ちょ〜気まぐれ日記〜ライトファンのヅカ私的覚書〜

独り言、お茶話、スイーツ話、観劇・鑑賞話、HPの更新情報、私信等々…ちょ〜気まぐれな聖舞が気の向くままに書き綴った駄文

2015年06月

ダイヤモンドとレタス

image


image


ダイヤモンドのこの表紙は、花組の宝塚ファンタジアのフィナーレの場面。

周りの娘役さんたちは、桜の花弁の一枚一枚のような桜色のドレスで、客席から観ると花弁の形に見えます。大階段センターにかっこよく座るみりおさま。

大好きな場面が表紙です!

色んな切り口から宝塚歌劇をわかりやすく紹介しています。生徒さんは、花組さん。

ちえちゃんの楽の袴すがたもあるにはあるけど…。



レタスクラブは、昨年も載っていましたか、100周年のその先へ┐法∪荏箸療啓光希さん。

あーこれ、東京の黒豹の時の、某日の装いです。

ファン時代の娘役願望は薄れ、男役追求が楽しいことと、黒っぽい役を、やってみたいこと、そして何色にも染まれる変幻自在な男役を目指し追求していきたいと。

オフ写真は、ブリドリパーソナル、ミニドラマ出演メンバーとUSJに行った時の一枚が小さく載っていました。

金髪茶髪の5人組目立ったことでしょう。ハリポタ目当てでしょ?

昨年のは、白薔薇の王子のようないでたちで、レタスクラブの付録は、スヌーピーの保冷バッグだったから、複数買ってもよかったけど、今回は、笠原さんの和食料理本が付いてくるわけですが、これは一冊あれば十分なので…w

しょうが特集だからか、天寿さんも生姜のエピソードを語っていました。

ちょっと!そこのおばさま、ジンジャーエールでもいれてあげてはいかが?

続きを読む

ちょっぴり嬉しい

某さんが、今日、春頃にプレゼントしたアレを使ってらっしゃる画像を拾いました。

お似合いでございます

贔屓様の方も、手渡ししたものをあの日からお使いで、密かに嬉しいです。

贔屓ちゃんには、あれこれ差し入れたけれど、見たことないので、お気に召さないのかしら…。

ヅカヲタ愚かなりw

一人ひたすら待つ時間

image


今日は、暑い(;´д`)

冷抹茶セット

あー沈む

もう、色々あきらめたんですよ。

今回の唯一の楽しみが、今日は奪われた感じで〜

がっくりしました。

都合よくこきつかわれて。趣味の話です。

現実の話はしない…

朝ドラ「まれ」展

image


image


image


image


image


image


某日某所にて、まれ展を観てきました。

撮影可能なものだけ。

出演者の方々の直筆サインやメッセージ、お衣装などが展示されていましたよ。

宙組王家に捧ぐ歌

image


image


image


まあさまこと朝夏まなとさんと、みりおんこと実咲凛音ちゃんコンビのお披露目公演は、2004年頃星組公演で、ラダメスわたるさん、アイーダとうこさん、アムネリスだんれーちゃんで、2005年中日でもこの三人で王家だったと思います。木村信司 作・演出

♪たーたかいは、あらたな争いをうーむだけ〜♪

今回は、星組から組替で、二番手スターになったまかぜさんのウバルドのかっこよさが人気のようです。
星育ちらしいものを放出している気がします。

まあみりコンビは、ウタウマさんなので、ほんと聞かせていただけます。特に、みりおんが歌い上げると引き込まれます。

アムネリスうららの美貌たるや!ちょっと身長高いけど。お衣装もちょー豪華で、惜しいのはお歌かな〜かなり精進されたとは思うけれど。

ヒロさんは、さすがうまいですね〜チャルさん、ほんまファラオです!このお二人は昔もこのお役でした。

とうこさんが、退団して、最初の舞台がアイーダでした。あのときラダメスは城田優くんでしたが、男性俳優陣上半身裸で、彫刻みたいにきれいな筋肉をみせていただきました。

あのときは、上半身裸に驚いたものの、今は当然ながらお衣装に上半身も身を包んでいるのが、本当はちがうけどと思ういけない人になってしまってます。

お履き物も、エジプトぽくないし。

最後の場面は、記憶に残りますね。絵的にも美しい配置で。

フィナーレは、まかぜさんほか。
エチオピア人だから、黒塗りまかぜさんのまま、ちえさんが決めた金髪にして、色気漂わせて、釘付け。

ロケットもきれいだけれど、一ヶ所だれかぬけてるの?休演してるの?

娘役さん達の、赤いドレスのところもかっわいい〜!

男役群舞もあり、なんか早替え大変そう。
まあみりデュエダン。

エトワールは、せーこちゃんだったと思います。
目立つのは、あっきー、桜木みなとくん、和希そらくん…



まかぜさんも、白い羽根の先を青く染めたもの、まあさまは、観たこともないような豪華な大羽根。

同じ感じの色違いを全ツのみっちゃんので見ました。

王家、泣いてる人結構いましたね。
私は、あんまり泣かない人なんです。子供とお年寄りと動物が絡めば、一番はやく泣く自信あるんですが。まだ泣けていません。

でも、見ごたえあるので、二回くらいは観てください。

星組全ツ 大海賊―復讐のカリブ海―/Amour それは…」は

image


2001年紫吹淳主演の月組「大海賊」(中村暁 作・演出)と、2009年大和悠河主演の宙組「Amour それは…」(岡田敬二 作・演出)を、新生星組のプレお披露目公演にあたる、星組全国ツアーに選んだのは、新トップ北翔海莉さん。

出演者みんなに出番があって活躍できるということで、選択されたそうです。

どちらの作品も、みっちゃんは出演されていましたから、懐かしい作品なのかもしれません。

当時の出演者だったOGさんのご観劇などもありそうですね!

配役やストーリーは、ググってください。

みっちゃん、ふーちゃんおめでとうございます(*^^*)

歌の上手い人ばかりで、ストレスなかったです。大海賊は、立ち回りも多いし、エミリオチームの海賊も、エドガーチームの悪役もカッコよくて。

キャラの立ってる聞き耳、ドクター、拝み屋なども面白く見られました。

しーらんの聞き耳がお笑いの美味しいところを全部持っていきます。髪は黒い。初演はきりやんだったから、脳内できりやんに置き換えると、きりやんの声が聞こえてくるおかしな現象w
みっきーは、ドクターで、顎鬚をちょろっと付けて、赤い海賊帽子のときや、ターバンのときがあり、髪は暗めでロン毛のくねくねしたのをうしろで束ねてます。パイレーツオブカリビアン。大人な感じで素敵。初演は、けろさん。渋い。

キッドは、ことちゃん。いいね〜立ち回りも多くて。最期がかなしい。アンはるこが好きなのに。黒豹の如くの時のプロローグの海賊ちえさんみたいなビジュアル。初演は、あひさん…は、新公だったから、あ、伊織直加さん。

エドガーが、まさこさんで、妹のエレーヌがふーちゃん。奥方が、なっちゃん。

悪役は、フレデリックぽこちゃん、ロックウェルまおくん。美味しい役。

エドガーと、エレーヌが兄妹なのに、なんだか年齢あわなくない?

あ、昔は、兄弟といっても腹違いとか当たり前にあったから、年齢差はあるのかしら?腹違いかどうかもしらないけれど。

まあ、最期は、好きな人をかばって死んじゃう宝塚歌劇でよく見るパターン。

兄エドガーが、エミリオみっちゃんに斬りかかる間にエレーヌふーが、入ってバッサリってやつです。

最期、海のみえる場所にエレーヌを支えながら連れて行くエミリオ。
ここらへんが、見せ場。

そして、最後、エミリオが歌う…。
歌うまい。ひたすらうまい

背景に、それぞれのお役が背負った過去がみえてくるようになればいいですね。
海賊の最期は…のくだりで、それでも海賊家業を選んだに至ったという部分に、ちらっとそれがでてきそうな感じもしますが。


アムールそれは…は、全ツだから大階段がないので、ちっこい階段でプロローグ。
この部分は、真ん中にトップさん、まわりに、淡い色とりどりのドレスの娘役さんが囲んだ綺麗な場面。

男役さんも何度も場面ごとに踊るけれど、娘役さんも十分出番があります。

ジャケットでターバンの場面とか、いいかも。衣装かえも忙しそうでした。

黒えんびは、星組バージョンの振り付けらしいです。

宙組のときよりお歌歌える方々が揃っているためか、ストレスなし。

客席降りは、ショーはみっちゃんだけ。歌いながらです。
ひたすらうまい。

ぽんちょこと、夏樹れいくんの影ソロがよいです。

フィナーレのパレード。

路線さんは、予想通りな感じでした。

まさこさんの両サイドにしーらんみっきー
が、降りてきましたね〜
ぽこまおが、お衣装にキラキラついてたから、いよいよそのあたりの無情さが…。


舞台あいさつは、柚長。そしてみっちゃん。
安心して聞いていられました。

ご当地ジェンヌの紹介もありました。

全ツなので、ご当地ネタぶちこむ場面はたしかあったと思います。ショーのどこかにあったような記憶。「
〇〇のみなさーん」とみっちゃんが、いってましたね。

あ、みっちゃん朝ドラのまれを観ているそうで、それにでてくる山下公園のその近くにいるんだな〜と思うとか。
私も思いましたけどねw

客席の拍手がすごかったです。カテコ3〜4回あり2回はスタオベでしたかね?

そして、全ツは、いままで応援してくださったファンの皆様への感謝祭だといってましたね。

みっちゃん会にチケット頼まないと良席はこないと感じました。みっちゃんとこのおばさま方とお友達になりたいですわw


全ツ、お元気に駆け抜けてください。

今日のランチ

image


image


ココナッツチキンカレー

映画 夫婦フーフー日記を観に行きました

image


招待券が当たりました。
おかげで、ペアで無料で鑑賞できました。

佐々木蔵之介と永作博美。

実際にあった夫婦の闘病ブログが出版されその後、ドラマ化され、今回映画化されたようです。

死んだはずのヨメが現れ、二人で過去をふりかえっていき…という設定が付け加えられたもののようです。

息子さんとともに、お元気にお過ごしください。


最近、映画を観る機会がなくなっていましたが、5月末にディズニー映画シンデレラを1000円で観て、試写会招待券で、おかあさんの木を観て、招待券でフーフー日記を観ました。
お得感満載でありがたいです。

お礼状(*^^*)

贔屓ちゃんからの、お礼状。

急いで手書きメッセージ書いた感じです。
お忙しい中、有り難いです。

あ!そうだ〜バースデーなんちゃら企画の、アレ書かなくちゃ!

何もアイデアが浮かばない。

ひらめいたら早いんだけど。




聖舞です♪
聖舞が、きまぐれに書き綴ったブログです。
小野不由美さんの作品のファンですが、宝塚歌劇団の観劇も大好きです。
星組の、紅5のファンだったのは過去の話です。そんな時期もあったな〜と懐かしく思う今日この頃。

一応いまも全組観劇してます。



訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
おすすめ★
おすすめ小説
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めCD
Amazonライブリンク
お薦めDVD
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めDVD
  • ライブドアブログ