ちょ〜気まぐれ日記〜ライトファンのヅカ私的覚書〜

独り言、お茶話、スイーツ話、観劇・鑑賞話、HPの更新情報、私信等々…ちょ〜気まぐれな聖舞が気の向くままに書き綴った駄文

2017年02月

お礼状…

そういえば、いつだったかお礼状が届いていました。

お写真をみて、友人達とそれの感想で盛り上がりました。何を着てもサマになる方だ〜と皆感心してました。

いつもと変わらない印刷メッセージ…。ん?前の前のトップさんの頃のわりとはじめの方の公演の時のお礼状と酷似していて驚いたりはしました。
使いまわしも、あるのかもしれないな〜と。

かなりファンも入れ替わっているから、気付く人もいないのかもしれないですね。
たまたま同じ文章を生徒さんが偶然書いてしまったのかも???あり得なくはない。

届かないよりは届いたほうがよいし、それ以前に届いてあたり前。○特典として明記されているわけだから。

でも、私は届かなかったことがあるんですよ。

めっちゃチケット買っていた公演、たぶんあの頃自分的に一番貢献していた頃だと思うんだけれど、郵便事故なのか、届かなかったことはあります。周りは届いていたから、もやもやしました。

過去の話ですが。



かと思えば、チケット買ったっけ?たしか、何年か前に一度友人分だけ頼んだことあるかな?くらいでも、きっちりお礼状が届いたりして、直筆のメッセージだったり。 
生徒さんの性格にもよるのかもですね。周りの方が、マメなのかもしれないし。
とにかく、有り難いです。


一番、はあ?っと思ったのは、他組で、頼まれて観劇したことがあり、申し訳ないからちょっとしたものを差し入れしておいたら、なぜかよく使っていたのを入り出写真などで見たんだけれど、お礼状は届かなかったです。

知人のところは届いていたから、どういう選別なんだろう?と不思議に思いました。
楽屋に面会に行かなかったから?
なんで、それ使ってるの?とバカバカしかったです。誰からもらったかなんて、覚えていない証拠。
それ以降、頼まれても買わなくなりました。






最近の楽しみは地味です

とりあえず、朝ドラ「べっぴんさん」

以前原作読んでいた「精霊の守り人」実写版(以前アニメ化もされていた)

「忠臣蔵の恋」大奥編

「ブシメシ」


リビングのテレビは、スカステとNHK総合と、BSプレミアムにほぼ固定されているので、他局は、ほとんど観なくなっている…。
昔ときどきみていた韓流はまったく観ない。

よく考えたら、これでも観るものが増えたと思っている。
少し前まで、朝ドラとスカステのタカラヅカニュースしか観なかった…というか、観る余裕がなかった。

アニヲタの家族が帰ってくると、半ば強制的にアイドル系アニメやら、スケートの腐要素満載のアニメを観せられる。自然と歌を覚えてしまう始末。あと、中の人たちがやってるライブのブルレイ観せられる…。中の人のかおも覚える。
まあ、たまに帰ってくるから、好きにさせている。

地味すぎる…。

先日発表されていた…(以下駄文)

星組の紅さんあーちゃんの大劇場の二作目の発表がありましたね〜

原田諒作・演出ミュージカル「ベルリン、わが愛」
酒井澄夫作・演出レビュー「ブーケ ド タカラヅカ」

映画がトーキーに変わる頃の話で、ナチスも台頭してくる頃の話らしい。ミュージカル映画を作ろうとしているのがさゆみさんなのかな。

タカラヅカでは、何度となく同じ時代の作品をみてきたような気がします。飽きなきゃいいけど。デビュー作が、似たような話だった記憶が…カチャのバウ…。

ショーは、タカラヅカレビュー90周年というのもあり、華やかそうなレビューになりそうではあります。激しく熱い感じではないw

オリジナルだから、観るまでわからないので、チケットは買い控えになりそう???

この二作目の前に、別箱がありさゆみさんは梅田でOSOで、ことちゃん東上の阿弖流為(DCと新青年館)があります。

贔屓が、どちらに振分られるかで、ファンは状況が変わりますが。
どちらを観るか、どちらに多く通うか〜など。

その前にお披露目のスカピンが迫っていますから、先の話なんて考えられないでしょうけどね。

初演の星組、再演の月組と観劇してきたので、歌は歌ウマでお願いしたいです〜
瞳子さんやあすかちゃん、きりやん、まりもちゃん、どちらもレベル高かったから…。

なんとなくそこそこみているファンは予想ができてしまう。ここの歌はこんな感じだろうとか、この人のこのお役はこんな感じだろうとか…。


再演ものは、作品自体に人気があればそれだけでチケットは売れるけれど、過去と比べられるというプレッシャーがついてまわるので、たとえば、初演と同じ役を今回もやるなら、過去の自分を越えなければならないという…。なかなか厳しいことになるわけです。あるいは、過去に同じ役をやった方と比べられる…。

過去を越えて、私達に大きな感動を与えてくれることを、期待します。

まあ、今回初めて観る人は、きっと大感動だろうとは思いますけどね。


チケット、東京はどの公演もチケ難だからスカピンもそうなるとは思うけれど。
ムラは時期も良くないのか、三連休あたりは無さそうだけれど、聞こえてくる情報では、各お茶会等のある土日でもまだあるところはあるらしいので、お近くのツテのある方にでもきいてみるとよいかも〜です。



残りの人生まだまだ長い…はずだから

様々なことから離れてみて、考え続けてきたのだけれど…。

よい冷却期間になっているのかもしれないです〜

人生残り…平均寿命からみれば、まだ○十年はあることになるし。
その○十年、愚痴って過ごすより、明るい心持ちで生きたい。できるだけの努力をしようとここ数日思い始めている…。

やはり、自分の大切な人たちを見守っていきたいです。

私の価値観がごく当たり前の常識に戻ってきたようです。


前向きに進めるように励みます。

「べっぴんさん」の…

今日のスタジオパークのゲストは、「べっぴんさん」で、ずっと坂東家に仕えてきたきよさん役の宮田圭子さん。

「べっぴんさん」の中で、特に好きなきよさん。
きよさんが、出て来ると、温かいなにかに包まれているような心地良さをかんじます。

余生を、同じく坂東家に長くなる仕えてきた、忠さんと過ごすことになりそうな展開です。

そうそう、さつきちゃんにきよさんが「すみれ奥様」といったとき、おや?いつの間に「すみれお嬢様」とは呼ばなくなってたんだろうと思っていたら、さすがにさつきちゃんには「すみれお嬢様」というのはいえないなと思ったからだとか。
たしかにそのあと電話で忠さんはまだ、「すみれお嬢様」って読んでましたもんね

ふむふむなるほど〜と、昼間から納得していた聖舞なのでした〜☆

今更だけれど、初演観劇しててよかった

劇団公式に、瞳子さんと紅さんの対談の様子がupされていたと思ったら、宝塚ニュースでも放送されて、嬉しい限りでした。

瞳子さんの話す一つ一つが、とても的を射ていて、それでいてわかりやすい表現なので、聞いていてストンとはいってきます。
さすがだわ〜と思って楽しく拝見できました。
沢山の経験があるからこそなんだろうな〜と。

初演のスカピン大好きでしたので、色々当時のことを思い出します。キャッチーな歌、わかります。観劇して元気になって帰れました。

瞳子さん、あの頃の関係者をたくさん引きつれてご観劇予定だとか。そんな日に遭遇できたら幸せだと思うけれど、たとえ同じ日に観劇だとしても、二階のうしろに配席されるだろうから、自チケ以外ではそれは叶わないでしょうね〜w

そういえば、今年のバレンタインは、平日なので、この土日にムラにくる人も多いんでしょうか。

いつ、雪で足止めになるかわからないのに、すごいですよね。

相談した結果、きっと他の人達がたくさん渡すだろうし、誰に何もらったかなんて覚えてないから、今更いいんじゃないの〜ということに落ち着きました。

チョコばかり食べても、太るし吹き出物でても困るし〜

娘役さんからチョコもらうし。それは手作りだからそっちのほうが嬉しいでしょ〜確かにそうかもしれないです。


















インフルエンザ流行ってますね…


感染経路は、飛沫感染と接触感染…。

今まで、インフルエンザになったことがない人まで、今年は感染しちゃってるらしいですね。


私の周り…家族は二人が二月に入ってからインフルエンザになりました。

二人共、私とは住まいが違うし、この二人同士も一ヶ月は顔を合わせる機会はなかったので、別ルートでの感染だったんでしょう。

昨年は、雪組のるろ剣の公演中に、次々に生徒さんがインフルエンザにかかり、代役代役代役…となり、ある意味役替わりのようで貴重だったのかも。
収録の日に本役さんが休演していて代役だったりと、悲喜交々ではありました。
代役でも、なんの遜色もないところは素晴らしいなと思いました。

あれから1年…。


さて。また雪らしいですね…。

1月に二回大寒波があり、普段雪とはご縁のない地域でも、何日も雪の影響で混乱していましたが。

いま、公演中なのは、大劇場の宙組「王妃の舘」と、中日劇場の雪組「星逢一夜」、バウホールの雪組「NW」…。
入り出待ちも極寒だから、体調崩すファンの方々も出てきそうですね〜
烏合の衆の中には、インフルエンザの人もいるかもしれないし。

自己管理してくださいね。
私も、気をつけます。
続きを読む

星組スカピン新公一部配役が発表!

パーシー:天華えま
マルグリット:有沙瞳
ショーヴラン:遥斗勇帆
ロベスピエール:綾凰華

これだけ発表されていました!

驚喜と困惑が入り混じった気持ちです。

同期コンビ!ぴーすけ、くらっち、とても期待できる新公になりそうです!
歌ウマだし、美しいわ



あやなちゃんだと思っていたから、ちょっと困惑もしましたが。あやなちゃんあと三回くらいチャンスあると思うので、がんばってくださいね。

宝塚のあるあるになってしまわないように祈ってます。いい流れになりますように。

あやなちゃんの前に桃堂さんも、一回くらい…。

遥斗勇帆くんは、なかなか芸達者っぽいから、期待しています。けど、驚きはしました。

その他の配役も、早めに発表してほしいですね!
ピンパーネル団を、98期の美形で揃えたりとか。
あまじぃと、極美慎くんは…。


本公より、新公が、俄然楽しみになってきました。どうしましょう〜

下級生、歌上手い生徒さん結構いるし〜

困惑

うーん…なんでまたこんなモノが、当たったのか〜
正確にいうと私が当てたんじゃなくて家族の名前で当たったんだけれど。

こんな時にどうしろというの〜

これって、○○○○が必要なやつよね…。それでは人に○○ことも出来ないわ。

組によってそして演目によって、人気のあるなしがあるわけで、これは○担の私には猫に小判的なものなのですよ!

好きな人には価値のあるものなのにね〜勿体無い話です。


まあ、何もしなければただの紙切れでしかないわね…




今更な…スカピン配役について

紅&綺咲コンビのお披露目公演スカピンの配役が公式で発表されたのは、27日でした。

パーシーさゆみ、マルグリットあーちゃん、ショーヴランこっちゃん、ロベスピエールかいちゃんは発表済でした。
27日発表されたのは、以下。

アルマンが、せおっち。

ピンパーネル団が、
デュハーストしーらん、フォークスみっきー(その昔新公でもフォークスやったのがみっきー)

のちにビンバーネル団に誘われて入るイギリス貴族に、ぽこまおしどりゅーあやなぴーすけ

娘役は、くらっちが、マリーなのかシュザンヌなのかケイトなのか、いろいろ悩まされたけれど、二番手娘役位置のマリー。
シュザンヌが、あんるちゃん、ケイトがはるこちゃん

愛水せれ奈ちゃん、紫りらちゃん、華鳥礼良ちゃん、ほのりちゃん、みねりちゃんたちは娘役としては納得のできるお役。なんといっても、恋人役だから。出番も華やかだし。ナンバーもあるし。

星蘭ひとみちゃんが、ルイシャルル。

まあ、一番驚いたのは、靴屋のシモンのれんたさんと、その妻役のいーちゃん!

れんたさんと同期のなっちゃんは、コメディフランセーズの歌手、ぽんちょは、サンシール侯爵とコメディフランセーズの座長、オレキザキが、パーシーの執事。

専科のじゅんこさん、柚長、みきちぐさんは初演の時と同じお役で、プリンス・オブ・ウェールズ、ドゥトゥルネー伯爵夫人、ピポー軍曹。安定です。まいけるが、ドゥトゥルネー伯爵。

その他のそこそこ上級生男役は、公安委員なのね。

せっきーとか、こりんちゃんとか、かなえちゃんとかとーどーくんとか…。

イケメン朝水くんもそうなのかな〜
きっと、まだ下級生だけれど極美慎くんもそうなんだろうね〜いや、そうであってほしい。

市民とか貴族とかコメディフランセーズ団員とか、場面はみんなあちこちにありそう…。
最近気になるあまじぃは、何やるんだろう…。

さゆみさん、新公の主役で、パーシーだったので、お披露目でスカピンは当然のように思っていました。
グラパンもみものですね。
さゆみさんは、コメディセンス抜群だから、笑わせてくれるはず。毎日、どんなアドリブをパーシーとショーヴランのやりとりにぶっ込んでくるのか!こっちゃん、上手く返せるようにがんばって!

ロベスピエールは、どうなるんだろう…前よりは出番増えたりするのかな〜だってかいちゃんだしね。

初演も月組のも観てきたけれど。
市民の迫力の場面、マダムギロチンとか素晴らしかったので、どこの場面も気を抜けない公演だと思います。

フィナーレは、男役群舞は、サーベルかな?あれカッコイイから好きなんだけど。


イケコ売れっ子演出家様だから、外部でお忙しいはず…。
ロミジュリとか井上くんのギャツビーとか…。

生徒さんが機嫌○○ときに会いたくないな〜と思う今日この頃です。

チケットは、ムラはまだ余裕ありそうだけれど、そのうちなくなるでしょう。東京はないと思ったほうがよさそうです。

続きを読む
聖舞です♪
聖舞が、きまぐれに書き綴ったブログです。
小野不由美さんの作品のファンですが、宝塚歌劇団の観劇も大好きです。
星組の、紅5のファンだったのは過去の話です。そんな時期もあったな〜と懐かしく思う今日この頃。

一応いまも全組観劇してます。



訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
おすすめ★
おすすめ小説
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めCD
Amazonライブリンク
お薦めDVD
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めDVD
  • ライブドアブログ