ちょ〜気まぐれ日記〜ライトファンのヅカ私的覚書〜

独り言、お茶話、スイーツ話、観劇・鑑賞話、HPの更新情報、私信等々…ちょ〜気まぐれなひじりんが気の向くままに書き綴った駄文

2007年08月

8月はあっという間だった

3e0945e2.jpg暑くて、暑すぎて…ヘロヘロだった8月ですが、なんか早かったと感じてます。
結構地味だけど、こそっり楽しく過ごせた気もしています。後半イライラしてたけど、ようやく収まりそうだし…^^;

今月、観劇は1回のみでしたが、映画は私的には観てた方で、7作品でした☆

読みおわった本が、小説ばかり5冊でした。私にしては、めずらしく多い読書の夏でした(*^_^*)

画像は、姪ッコの飼ってるハムスターのまろんデス☆*゜゜*☆*゜゜*☆

今日のランチ

db9b5b0e.jpgコレ食べる前に、お茶しながらシナモンロール食べたので、あまり食欲なくて無理矢理食べたぁ〜^^;

もっとアッサリしたのにすればよかったな☆ ザーサイは、私いつもお腹壊す…。小さいの一切れだけでもダメ。

こわっ

あぁ…しょこたん出演の「本恐」…。恐すぎるぅ(;_;) 苦手なくせに、つい観てしまうんだよね^^;

『雲南の少女 ルオマの初恋』を観てきました☆

a6a77815.jpg今日を見逃したら、あとは予定が入っていていけないので…頑張ってナビを頼りに行ってきました。

レトロな映画館でしたよ〜!驚いたことに結構観客がいました。私くらいの主婦層からおじいちゃん、おばあちゃんまで。

うわさ通り、棚田の風景が美しく、何故かエンヤに合う…神々の住まう楽園のごとく感じました☆*゜゜*☆*゜゜*☆

ハニ族のルオマ、美少女で純粋だぁ〜!棚田に落ちて声をあげて泣くシーン…。こんないいコを泣かせたアミン〜!あんたの苦しみもわかるけど、罪作りだよ。

ラストのルオマの笑顔☆印象的。

ハニ族の民族衣裳、なかなかよろしいですよ。
稲作のほか、茶の栽培も盛んに行われていて、世界で一番最初に茶を栽培して飲んだのは、ハニ族だともいわれているそうです。

沖縄土産

f5064639.jpg沖縄土産は…あれ?ちんすこう…じゃないよ^^;

紅いもクッキー、しもん芋クッキー、紅いもタルト、紅いもチップス。

甘さ控えめ。しもん芋クッキーが美味しかったです☆


f5c335fe.jpg



これは、海ぶどう。ぷちぷちとした食感の海藻。山葵醤油や、ドレッシングを少々つけて食べるとか。


743f4e0b.jpg

もうっ!(愚痴)

今日は、確かに暑かったよ。私も、きつかった。

けど、家族は昨日何度も頼んだこと、やってくれてなくて、結局私の用事が増える羽目になるし…他所(子供の関係筋)では、意味不明なこといわれるしで(結局あちらのミスだった) もうイライラするったらっ!

暑いのはわかるけど、しっかりしてよぉ!

こっちは、失敗のないように気をつけているのに…人の話を聞き流すからこんなことになるんだよ。

明日から、すっきりしないお天気らしいけど…イライラだけは、したくない。


はぁ〜愚痴らずには、いられないわ。

やっと…『キサラギ』観ることができた☆

7d02cabf.jpgやっとやっと!今日観てきました。

6月末に、劇団四季の『アイーダ』観に、伏見へいった時、『キサラギ』上映中のミリオン座の前を三回通ったのですが…あの時、どれだけ観たかったことかぁ〜!ぐっと我慢したのを覚えています。

観客、日曜ということもあってかなり来てました。老若男女問わず。

登場人物は、家元、安夫、スネーク、オダユージ、いちご娘。(本名の人も、約一名いるけど、他はHNです)

舞台みてる感覚で楽しめました。D級アイドル如月ミキの一周忌に集まった彼女のファン5人が、家元(小栗旬)の呼びかけで集まって…ミキの死の真相に迫っていくのですが…。笑えるんですよねぇ。オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出恵介)、安男(塚地武雄)、いちご娘(香川照之)。

クスリと笑えるシーンが次々に…。エンドロールでの5人のダンスシーンは力入ってました。これ、舞台でやってもいいのでは?

もう一回観てこようと思っています。

キサラギ オリジナル・サウンド・トラック
日本映画navi 2007夏―TVnaviプラス (2007)

『面影小町伝』読み終えて

f5a8bebd.jpg日付が今日になって、気付いたら読み終わっていました。

 『風流冷飯伝』→『退屈姫君伝』→『面影小町伝』と読みすすめるのが出版順。

私は、『風流冷飯伝』→『退屈姫君伝』→『退屈姫君 海を渡る』→『退屈姫君 恋に燃える』→『おんみつ蜜姫』→『面影小町伝』の順に読んでしまいましたが、まったく支障はなかったデス。

今回は、序盤から重い感じでした。だいたいの展開は読みすすめていると、みえてくるように書かれているのですが…。

お仙ちゃんがあんなことになってしまって…。驚きました。祖父の代からの因果をお仙ちゃんで終わらせたんでしょうか。お藤ちゃん(銀杏娘お藤)が幸せなら☆ っていうお仙ちゃんの気持ちが辛いです。

一八は、お仙ちゃんの〇じゃなかったんですね。

めだか姫も後半に少し登場しました。旦那の直重くんと義弟直光くん、そしてようやく生まれた日向丸を抱いて…。でも、めだか姫は、すごい人です。見抜いてしまうというか感じてしまうみたいです。お仙ちゃんの気持ちをなんとなく察してしまうところがすごい。

 「笠森鍵屋お仙」は、倉地の旦那と結婚しました。ということにしておきましょう。

ネタバレになりそうなので、このあたりで。

そうそう…今回はね、田沼意次よりも息子の意知の方が悪い意味での活躍をしていました。なにげにBL系かもね。

ロールケーキ

d231ac51.jpg今日夕方、義姉が突然我が家に来ると主人からきかされて…びっくり!

ちょ…何もお土産に持って帰ってもらうモノ準備してない!もう少し早くおしえてよっ!とかなり焦りました。

よく考えたら…こんなこともあろうかと余分に買い置きしてある菓子折りがあった☆と思いだしました。
よかった…(´д`)=3

画像は、義姉がもってきてくれたもの。

あ〜コレ美味しい☆納得でした。

そうだ…あの山のようなワカメ類も持っていってもらえばよかったんじゃ…。今頃気付いた、遅いけどね。

かけ込みで観た『ボルベール<帰郷>』

観客、私を入れて6人だったかな…。

スペイン映画。

女性達に、とんでもない出来事が起るにも関わらず、実に生活を一生懸命生きているって感じで、目が離せなかったです。

確かに、結果的には決してしてはいけないことを彼女達はやってしまったけれど…それを引き起こしたのは…ふがいない男性達。

死んだと思っていた母の胸に顔をうずめる主人公…これが彼女の帰郷だったのかな。

彼女が歌った「ボルベール」いい歌でした。

ひじりんです♪
ひじりんが、きまぐれに書き綴ったブログです。
小野不由美さんの作品のファンですが、宝塚歌劇団の観劇も好きです。
身の程をわきまえて自分が楽しめたらそれでよし!と思っています。周りからは、末期ファンと呼ばれています。
朝ドラも大好きです!









訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード