ちょ〜気まぐれ日記〜ライトファンのヅカ私的覚書〜

独り言、お茶話、スイーツ話、観劇・鑑賞話、HPの更新情報、私信等々…ちょ〜気まぐれな聖舞が気の向くままに書き綴った駄文

2011年01月

夢の中で会えたら…

2e04682e.jpg
このお菓子は、昨年最後の入院の時、私が父に食べてもらおうと持っていたものです。

この中の、ほんの少しだけ食べてくれたと記憶しています。

手作りでは、タマゴサンドを作って持っていったのを食べてくれたのをみました。

もう、止められていたものも食べさせてました。好きなもの食べてほしかったし、主治医も何もいわなかったし。

明日から二月…。
この一年、様々なことがあり、その忙しなさの記憶は薄らいでいくのに、父のことはつい最近のことのように感じてます。

父にとっての初の曾孫が昨年五月に誕生し、そして今年また曾孫が生まれるらしいのですが…。結局、曾孫を抱くことも叶わず、私のお坊っちゃんのこと(孫)を気にかけて逝ってしまいました…。

昨日の朝、母の夢枕に父が出てきたそうで…。

透析受けていた晩年の姿で、母のベッドの傍らに立っていたそうです。父が寒いからと母が暖房を入れてあげて、ウトウトしていた母が気がついたら、父が仏間に消えていったとか。そして目が覚めたそうです。

父の誕生日が過ぎたばかり…。

時々夢でいいから、姿みせてあげて…。

明日から、二月ではないですかっ!?

毎日、寒くて寒くて…なんじゃ!今年の冬はっ!

と…愚痴りつつ…なんとか生きてます…。

雪は、もう降らんでいいからぁ〜(´`)

にしても…もう今年も一ヵ月経つのですね。早すぎる…私、何もしていませんぜ?

二月は、観劇もあるし父の一周忌もあるし…忙しいはず。
三月の七回忌も日程が決まり、なんだか気持ちが落ち着かなくなってきました。
色々、気合いとか気配りとか…性に合わないことしなくちゃならないな〜^ロ^;避けて通れないけど、考えはじめると胃のあたりに違和感。


あ〜でも最近異常なくらいご飯が美味しくて食べ過ぎなのが原因かもw
やべ、太った気が…(^o^;
とりあえず朝、雪が積もっていませんように…(-人-)

映画『僕と妻の1778の物語』を母と観てきました。

水曜のレディースデー狙いで、近くのシネコンへ母を連れて行ってきました。

私的には、あまり人が臨終を迎える瞬間をみることになりそうな作品は、父のこともあり避けて通りたいのですが、母だってそうだろうに…悲劇やら、ドロドロの女の情念渦巻く話が大好きな人なので…。
悲劇よりドロドロの方が私はさらに苦手ですが。だってこんなに現実キツイのに、わざわざお金払ってみたくないんですよ(´`)
現実逃避どころが、逆に現実が押し寄せてくる感じですもん。

さて…この映画は、SF作家の眉村卓氏と悦子夫人の実話をもとにしたもので、また『僕の道シリーズ』の初の映画化作品ということになっています。このシリーズといえば草なぎ剛。
当然、今回も彼が主役で、SF作家朔太郎役、妻節子に竹内結子。

〈ストーリー〉仲睦まじく暮らす夫婦に、腹痛で受診した妻が実は大腸ガンだったことが判明。笑うと免疫力があがるときき、朔太郎は毎日妻のために原稿用紙三枚以上の短編小説を書き、妻を笑わせようとする…。


静かに日々を生活して、平凡な穏やかな空気の中、朔太郎の小説の話も折り込みながら、五年。
とうとう妻は天国に旅立っていくのですが、毎日書き続けた小説は1778話続きました。


切ない。
はらりはらりと涙が頬を伝う…そんな感じでした。

私的には、一部分この演出はなんか好みじゃないな〜と感じたシーンがあったのですが、母はその演出は気に入っていました。

母と娘でも、感じ方はまるで違うんですね。似たところもあるのですが、価値観はまるで違うのは確かですから。

母曰く、「最近の映画は泣けない」そうです。昔みたいにすごい悲劇が続かなきゃいけないらしいです。
それはさ、もう韓流をみるしかないでしょうよ。

私は、父のあの瞬間と重なってむちゃくちゃ辛かったのに。リアル体験をまた見なおした感覚で。

で、母「なんか、想像と違ってあっさりしてた。今度は、あんな男の人の『大奥』じゃなく普通に女の人の『大奥』みたいから、それ連れていって」と…。

世界の中心は…母です。

だいたい、ニノ主演の大奥も、事前に母が所望している話じゃないとさんざん説明したにもかかわらず、観に行くというので…すでに私は『大奥』観ていたのにまた行くことになり、観おわって何が気に入らないのか、ごきげんななめの母にこっそりため息ついたんですよね。

『大奥』の映画なら、数年前に仲間由紀恵主演のがあったじゃないのぉ〜!あれ観とけば?と内心思ったけど、また機嫌損ねて怒ると面倒なので、スルーしました。

母にど真ん中の映画なんて、今の時代ありはしない。
私はね、お坊っちゃんのことに手抜きは出来ないし、悩みは死んでも解決しない底なしの世界なの…。
私に老後はこないのよ!身体はボロボロになっても守り続けなければならない責任があるの。

「私には娘がいるからいいわ」という母、もちろん長生きしてもらって幸せであってほしいから、色々心を砕いているわけで。義妹には何も頼めないのも判っているし。

わたしは、ちょっとだけ母が羨ましくなってしまいます。

不幸比べは、情けないからしたくはないけれど、ちょっと疲れている時は、自分の身の上を愚痴ることもありますわ。

映画の話じゃない、これw

僕と妻の1778の物語 (角川文庫)
僕と妻の1778の物語 (角川文庫)

著者:半澤 律子
販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2010-12-25


クチコミを見る

楽しい羊羹

9e04093b.jpg

7f5f2af0.jpg

昨年の暮れに、オレンジさんが久々に我が家に立ち寄ってくれた時にお土産にもってきてくれた『五勝手屋羊羹』。

これは、以前にも頂いたことがありまして、以前公開していたHPにも載せていたことがあります。

なんだか、あれこれ賞も頂いているお菓子様です。

北海道にある『五勝手屋本舗』さんのもの。

美味しさはもちろんですが、食べ方が面白いのです。筒状の、マーブルチョコみたいな感じの中に羊羹が入っていて、それの底を押し上げて食べたい分だけ出して、付属の糸で切って食べるのです。

慣れると楽しいです。

これ観劇時幕間に食べるのに便利ね(^^)v


オレンジさん美味しいものを有難うございました。

ロミジュリ観劇のお土産

40638626.jpg

35f61259.jpg

昨日は、夫がムラの雪組『ロミジュリ』(みみエットバージョン)を観劇してきました。

ま、チケットは私が入手したんだけど…夫も観たがっていたから譲りました。

私は、電車で行くけど、夫は車でムラへ行くので、わりと自由に動けるのか、ここ2〜3年は、ロールケーキをお土産に買ってきます。

いつのまにかブログにロールケーキのカテゴリー作ってしまったくらいです。
あれこれ食べたロールケーキですが、未だに食べたいと思いながら買えてないのが、ありまして…。今回もそれではなかったのですが…。
それさえ食べたら、もうロールケーキはかなり飽きたかなって感じです^ロ^;
それでもブログネタにはなるかな〜と思いまして。

マリー・アンジュ(宝塚市中山寺)のロールケーキ。

堂島ロールとかに比べるとかなり小ぶりですが、少しこちらはお値段はお安いです。これで、1000円だとか。

いつもは、中のクリームしか食べないお坊っちゃんが、きれいに平らげたので…美味しかったのね(^.^)bと思いました。

阪急宝塚でも買えるそうです。


レビューシネマ『スカーレット・ピンパーネル』(月組東京公演)を観たよぉ!

2c95bebe.jpg
ども!
今月の観劇予定は、もうないので…最近、ストレスが蓄まる一方のワタクシ聖舞。

レビューシネマ第3弾月組『スカピン』、先行上映は昨年だったと思いますが、15日から最寄のTOHOシネマズで公開され、22日からはワーナーマイカルシネマズでも公開されています。

子供を朝車で送って、それから掃除して、やっとシネコンへ!

例のCDパンフもげとしました。

月組のスカピンは、ショーヴランが龍真咲と明日海りおのWキャストでした。両方ムラで観劇してましたけど、映画になったのは東京公演の時の舞台なので、しっくり役が馴染んでいい感じので観たいと思いまして。

映画は、みりおショーヴラン。(まさおくんは、アルマン)

ムラのまさおショーヴランは、喉を潰して苦しそうで気の毒でしたが、もともとまさおくんは、歌うまい人。むしろ、歌には多少の不安を抱いていたみりおちゃん。でも、この『スカピン』を機に歌がすっばらしくうまくなっていたので、最近観劇した『STUDIO54』ではもう歌が楽しみなくらいで。

映画のスカピン、舞台と違って、隅々まで映ってないから、贔屓が観れないとかはあるだろうけど、流れはわかりやすい。じっくり表情やしぐさを確認して、研究してお芝居してるな〜と今更ながらに思ったり。
キリヤンをはじめ、まりもちやん、まさみり、下級生まで素晴らしい!歌はうまいし…『主よ〜』とキリヤンが歌いだした時は泣けてきました。


そして…観劇好きの習性なのか、つい拍手したくなるのを必死に堪えていました…w

観劇してわかっちゃいるけど、やはり楽しかったですぅ!

普通の映画よりチケットはお高い2500円ですが、二人で行くとペア価格になり、二人で4000円になります。

友人と行きたかったですが、私たち手かせ足かせが多く、最近予定合わせるのが難しくて…。
私は、22日しか主人に子供を頼めなかったし、ストレス半端なくて辛かったのもあり一人で行ってきました。


なかなかレビューシネマも良いです!
第1弾の水先輩主演の『ソロモンの指輪』もスクリーンで観たかったですねぇ(^^ゞ

第2弾は、星組『太王四神記供戮世辰燭蕕靴い韻鼻∋笋泙辰燭記憶ありません。やってましたか?近くで観れないならやってないのと同じで記憶にとめてなかったですよ。
ゲキシネ『薔薇とサムライ』も是非観たいです。舞台観れなかったから、未練タラタラです。


次回の映画は、母希望の草なぎ君と竹内結子のです。私はどうでもいいのですがね…(^^ゞ

『イケメンパフォーマー夢の共演』観ましたか?

d8dba0b7.jpg



今日のお昼のNHK金曜バラエティーに、マミちゃん、ワタルくん、さえこちゃん、かしげさんが、生出演していましたねっ!

会場は、年齢層が高くて、大丈夫かと思ったら、皆さん大喜びで手拍子。

それにしても、元トップスターが四人…。デカ!細っ!足長っ!むっちゃキレイ!カッケェ〜(≧▼≦)で、ございました。

昼間っから、眼福の極みヽ(´▽`)/

舞台『愛と青春の宝塚〜恋よりも生命よりも〜』の宣伝みたいでした。

これ、フジTVで、かなり前にドラマ化されたものですが、2008年〜2009年にかけて上演されたものの再演です。
今回は、新たにマミさんがワタルくんとWキャスト。

過去の覚書が、2009年度分にあります。興味あったらどうぞ。

私、今回のどうしましょうかしら?観るなら梅芸か愛芸なんですけど…。

三月の土日は、主人の両親の七回忌が入ると思うので、迂濶にチケット取れないのですよ^ロ^;

今年は、現役ジェンヌ公演もいくつか見落としそうな状況なので。

ま、いっか…。近づいてきたら考えます。

息の長い活動になればよいね。

ブログネタ
「タイガーマスク」って、知ってましたか? に参加中!
善いことが広がるのは問題ないと思っていたけど…。
見事にブームです。

これを、模して危険物を置かれたりしたら…一番初めの『伊達直人』さんの気持ちは…と考えるとつらくなります。ま、そんなことは今のところはないから取り越し苦労なんですが。

難しい話で、各々の意見も様々でしょうし。それは他所様にお任せするとして…。

で、お題の『タイガーマスクを知っていましたか』について。

もちろん、知ってましたよ。

アニメは、ちょうどどこの家庭にもカラーテレビが浸透した頃、私も幼い頃でしたが。
このタイガーマスクのアニメは、結構長く放映されていて…大抵の子供達は、『タイガーマスク』を観ていたと思うのですが。その期間の半年だけ私は、裏番組だったアニメ『さすらいの太陽』(虫プロ制作)を観ていました。

ざっくりとあらすじを説明すると!
生まれた産院で、女の子の新生児を取り違えられて…。それぞれ取り違えに気付かず育つのですが…奇しくも同じ歌手を目指し、そんな時出会ってしまった二人…。主人公は、本来なら裕福な家庭で幸せに成長していたはずの、取り違えにより貧乏ながら、逆境に立ち向かい、人の痛みのわかる優しい娘に成長した方なんですが。(その子の出で立ちは、矢吹丈みたいな感じで、ギター持ち歩いている)もう一人の子は、我儘で自分は偉いとか勘違いしてる性格でした。


当時2クールは、短い方でしたけど、幼い私には忘れがたい作品になりました。(今のアニメやドラマは、1クールが主流です)

思えば、昔の小説や漫画、ドラマなど、現代の韓流ドラマみたいな内容というか展開が多かったように思います。

『タイガーマスク』は、孤児だったしね…。

タイガーマスクの主題歌はもちろん、伊達直人と聞けばすぐにあの物悲しいエンディングテーマを口ずさめるし…そして『さすらいの太陽』の主題歌も歌えてしまうワタクシ(^o^;
幼い頃に覚えたものはなかなか忘れないものですね。

そういえば、タイガーマスクの原作本が売れているそうです。

タイガーマスク(7)<完> (講談社漫画文庫)
タイガーマスク(7)<完> (講談社漫画文庫)

著者:辻 なおき
販売元:講談社
発売日:2001-10-12


クチコミを見る

さすらいの太陽 DVD-BOX
さすらいの太陽 DVD-BOX

出演:藤山ジュンコ
販売元:日本コロムビア
発売日:2006-09-27


クチコミを見る

体調不良

はぁ…朝からいやな感じの頭痛と下痢…胸焼け。

平熱、咳なし。

なのに生欠伸…。

あぁ、また例のやつがきたな…と感じ寝ていました。
お坊っちゃんも寒くて起きず、我が家は冬眠中のような状態に。

で、お昼すぎと夕方に嘔吐して(合わせて15回くらい吐いたわ…)、今ようやく楽になりました。

年に2〜3回はこんなこと起きてるので、慣れてはいるけど、やっぱり辛いですわ。

疲れたまってる…。

ツイートしたら、何人かのフォロワーさんにお気遣い頂き、ほんわかしたぁ〜有り難やぁ〜(-人-)

それにしても、この寒さ!センター試験の時って、寒いし雪だし。うちの息子は2004年だったけど、あの時も雪だったよねぇ…。

放課後ティータイム+α

3b65de10.jpg
画像、回転させてません。
なんだか、ほんわかする…。
唯、澪、律、紬、梓。



70ccd814.jpg
さわちゃん先生(デスデビル仕様)、和、憂。

見事に生徒達は、漢字一文字なんだな…と、今頃気付きました(^_-)

現実逃避ばかりです。

最近、蕁麻疹がまたひどくなってきてて…。疲れたまってきてます。

お坊っちゃんも、受診続きで…。明日って…日付変わったから今日…病院だったり(;^_^A

結局、毎週どこかに受診している気がしますわ。

明日は、母の通院だし。
聖舞です♪
聖舞が、きまぐれに書き綴ったブログです。
小野不由美さんの作品のファンですが、宝塚歌劇団の観劇も好きです。
星組の男役さんのファンですが、ひっそりと応援中です。身の程をわきまえて
自分が楽しめたらそれでよし!と思っています。








訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
おすすめ★
おすすめ小説
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めCD
Amazonライブリンク
お薦めDVD
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
お薦めDVD
  • ライブドアブログ