い自分を、その頃の空気を思い出せて、感謝の気持ちになりました。私にもまだこんな感情が残っていたことに驚きつつ…。

華優希ちゃんのメリーベル、私のイメージに限りなく近いですね。ポーで一番好きなのは、メリーベルなのです。
シーラのゆきちゃんも美しくて。

大好きな漫画の一コマが、再現されていて、
なんともいえない歓びでした。
ポーツネル男爵一家の一コマ飾っておきたいほど好きです

買い控えが顕著な最近のヅカファン周辺ですが、これは買い足しても惜しくないと思いました〜。肌に合わない人は別として。

フィナーレの、男役のかっこよさ、娘役に囲まれたみりおくん、男役群舞、デュエットダンス…。

やはり、男役の群舞のないショーは消化不良だと思います、もの足りなく感じてしまう…どこの何がとはいいませんけどね。


IMG_20180114_110616

IMG_20180114_211033

紅茶の茶葉なぞ、山ほどあるけど、折角だから買いました。ルピシアのだし。


ふと感じたので

先日リア友さんから、楽しいお誘いがあって、嬉しかったです〜実現してもしなくても、想像して楽しめる時間は大切だなと思いました。

お誘いいただける気持ちが嬉しいです

あ、それと、ブログ過疎ってますね

それより、伏字にしたために、誤解が生じてるようです。

リア友さん関係で、ここで伏字にしたりして愚痴ることはありません。
自分を飾る事なく、おつきあいしています。


私にも色んな人間関係があるのですが、むしろ、そちらにストレス溜まることが多いのです(笑)マウントしてくるのが多くて〜うんざりです。
生き上手が、あの手この手で画策する姿が視界に入るだけでも、お腹シクシク痛みます。

ひじりんです♪
ひじりんが、きまぐれに書き綴ったブログです。
小野不由美さんの作品のファンですが、宝塚歌劇団の観劇も好きです。
身の程をわきまえて自分が楽しめたらそれでよし!と思っています。周りからは、末期ファンと呼ばれています。
朝ドラも大好きです!









訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード