ちょ〜気まぐれ日記〜ライトファンのヅカ私的覚書〜

独り言、お茶話、スイーツ話、観劇・鑑賞話、HPの更新情報、私信等々…ちょ〜気まぐれな聖舞が気の向くままに書き綴った駄文

2017年01月

月組グランドホテル/カルーセルロンド観劇

image


image


image


image


image


観劇したのは、一月の前半頃でした。

昔、かなめさん(涼風真世)のサヨナラ公演だった演目です。

当時と主役として据えたのが違っていて、昔かなめさんの演じた役はみやちゃんで、のんちゃん(久世星佳)の役がたまきちでした。

当時ゆりちゃん(天海祐希)が、女役やってたな〜といった記憶はあります。あーさと、ありちゃんの役替あり。エリックとラファエラだったかな?

佳子ちゃん(麻乃佳世)の役を、わかばちゃんと、海ちゃんで役替で、ゆりちゃんの役をあーさとありちゃん役替わりしていたはず。

お役が少ないから、通し役以外は、モブでうしろでずっと踊ってたりして、
ある意味、ショー二本やってる疲労感なんだろうな〜と思いました。

みやちゃんて、かなめさんの会に入って、ガードしてた方だし…その自分の大好きだった方のお役をさせてもらえてるってとても嬉しいだろうなと思いました。
かなめさんも、自分のファンが二十年以上を経て同じ役をやるってことは、喜ばしいことなのではないでしょうか。

たまきちが、男爵だから娘1のちゃぴちゃんのお役も変わってしまうわけで〜

ショーは、覚えやすい歌で、耳に残りました。

91期の目立つ場面には、涙してしまいました。まんちゃん、ちゅーちゃん退団ですもんね〜

お疲れ様でした。東京もがんばってくださいね。

みやちゃんの、二番手羽根〜

伏せすぎてイミフ

うーん…。そうですか〜w

貴重な○○を手離すしかなかったのが悔やまれます。

イジメのようなこの状況…。

今更ですが。○○ばかりもっていたことに気づきました。

で、手にするものは…びみょー。○が○なのですよ!大嫌いなのが○ですし。
視界に入れるのも嫌なんですけどね。○すらも○したくないっていうのに。

お金捨ててる感しかないです。

そして、どれだけ自分が不遇なのかも実感しました。聞こえて来る情報によりますと、私が一番不遇だと思えます。

いつも、アレは遅いし、アレもまだ届かないし。
ここまで続くと、嫌がらせとしか思えないですよね〜w
 

そして、あれには心底驚愕しました〜

こういうのを、ドン引きっていうんでしょうね…。

重いし粘着だし、挙動不審だし。なによりアレはないでしょう…いつの時代の方なんですかね?



燃ゆる風 軍師竹中半兵衛を観ました

七海ひろきさんの、バウホール単独主演。

作・演出 鈴木圭

主なキャスト
竹中半兵衛→七海ひろき
その妻いね→真彩希帆
木下藤吉郎秀吉→悠真倫
おね→万里柚美
黒田官兵衛→天寿光希
その妻光→紫月音寧
息子松寿丸→天彩峰里
織田信長→麻央侑希
濃姫→音波みのり
三郎太→天華えま

ザックリと大河ドラマを観ている人なら、なんなく理解できますし、戦国武将の名前を知っているくらいでほぼ大丈夫な感じです。

細々と描かれているわけではなく、親子愛、夫婦愛などが、観る人の涙を誘います。乱世ゆえの哀しみですかね〜三郎太とおひながまさにそれの象徴かな〜(オリキャラらしい)

おすすめは、竹中半兵衛といねの愛、黒田官兵衛と妻そして織田信長に人質にとられた息子松寿丸との親子愛、濃姫といねの関わりなど。あ、少年半兵衛と濃姫の出会いが一番重要かな。その半兵衛の妻がいねだというめぐり合わせ。ネタバレはしないです。

きほちゃんの歌、みねりちゃんの歌は、素晴らしいです。
今回は、役付きの方々は歌い継ぎなどもあります。皆さん歌は安定感しています。

はるこちゃんの凛とした感じはさすがです。
まおくんの、信長も似合ってますね。

官兵衛…天寿さんのお芝居のうまさ!
そして相変わらずお綺麗です。
幽閉から救出されてからのやつれ果てた感と、不精髭すら美しいのはなぜ?
幽閉のせいで、足を悪くするはずだけれど、そんなシーンはありませんでしたね。


かいちゃんは、格好良いです。
病に侵されながらも、先を見通す切れ者。
吐血する場面も、美しくみえます。
いねの素性を、知ったのはいつだったんでしょうか。
舞台挨拶で、客席に「愛してます」
と、シレッといえるところは、ファンの方々大好きなところなんだろうなと思いました〜私も聞いてて笑顔になれました。

まりんさんの藤吉郎が、お笑い担当です。

まりんさんといえば、髭部。だけど、今回、ヒゲなかったような…。まりんさんにはひげ!要ります!

輝咲玲央さんの柴田勝家の髭が秀逸で、まりんさんのご助言などあったのか気になるところです。

下級生さんが皆がんばって各場面で大忙しな感じですが、上級生もわからないようにバイトしているのは、少人数の公演だからこそ。

それにしても、椿の花の赤い着物のオカッパの方々、イケメン朝水くんが目につきます。あ、椿の精じゃないか…。椿の精の場面もあるけれど、「戦火」ってプログラムに書いてあるから、戦いの炎?あ、あれが「燃ゆる風」なのか!?


歌もなかなか耳に残るメロディーで、ふいに思いだしそう。

きっと、浮かれた性格の人が突然歌いだして笑いを誘うのでは???

それにしても、観やすい段上がりのセンター良席何枚ももっていたのに、何故か泣く泣く手放したこの状況が悲しすぎました。

ふと、いねの素性を知ると、信忠役の紫藤りゅうくんは、どんな思いで演じているのかとても興味がでてきますね〜
ネタバレはしない…です。

スター様からの年賀状 その5

まさか!
今公演中の方から、届きました。

宛名からメッセージに至るまで直筆なのに、サインはない…。

こういうの、はじめてかも。

そういうところが、みんなに愛されているような気がします。

たぶん、これで最後かな…。

お年賀状いただけて嬉しかったです

スター様からの年賀状 その4

可愛い不思議ちゃんな感じの方から、年賀状頂きました。
本日は、これ一枚。というか、さすがにもう届かないとおもうのですがw

直筆サイン入りのメッセージなし。
いつも、聖舞の名前を間違えている…。たぶん登録されたときに間違えてそのままなんでしょう。

ありがとうございます

スター様からの年賀状 その3

4日に、1枚…。
5日に、1枚…。

昨日届いた方は、まさかのまさか。
確かに昨年は、届いていたけれど…

個性的な生徒さん。謎めいています。

サインは入っているけど、メッセージは一切ないです。

そして…今日届いたのは、たまにお礼状を頂いているので、もしかしてと思わなくもなかったけれど。

サインは元より、メッセージ、宛名に至るまで直筆となってて、有り難いです

さっぱりした快活な方です

どちらも、知人の関係なので、申し訳ない気持ちです

スター様からの年賀状 その2

無事に、贔屓様からの年賀状も届きました〜
とにかく、安堵しましたよ〜

麗しい…贔屓様。

贔屓様にとって、素晴らしい一年でありますように

で、もうお一方からも、届きました
性格が、快活な方なので、文字もそんな印象です。
これは、お礼状と兼ねている感じです。

これからも、元気いっぱいお過ごしください


もう、あとは届かなさそうです。
チケットを頼まれて買っても来ない人はいるし、なにもした覚えはないけど、知人の関係から送られてきたりして…よくわからないです〜

結局、その方によるとしか…。

お正月らしいことはまるでなく

食事はいつも通り。
毎日ドライブと○○
さすがに、元旦は、ひっそりと氏神さまとお墓参りはしたけれど。

夜は、タコパ…。
何年ぶりかなので、要領を得ず、不格好なタコ焼きになってしまった…。

image


スター様からの年賀状 その1

スター様からの年賀状。元旦のお楽しみはここ数年はこれです

[贔屓さん]と、[贔屓ちゃん]と、[贔屓じゃないけど、知ってる方]から届きました。
直筆サインと、直筆のメッセージ入り。
差し入れたものが、美味しかったとか、これからもよろしく的な内容です。
とはいえ、そんなよろしくした覚えはないので、社交辞令だと思います。一回観るだけだし…。

お正月っぽい画像は1枚で、あとの2枚はお礼状を兼ねているようです。


で、一番待ち焦がれている、[贔屓様]からの年賀状が、届かないのです…。
毎年、きちんと元旦に届いていたんですが、これはどうしたことでしょう。

お礼状が届かなくて、でもなにもいえずに泣き寝入りなことは過去にありましたが、まさかまたそんなことになってないですよね
新年早々、なんだかなぁ〜
郵便事情なんだろうけど、みんな届いているとのことなので。
なぜ私だけ…と深読みしないでもないですが、たぶん…三日には届くと思いたいです。


ところで、今日は拝賀式は午前中だし、鏡開きだし、午後は月組初日だし、ギャラリーも多かったでしょうね〜


明けましておめでとうございます

まったく、実感はないのに…また新しい一年が始まります。

除夜の鐘、まだ撞く人並んでいるのか、ずっとゴーンゴーンと、いまも聞こえてきます。

ま、煩悩の数だからね〜

この一年は、きっと私にとっては正念場になりそうです。
痛みを痛いと感じず、飄々と生きていきます。

なんせ、完徹からの大晦日からの年明けなので、年頭の抱負なんてものは、でてきません。

安定した日々を過ごしたいです。


聖舞です♪
聖舞が、きまぐれに書き綴ったブログです。
小野不由美さんの作品のファンですが、宝塚歌劇団の観劇も好きです。
星組の男役さんのファンですが、ひっそりと応援中です。身の程をわきまえて
自分が楽しめたらそれでよし!と思っています。








訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
おすすめ★
おすすめ小説
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めCD
Amazonライブリンク
お薦めDVD
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めDVD
  • ライブドアブログ